文学極道 blog

文学極道の発起人・スタッフによるブログ

●文学極道公式ツイキャス第109回放送予告について。

2019-08-06 (火) 00:55 by 文学極道スタッフ

●文学極道公式ツイキャス第109回放送予告について。
(20時開始。エントリーは22時締切です。
 0時までに読み切れなかった方は次々回へと回す方向になります。)

 「文学極道公式ツイキャス」第108回、自作詩朗読枠、大盛況の内に終わりました。書き始めたばかりの方の参加やベテランの書き手の方、リーディング界を牽引している皆さまの朗読参加など多くの方の御参加、本当にありがとうございました。非常に勉強になりました。本配信が、きっかけとなり詩を書き始めた方が何人もいらっしゃいます。閲覧できなかった方、録画が残っておりますので是非ご覧ください。次回、第109回は即興詩枠になります。お題出題者も募集しております。様々な宣伝を行うことも出来ます。web上のオープンマイク「文学極道公式ツイキャス」は音声方面からの詩、発話から始まる詩の探求を実験的に行っていきます。次回もワンドリンク用意しながら御参加いただければと思います。閲覧者も是非ワンドリンク用意しながら御参加ください。コメントでの評も可能です。司会進行は、詩人の瀧村鴉樹さんが務めます。楽しく真剣に詩を探求していきましょう。「文学極道公式ツイキャス」は、音声方面と発話による詩への新たな提言です。

※第109回 8/6(火)20:00〜 即興詩枠開催。
(20時開始。エントリーは22時締切です。
 0時までに読み切れなかった方は次々回へと回す方向になります。)
twitcasting.tv/bungakugokudo
webのポエトリー・オープンマイク「文学極道公式ツイキャス」

(放送に上がり詩朗読をしたい方はPCの場合コラボ参加ボタンをクリックです。
 スマホやタブレットの場合は、ツイキャスビュアーとツイキャスLIVEの2つのアプリをDLして受話器の画像をタップしてください。
 いずれの場合も必ずイヤホンマイクを接続して御参加お願い致します。
 皆さま是非よろしく、お願い致します。)
  
              文学極道公式ツイキャス運営スタッフ一同

Posted in ツイキャス | Print | No Comments » | URL

●文学極道公式ツイキャス第108回放送予告について。

2019-07-30 (火) 20:00 by 文学極道スタッフ

●文学極道公式ツイキャス第108回放送予告について。
(20時開始。エントリーは22時締切です。
 0時までに読み切れなかった方は次々回へと回す方向になります。)

 「文学極道公式ツイキャス」第107回、即興詩枠、大盛況の内に終わりました。書き始めたばかりの方の参加やベテランの書き手の方、リーディング界を牽引している皆さまの朗読参加など多くの方の御参加、本当にありがとうございました。非常に勉強になりました。本配信が、きっかけとなり詩を書き始めた方が何人もいらっしゃいます。閲覧できなかった方、録画が残っておりますので是非ご覧ください。次回、第108回は自作詩朗読枠になります。様々な宣伝を行うことも出来ます。web上のポエトリー・オープンマイク「文学極道公式ツイキャス」は音声方面からの詩、発話から始まる詩の探求を実験的に行っていきます。次回もワンドリンク用意しながら御参加いただければと思います。閲覧者も是非ワンドリンク用意しながら御参加ください。コメントでの評も可能です。司会進行は、詩人の瀧村鴉樹さんが務めます。楽しく真剣に詩を探求していきましょう。「文学極道公式ツイキャス」は、音声方面と発話による詩への新たな提言です。今回は、お題『生首』で詩を書いてくるという企画枠です。皆さん是非よろしく、お願い致します!

※第108回 7/30(火)20:00〜 自作詩朗読枠開催。
 今回は企画枠『生首』祭りです。『生首』を、お題に詩を書いて来てください。代読も、ありです。
(20時開始。エントリーは22時締切です。
 0時までに読み切れなかった方は次々回へと回す方向になります。)
twitcasting.tv/bungakugokudo
webのポエトリー・オープンマイク「文学極道公式ツイキャス」

(放送に上がり詩朗読をしたい方はPCの場合コラボ参加ボタンをクリックです。
 スマホやタブレットの場合は、ツイキャスビュアーとツイキャスLIVEの2つのアプリをDLして受話器の画像をタップしてください。
 いずれの場合も必ずイヤホンマイクを接続して御参加お願い致します。
 皆さま是非よろしく、お願い致します。)
  
              文学極道公式ツイキャス運営スタッフ一同

Posted in 未分類 | Print | No Comments » | URL

●2019年6月分月間優良作品・次点佳作発表

2019年6月分月間優良作品・次点佳作発表になりました。

Posted in ツイキャス | Print | No Comments » | URL

●文学極道公式ツイキャス第107回放送予告について。

2019-07-23 (火) 00:57 by 文学極道スタッフ

●文学極道公式ツイキャス第107回放送予告について。
(20時開始。エントリーは22時締切です。
 0時までに読み切れなかった方は次々回へと回す方向になります。)

