文学極道 blog

文学極道の発起人・スタッフによるブログ

●「2019年9月分選考雑感」(Staff)

2019-11-16 (土) 01:58 by 文学極道スタッフ

11478 : 公園  イロキセイゴ ('19/09/30 23:15:43)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190930_279_11478p
(一)跳躍が面白くある。イマージュの連想が一つの芯を持つと、詩的幅を持つと思う。
(一)出だしからしばらくとても良いと思うのですが、途中から文章になりすぎている部分がパンチを弱めてしまったのか。完全に意味不明にするというのではなく、含蓄があって尚且つ筆者の使う独特な言葉の選び方とバランスが取れていると良いと思います。

11471 : 清水のあるところ  山人 ('19/09/28 05:55:49)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190928_226_11471p
(一)フキの葉を器に清水を飲むシーンなど、描写が実に巧みで温度や匂いや味がそのまま伝わってくる。優れた散文詩だが、最後に物足りなさを感じた。
(一)重厚感があり、生活の泥くさい部分を美しさへ焦点化していく。最後の収まりを意識し過ぎた部分が、急に思える。
(一)描写が泥臭さがあり、とても上手い。初連と最終連の差は、作者も気付いていると思うが再考が必要だと思う。

11474 : 期待  右左 ('19/09/30 08:18:34)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190930_252_11474p
(一)二行詩の部位は、非常に面白い。タイトルが凡庸になっている。
(一)これが同じテーマもしくは世界観の連作の一部などであればまた意味合いが異なって来るとおもいますが、この作品だけの場合は断片的であるため、物足りなさがあります。

11477 : フレア  まひる ('19/09/30 21:09:46)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190930_270_11477p
(一)言葉選びが、まだまだ甘く感じる。研ぎ澄まされた感性はあるので勿体ない。
(一)瑞々しさがある。ここから、どのように作品が展開していくか気になる。
(一)感情的になった部分が先に来て、ここが目立つ部分でもありますが、詩を稚拙な印象にしてしまっている箇所でもあります。正直な心情の吐露は胸を打つところもありますので、導入や感情の言葉がどうにかできないかと悩みます。

11476 : 最後の最期  曇天十也 ('19/09/30 21:05:34)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190930_268_11476p
(一)最終連など良いところが多いのだが、「ナイフ」や「呪い」といった言葉選びの平凡さが惜しい。
(一)説明的な部位が続くことが残念に思えた。ただし最後の連が惹きつけられる。
(一)良いフレーズもあり、もっと良くできそうなフレーズもあります。無意識か、意識的にか、文章を整えようとした箇所があり、ここのところで情感が損なわれてしまっている可能性があります。

11470 : 私たちの小さな戦争  左部右人 ('19/09/28 02:48:58)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190928_224_11470p
(一)最初から最後まで一気に読まされた。技巧的にも非の打ち所がない。詩を書くこと、生きるということ、そして両者の関わりなどについて考えさせられた。
(一)隠喩的な作品である。この文章の動きが、もっと躍動的であったり比喩を飛ばしていっても良いと思いました。
(一)工夫が、随所に見られる。読ませる工夫と、そこからの綴りが上手い。連毎、工夫以外の言葉の綴りに意識を集中させていくと面白さは増すと思う。
(一)情熱的であり、人についても語れており、語りたい気持ちが溢れる筆致を評価いたします。

11475 : 白い棟の群れで  鈴木歯車 ('19/09/30 11:00:53)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190930_256_11475p
(一)読んでいると言葉の美しさが心に染みてくるのを感じる。透明感のある視覚的イメージが迫ってくる。詩という物の力と可能性を証明している傑作。
(一)文章の構成に視覚的な美しさもあり、後半へと繋がっていく感覚が圧巻である。第一連を、より強度の高い言葉から始めると傑作になるかもしれない。
(一)言語の揺蕩う結晶化が美として作用している。改行や空白の部位にセンスが光る。

11453 : 終活  ネン ('19/09/14 20:17:19)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190914_080_11453p
(一)タイトルと内容がマッチしており色々と考えさせられる作品。ただ最終連が弱い。
(一)言葉の平易さが、音を整えていくが詩的抒情を少なくしている。一語で良いので硬質な言葉があるとアクセントが付くのではないか。「終活」という言葉は面白いと思う。

