文学極道 blog

文学極道の発起人・スタッフによるブログ

●文学極道公式ツイキャス第80回放送予告について。

2019-01-15 (火) 01:36 by 文学極道スタッフ

●文学極道公式ツイキャス第80回放送予告について。
祝! 80回

 「文学極道公式ツイキャス」第79回放送、即興詩朗読枠、大盛況の内に終わりました。即興詩のスペシャリストや書き始めたばかりの方、ベテランの書き手/読み手、他領域からの朗読参加など多くの方の御参加、本当にありがとうございました。非常に勉強になりました。本配信が、きっかけとなり詩を書き始めた方が何人もいらっしゃいます。閲覧できなかった方、録画が残っておりますので是非ご覧ください。第80回は自作詩朗読枠になります。webのオープンマイク「文学極道公式ツイキャス」は音声方面からの詩、発話から始まる詩の探求を行っていきます。次回もワンドリンク用意しながら御参加いただければと思います。閲覧者も是非ワンドリンク用意しながら御参加ください。コメントでの評も可能です。司会進行は詩人の瀧村鴉樹さんが務めます。なんと第80回です。楽しく真剣に詩を探求していきましょう。「文学極道公式ツイキャス」は、音声方面と発話による詩への新たな提言です。

※第80回 1/15(火)20:00〜 自作詩朗読枠開催。
(20時開始の最長4時間です。) 祝! 80回
twitcasting.tv/bungakugokudo
webのオープンマイク「文学極道公式ツイキャス」

(放送に上がり詩朗読をしたい方は枠内でスタッフにエントリーのリプライを送ってください。
 その後、順番が来たらPCの場合コラボ参加ボタンをクリックです。
 スマホやタブレットの場合は、ツイキャスビュアーとツイキャスLIVEの2つのアプリをDLして受話器の画像をタップしてください。
 いずれの場合も必ずイヤホンマイクを接続して御参加お願い致します。
 皆さま是非よろしく、お願い致します。)

   
               文学極道公式ツイキャス運営スタッフ一同

Posted in ツイキャス | Print | No Comments » | URL

●文学極道公式ツイキャス第79回放送予告について。

2019-01-07 (月) 23:56 by 文学極道スタッフ

●文学極道公式ツイキャス第79回放送予告について。
(配信が20時開始となりました。)

 「文学極道公式ツイキャス」特別枠「年越しカウントダウンオープンマイクツイキャス」大盛況の内に終わりました。書き始めたばかりの方の参加やベテランの書き手の方、リーディング界を牽引している皆さまの朗読参加や音楽演奏など多くの方の御参加、本当にありがとうございました。非常に勉強になりました。本配信が、きっかけとなり詩を書き始めた方が何人もいらっしゃいます。閲覧できなかった方、録画が残っておりますので是非ご覧ください。次回、第79回は即興詩枠になります。お題出題者も募集しております。様々な宣伝を行うことも出来ます。web上のオープンマイク「文学極道公式ツイキャス」は音声方面からの詩、発話から始まる詩の探求を実験的に行っていきます。次回もワンドリンク用意しながら御参加いただければと思います。閲覧者も是非ワンドリンク用意しながら御参加ください。コメントでの評も可能です。司会進行は、詩人の瀧村鴉樹さんが務めます。楽しく真剣に詩を探求していきましょう。「文学極道公式ツイキャス」は、音声方面と発話による詩への新たな提言です。

※第79回 1/8(火)20:00〜 即興詩枠開催。あけましておめでとうございます!
(20時開始の最長4時間です。)
twitcasting.tv/bungakugokudo
webのオープンマイク「文学極道公式ツイキャス」

(放送に上がり詩朗読をしたい方はPCの場合コラボ参加ボタンをクリックです。
 スマホやタブレットの場合は、ツイキャスビュアーとツイキャスLIVEの2つのアプリをDLして受話器の画像をタップしてください。
 いずれの場合も必ずイヤホンマイクを接続して御参加お願い致します。
 皆さま是非よろしく、お願い致します。)
  
              文学極道公式ツイキャス運営スタッフ一同

Posted in ツイキャス | Print | No Comments » | URL

2019年あけましておめでとうございます。

2019-01-02 (水) 18:25 by 文学極道スタッフ

あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
本年も、よろしくお願い申し上げます。
皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

                文学極道スタッフ一同

Posted in お知らせ | Print | No Comments » | URL