 「文学極道公式ツイキャス」第106回、自作詩朗読枠、大盛況の内に終わりました。書き始めたばかりの方の参加やベテランの書き手の方、リーディング界を牽引している皆さまの朗読参加など多くの方の御参加、本当にありがとうございました。非常に勉強になりました。本配信が、きっかけとなり詩を書き始めた方が何人もいらっしゃいます。閲覧できなかった方、録画が残っておりますので是非ご覧ください。次回、第107回は即興詩枠になります。お題出題者も募集しております。様々な宣伝を行うことも出来ます。web上のオープンマイク「文学極道公式ツイキャス」は音声方面からの詩、発話から始まる詩の探求を実験的に行っていきます。次回もワンドリンク用意しながら御参加いただければと思います。閲覧者も是非ワンドリンク用意しながら御参加ください。コメントでの評も可能です。司会進行は、詩人の瀧村鴉樹さんが務めます。楽しく真剣に詩を探求していきましょう。「文学極道公式ツイキャス」は、音声方面と発話による詩への新たな提言です。

※第107回 7/23(火)20:00〜 即興詩枠開催。
(20時開始。エントリーは22時締切です。
 0時までに読み切れなかった方は次々回へと回す方向になります。)
twitcasting.tv/bungakugokudo
webのポエトリー・オープンマイク「文学極道公式ツイキャス」

(放送に上がり詩朗読をしたい方はPCの場合コラボ参加ボタンをクリックです。
 スマホやタブレットの場合は、ツイキャスビュアーとツイキャスLIVEの2つのアプリをDLして受話器の画像をタップしてください。
 いずれの場合も必ずイヤホンマイクを接続して御参加お願い致します。
 皆さま是非よろしく、お願い致します。)
  
              文学極道公式ツイキャス運営スタッフ一同

Posted in ツイキャス | Print | No Comments » | URL

●「文学極道運営に関するTwitter上の発言について」

2019-07-22 (月) 22:05 by 文学極道スタッフ

●「文学極道運営に関するTwitter上の発言について」

いつも文学極道を御利用いただき、まことにありがとうございます。

最近、文学極道の投稿者である或る人物が、Twitter上で「平川綾真智氏のSNSは警察から監視されている」「瀧村鴉樹氏にしか教えていない番号に嫌がらせの電話がかかってきた」等の発言をしておりますが、この発言は事実無根であることをご報告致します。

まず瀧村が同氏に対して嫌がらせの電話をかけたという事実は一切なく、電話番号を第三者に漏らした可能性を示唆されていることに関しても、そういった事実はございません。

また代表の平川についても犯罪行為は一切しておらず、警察に確認を取りましたところ、「インターネットで警察が個人の監視をするのは到底無理です。個人の監視をすることはない。犯罪性が高いと判断された場合のみ、監視では無く直接捜査します」「捜査の内容が個人に開示されることはない」とのことでした。つまり同氏が発言している「平川綾真智氏のSNSは警察から監視されている」という事実は全く無く、捜査の対象にもなっておりません。また、これに関連付けて、文学極道に参加、投稿されていらっしゃる皆様が警察に監視されることもございません。

同氏に関しては、平川に対して訴訟を仄めかした段階で、文学極道という一サイトの問題というよりは、個人間の問題と認識しています。また、訴訟に関することを含め同氏の発言内容はたびたび変わり一貫性に欠けるため、平川はその対応に苦慮し、いつ訴訟を受ける事態になったとしても対応できるよう用意を強いられている状況です。
そのような事情のため基本的には平川だけでなくその他のスタッフも、同氏およびその賛同者には反応しないことにしていますが、今回は名指しで事実無根の発言があったため、ここにはっきりと否定させていただき、更にスタッフに関する事実無根の発言がインターネット上で為される場合には専門家への相談を余儀無くされることをここにご報告させていただきます。

詩の合評サイト・文学極道としては、関係する誰かを傷つけ攻撃するような意図は毛頭ありません。この度は皆様に安心してご利用いただける場を維持していくため、やむを得ずこのような発言に至りましたことをご理解頂けましたら幸いです。
このようなことに関心のない方々には、無用のご心配をお掛けすることとなり、申し訳ございません。
今後も皆様と共に詩を模索、研究し、提言する場であるよう、一同尽力して参りますので、よろしくお願いいたします。

文学極道代表 平川綾真智
選考・ツイキャススタッフ 瀧村鴉樹

スタッフ一同

Posted in お知らせ | Print | No Comments » | URL

« 前のページ  最初  次のページ »

Amazon トラベルストア