11468 : mother of all scale  アンダンテ ('19/09/27 15:29:24)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190927_191_11468p
(一)短詩の中では一際、目を引く作品である。小さな裏切りが、たくさんある。

11463 : 列車  たこ吉(たこ) ('19/09/20 01:30:50 *7)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190920_134_11463p
(一)語彙の少なさと平易さが、そのまま詩の少なさに繋がっているため注意する必要がある。
(一)時刻表のような書き方をしている部分がとても印象的でイマジネーションに火をつけます。ここをもっと活用すると他の部分の詩として書かれた言葉よりも人を刺激する存在感が出るのではないかと感じる着想でした。

11473 : うそ  よんじゅう ('19/09/28 22:43:38)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190928_242_11473p
(一)詩作品そして一定のレベルはクリアしていると感じる。ただ最終連の繰り返しなど技巧的な部分をもう少し工夫してほしい。
(一)初連が一番、良いと思う。そのため全体を押し上げている。タイトルは、このままで良いのだろうか。
(一)上手さを感じる。センスもある。タイトルや最終行など何故わざとのように、低い場所へと進んでいるのかが謎である。
(一)元来文章を書くことが上手な方であると思います。意味がわからなくても読ませる力があります。内容をもっと濃くして良かったのでは無いかと思います。

11455 : 星と傘  まひる ('19/09/16 04:37:45 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190916_095_11455p
(一)萩尾望都の「フレア・スター・ペティコート」を連想する内容で期待したのだが、彼女の言葉が予想の範囲内だったのが残念。それ以外の詩的イメージは実に良い。
(一)中盤の飛躍の在り方が、面白い。収集がついていない部分が面白いので、これからどうなるのか気になる。
(一)海外の文学を感じるような文体は良いですが、共感を呼び起こすほどかというとそうでもありません。話の場面の設定と、セリフが表していることの調和が取れているともっと引き込めたのでは無いかと思います。

11469 : Fanfare stomps and landslides will occur  アルフ・O ('19/09/27 22:41:39)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190927_203_11469p
(一)英語と日本語の部分が途中から乖離していくのが面白い。ただ詩としては物足りなさを感じる。
(一)多言語で作成していくことによって高め合っているかどうか判断が非常に難しい。日本語部位は、平易で足りないように思えた。
(一)英語の部分が効果的であるかないか判断がつきませんが、味付けとして有用な部分もあるのかな、と選考しながらも迷いがありました。日本語だけであっても海外のロックバンドの歌詞カードを読んだ時のような雰囲気があり、ブラックな雰囲気はもっとウィットの富んだものになるととても良いのでは無いかと思います。

11458 : Blue moment  鴉 ('19/09/17 16:03:02)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190917_105_11458p
(一)イメージの飛躍が豪快で読んでいて楽しくなる。こういう手法はパーツ選びを間違えると悲惨なことになるが、この作品に関してはまったく危なげがなかった。
(一)一連目から抜群に上手い。技巧へと丁寧に乗りながら、自分自身の単語現出を探究していっている。
(一)一連目好きでした。進むにつれて別物なのかと感じるようになってきました。全体的な文字の並びはおしゃれに整っていて、元々の文章の成立させ方も個性的です。

11454 : 目の前に、僕と私  黒羽 黎斗 ('19/09/14 21:47:03)  [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190914_083_11454p
(一)もう少し削れる部分があるのではないだろうか。最終連が良いだけにそこへ至る道筋を整理してほしかった。
(一)初連の熱が、突き放している部分もあり最後まで読み手を引っ張っていく。最後の二行は、もっと質量ともに上へ行けそうである。
(一)言葉の選び方が非常に丁寧で組み合わせももう基本的に通常よりも上手くできる方であると思います。読み手への開示と対峙の方向性を模索して工夫するとまたかなり上達されるのでは無いかという予感がします。

11465 : 観覧車&メリーゴーラウンド  白犬 ('19/09/23 00:43:31)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190923_156_11465p
(一)正直、読む人を選ぶ作品だと思う。犬とか凛として時雨とかが好きな人には、たまらない世界だろう。混沌と猥雑さの中に光る美学を感じる。
(一)インパクトのある綴りが、断絶している分節と結合していこうとする力の中で独自の世界を獲得していく。
(一)最初のインパクトが最後まで意識を続けさせていく。細断された言語の在り方が印象的。その上で、もっと先へと行ける可能性を秘めていると思う。
(一)頑張って残酷にしたところに引っ掛かりがあります。言葉のバランスと響きとリズムが表現をしたいことと合致していて素敵です。何を表しているのかわからずとも味わいの出せる箇所というのが見当たります。ここが行ければ元々印象の強い作品であるため、もっと読みがいのあるものにできると思います。

11464 : ひかりのこ  鈴木歯車 ('19/09/20 10:53:40)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190920_136_11464p
(一)「横断歩道をきちんと渡って 戦争に行ったっきりの」という部分に作者の才能を感じる。ただ最終連が弱い。特に「生まれ変わって」の次に「しらむ空にむかって」という繋ぎ方はリズムを崩してしまっていると思う。
(一)上手く現代性を示唆しながら編まれている。最後の文章、終わりを意識しすぎていて広がりが足りない。
(一)テーマが名もなき人が命を落としたときに名前ではなく数字として計上されてしまうところに世間の冷たさを感じるというものになっています。一連で惹きつける力がもっとあると思います。削いだり入れ替えるところを作って磨くなど、発見の仕方が大変良いと思いますので、磨けると思います。

11457 : 九月三日に  朝顔 ('19/09/16 18:36:37)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190916_098_11457p
(一)凝集されている情報が、作品として形となっている。更なる一歩を踏み出せそう。

11467 : 処女懐胎  鷹枕可 ('19/09/23 03:13:17)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190923_161_11467p
(一)このスタイルで書き続けるだけでかなりの技量を必要とするだろう。作者独自の世界はこの作品でも健在で、重厚かつ美的センス溢れる物語を構築している。
(一)漢字の凝集した作品であり、作者独自の世界観を存分に発揮している。最後まで、集中力を続けさせていく技術が兼ね備えられている。
(一)世界の中にある凝集性を打ち出していく在り方は、情感を沸騰させていく。唯一とも言える独自の在り方と追求に目を奪われる。
(一)社会的メッセージをせずにそれを感じさせるということは適わないものかと考えていました。無理に熟語に置き換えて短くしている大切なイメージなどは無いか、そのあたりを端的に心や感覚で読み解くことが難しい内容です。

11461 : 夏のはらわた  山人 ('19/09/17 23:00:26)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190917_113_11461p
(一)連毎の良さと、一つの作品としての良さが一致していない。
(一)二連目素敵です。全体的には露骨であったり、不自然さを感じる箇所もあります。そういった部分の出て来る箇所が違うと驚きの違いがあったりもするのかもしれません。

11462 : 雲上館 遺された殴り書き  帆場蔵人 ('19/09/18 02:38:07)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190918_118_11462p
(一)クローズド・ミステリーの要素を盛り込んだユニークな作品。連毎の面白みに欠けていることが勿体なく思える。
(一)タイトルが面白いです。内容は閉じこもって閉鎖的になること=外部を締め出してしまうことの恐ろしさが書かれていると思うのですが、ここに記されていることの背後にあるひっそりとした怒りのようなものを、もっと如実に出来ないか、考えさせられます。

11456 : 湖畔にて  いまり ('19/09/16 09:16:33)  [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190916_097_11456p
(一)最後の二連は、必要だったのであろうか。そこが無ければ良質であり、作品として高い位置にあったのではないか。
(一)カラーがはっきりしているため、好みの方もいらっしゃるかもしれません。言葉によるキャラクター設定がはっきりしているためか、生身の部分が感じられにくい言葉の綴りになっていて、自然さの逆を行っています。

11460 : 実況Take5  ゆうみ ('19/09/17 21:30:51)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190917_110_11460p
(一)面白い跳ねていく言葉の中であるが、連の摩擦が起こっていないように思える。
(一)よくある様子を再現してあるかも知れませんが、目の付け所と、言葉に普段するほどでも無いと人が思いがちなところを砕けた表現で伝えてあり、コミカルでもあり、何を言っているかわからないような大切なことを言っているような面白さがあります。

11426 : さびしさに  水漏綾 ('19/09/02 00:54:17)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190902_839_11426p
(一)哀愁が漂っている。詩に関して、甘さが今回は目立った。
(一)出だしの掴み方の部分ですが、受容的よりも自分印象で言葉が始まって良かったかも知れません。全体的に上手で不自然さを感じる箇所もなく、最終は言い得ている感もありますので、もっと凝らして引き寄せられる作品だと思います。

11435 : あなたの水の眼  ゴロキ ('19/09/03 19:42:57)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190903_867_11435p
(一)薄めていった文体の淡さが光っている。適度な濁点が、あった方が映えるのかもしれない。
(一)何故か集中していないか、文章に出てくる単語には統一感があるにもかかわらず、言葉の激しさ程には心臓に食い込んで来るまでには行かない苦しさを感じます。

11445 : 散乱  曇天十也 ('19/09/07 07:31:08)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190907_951_11445p
(一)この作品は、もっと量的な部位を考えていった方が面白みを増したと思う。面白いだけに少なさと詩情の足りなさが直結していることが、やはり勿体ない。
(一)すごく惜しいところで外しているのではないか。真っ直ぐに行ってよかった部分とひねって良かった部分が微妙に食い違っていてもどかしいような気がします。

11446 : 負の光輪。  田中宏輔 ('19/09/09 00:01:55 *4)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190909_971_11446p
(一)この作品は20年以上前にSF小説として発表されたものらしい。従ってこれを詩作品とすべきかどうか個人的には疑問である。ただ文学作品としての完成度が高く、主人公の罪悪感とそこからの解放は「エクソシスト」を読み終えた時の感動を思い出させた。
(一)圧巻である。引用部位も含めて作品の輝きが、これほどまでに放たれる在り方に芸術が持つ未来の光を見た。

11452 : ベール  霜田明 ('19/09/13 21:00:22 *7)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190913_069_11452p
(一)三連目の良質さが、さらなるものを求めてしまう。前2連での重量が、もっと高められそうだ。
(一)「ひとが身体に結び付けられてしまう」様子が言葉になって出てこないかという試みを繰り返し、実践して下さったならば、それは本当に面白くいものになるであろうと期待しています。

11434 : 激しい雨がふる 他二編  田中恭平 ('19/09/03 18:13:34)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190903_865_11434p
(一)終わりにかけて、どんどんと良くなり情感が溢れていく。最初の連から、最初の作品から言葉と人間を打ち出せていたら作中での高まりは違ったものとなっていたのではないか。
(一)言葉は平易で読みやすいのですがインパクトとしては弱くなっているようです。これは意味の広い言葉が多い所為でぼやけた部分があるのではないかと思います。

11449 : (無題)  gokigenhonpo ('19/09/10 02:36:47)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190910_003_11449p
(一)概念が舞っている。
(一)寧ろこの空白よりも、お経のように仕上げてしまった方が、読み物としては面白かったかもしれません。覚悟のようなものを感じられますので、それをエネルギッシュに、エネルギー自体が行から滲み出るようにまだ出来るのでは無いか。

11447 : 過ぎ去りし夏の夜 「琵琶湖疎水趨勢詩會」  北 ('19/09/09 19:46:08 *26)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190909_987_11447p
(一)Wikipediaのハイパーリンクが、作品に馴染んでいるのかどうか判断が難しい。作品の中で、前半の部位が高い位置にあるため、そこを回収していく詩情を後半に綴り上げていくと傑作になるのかもしれない。
(一)難しいものが好きな人は言葉だけでも喜びそうな作品ですが、読み込むことが出来ず、掴み所を逃しました。解説の部分は力の入っていない感じで好ましく読めました。

11451 : バルバラと二つの窓  鷹枕可 ('19/09/10 22:17:18)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190910_018_11451p
(一)二連目に入るまでの流れや、二連目の内実から一気にトーンダウンしてしまったと思う。

11450 : 君と揺れていたい  いまり ('19/09/10 18:52:25)  [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190910_011_11450p
(一)緩やかな言葉で、綴られている恋愛の言葉。集中して掘り下げた部位が、文字だけの中にあるとテキストとして立ってくると思う。
(一)あともう少し、気持ちや描写を掘り下げてみると頷く人も多い作品になると感じます。

11440 : This Is My Truth.zip  アルフ・O ('19/09/04 22:26:38)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190904_902_11440p
(一)怨念に満ちている言葉が強く響いている。タイトルとの相性も良い。
(一)現実に発すると喧嘩になってしまうような台詞ですが、詩として書くことによって誰かに言っているのではなく表現として捉えてもらえるという塩梅を心得た上で書かれているのではないかと感じます。良いところに着目していると思いました。

11448 : シャングリラから出た復活の勅令  海日秋斗 ('19/09/09 20:36:59)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190909_988_11448p
(一)破砕していく断片化された言葉が、不可思議な重力を持つ。
(一)「人は本当にわかってるときしかわかることはできないこともわかる」ということをわかっている人も意外にいることもわかる。と言いたくなるくらいにここのインパクトは強いです。全体がこのくらいに的を得てなおかつややこしければ、人に見せる意義も生まれそうです。

11430 : 僕らはみんな(僕だけ)(誰も)  蒼井椛 ('19/09/02 22:17:32 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190902_846_11430p
(一)続いていく思考と過渡期のものが綴りとして、きちんと現出している。ここからという感覚もある。書き続けて欲しい。
(一)逆説の繰り返しが理論武装と人に攻め入らせない体制を整えようとする熱につながっており、正しいも誤りも好き嫌いも除いて考えれば人の取りがちな一つの姿勢としてよく表れていると思います。

11442 : でたらめ  よんじゅう ('19/09/05 21:00:26)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190905_926_11442p
(一)音が綺麗に流れている。言葉の跳躍が面白いので、タイトルの「でたらめ」が削いでいると思う。
(一)良いフレーズはあるのですが、情感の勢いの良さにつながっているかというとそこまでは繋がっていないため、この作品はもっと勢いあって良かったのでは無いかと感じます。

11443 : あの夜  いけだうし。 ('19/09/05 22:58:04 *2)  [Mail]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190905_930_11443p
(一)言葉への真摯な姿勢が見えている。非常に真っ直ぐである。ここから表現へと、どのように消化していけるか楽しみに思う。
(一)「つまり、なりふりかまったのだ。」という一文が非常に良いため、このくらいの開示的なものが連続すると凄いことになるのでは無いかという予感がします。最後の一文も率直で良いです。

11428 : 不実の詩  霜田明 ('19/09/02 08:39:38 *11)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190902_842_11428p
(一)詩の中で詩を語ることは、本当に難しいことだと改めて思わさせられる作品である。「不実」に込められている情感を、真っ直ぐ出しているために困難な作品となっているのではないか。
(一)理論になってしまってはいますが、非常に人の態度というものを真面目に観察して、鋭い目線を持っていると思います。文章で自身をもっとぶっちゃけてしまうとその鋭さが財産になってくるのでは無いか。

11437 : 夜の夢  atsuchan69 ('19/09/03 22:22:02)  [Mail] [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190903_871_11437p
(一)懐かしい童話を読んでいるような気持ちになる作品。ただ構成からある程度のオチが見えてしまう。読み手の予想を覆す意外性を獲得できていないと感じた。
(一)生死を叩いていく構成が、効きすぎているように感じる。
(一)表現の重複がときに面白いですが、印象があまりに重複して読み手を退屈させる危険も孕んでおり、効果的でない部分もあります。リアリティのある文章がこの中に組み込まれているとぐんと面白いのでは無いでしょうか。

11444 : 背広の男  ネン ('19/09/06 22:21:20)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190906_947_11444p
(一)悲しさや怒りが、きちんと書けているが習作に留まっているように思える。
(一)もっとイメージを強烈に打ち出して行くことで昇華できる言葉がたくさん含まれた文章だと思います。

11441 : スペアタイヤ  南雲 安晴 ('19/09/05 19:47:54 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190905_921_11441p
(一)スペアタイヤがメインからスペアになった経緯を寓話形式で読ませるのが面白い。途中で息切れしそうな部分もあるが、まとめの上手さとアイデアを評価したい。
(一)寓意に富んでいて分かりやすい。もう少し、複雑化していても読者はついて来れると思った。
(一)冗長になっている部分もありはしますが、三連目まで光る描写がきちんと入っていたために、語りの部分に入っても読むことができました。内容も客観的に人を頷かせるものがありました。

11432 : 母参道  北 ('19/09/03 03:55:55)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190903_854_11432p
(一)物心つく前に自分を捨て、今は生きているのかもわからない母親に対する語り手の複雑な思いと、祈りにも似た諦念が心を打つ。おそらくは「参道」と「産道」をかけているのであろうが、生と死の交差する道は人生の道そのものでもあると感じた。
(一)捨てられてしまったことや自身の体にある記憶を、ひとつひとつ単語選びを丁寧に行い情感を昇華させていく作品として作り上げている。感慨を持って差し出された作品の大きさが、広がりを持って羽ばたいていく。非常に心に残った作品。
(一)お母さんは産んでも産まなくてもお母さんという感じがすればそれはお母さんなのだというような、母性そのものをお母さんと呼ぶために、言葉を尽くされているような捉え方をすると非常に面白い作品であると思います。

11424 : 2019年8月6日、朝。  田中宏輔 ('19/09/02 00:01:46)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190902_836_11424p
(一)「小鳥たち」という単語だけでも何気なく空気感があり、これだけでも力があることは判りますが、足りているかといえば足りない気持ちがあります。

11439 : 立秋  朝顔 ('19/09/04 08:05:27)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190904_883_11439p
(一)秋の日常をシンプルな言葉で描いた佳作。洗濯物を畳むように心の中へしまい込まれていく想い出たち。ベテランの力量を感じるが、タイトルと「鱗雲」はどちらかを違う表現にしてほしかった。
(一)写生が為されており、心情の挟み込みと余韻が風雅である。
(一)動作の説明部分から情感をなくし、洋服などではなくて「想い出」という単語を急に出すことで非常に人の心を動かす効果がある書き方をされていると思います。初めからの描写の部分でこの急な言葉の変化の部分まで付き合ってくれる方がいるかというところで、描写を現時点より魅力的にすることは可能であると思います。

11433 : 悲しみの花  コテ ('19/09/03 11:45:05)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190903_861_11433p
(一)最後が、上手い。初連が読みにくさがあるため再考が必要に思える。作者の成長速度が速いということを感じる作品であった。
(一)もう一つ深く踏み込んだところでこの熱がもっと届きやすくなると思います。難しく語ることで熱だけが残ってしまっている印象です。

11429 : 夏の角  帆場蔵人 ('19/09/02 22:08:45)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190902_845_11429p
(一)比喩と単語選びが、もう一歩のところがあると思う。描きたいことは、きっちりと描けている。

11438 : ピノキオ  gokigenhonpo ('19/09/04 04:43:55)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190904_875_11438p
(一)一行空けが、果たして効果的であるのかどうかを見極めていく必要があると思う。
(一)結論に深みもあってとても良いところに向かっていると思います。三連目からの勢いが良いですが出だしが弱めなのでこのあたりのアプローチについて考えてみるとより伝わってくるものがあるのかなと思います。

11436 : I love you  鴉 ('19/09/03 19:55:03)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190903_868_11436p
(一)シュールな絵画を見るような不思議さの中に引き込まれる。短いながら良くまとまっており、最終連の終わり方も見事。
(一)技法に忠実であった在り方から、情感を放出させる在り方へと膨らませていっている。作者の突き放しながら芸術を探究していく信念に惹きつけられる。だからこそ作品も輝いている。
(一)ダリの絵のような空間が言葉によって演出できており、フォルムも素敵です。

11425 : 安らぎの十字架  海日秋斗 ('19/09/02 00:25:34)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190902_837_11425p
(一)導入の分かりやすさから、細切れな思考の断片へと繋がっていく不可思議な作品である。
長さなどは適切であるか考えても良いかもしれない。

11431 : mother of all scale  アンダンテ ('19/09/03 03:25:41)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190903_853_11431p
(一)短詩の中でも異彩な魅力がある。無駄が一切ない。
(一)フォルムが美しく、分かりやすい導入から新しい構築世界へと連れて行くことに成功している。何篇か書いていく中で、形態を極めそうな予感に満ちている。
(一)こうすると、どうしても音楽のことが頭に浮かんでしまい、越えられない何かがそこにあるような気持ちがしてきますが、越えられないことはない、まずそのアイデアを試そうとする姿勢が大切なのだとも感じました。

Posted in お知らせ, 雑記 | Print | No Comments » | URL

●「2019年8月分月間選考雑感(Staff)」

2019-10-24 (木) 23:56 by 文学極道スタッフ

11419 : a boy  白犬 ('19/08/30 00:24:41)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190830_795_11419p
(一)空白が、もっと効果を考えながら構成することも出来たと思う。先月は、空白との構成で高め合っている作品となっていた。そこにヒントがあるような気がする。
(一)少年の描写から宇宙的なイメージの広がりを見せる展開はスピード感に溢れ、最後まで一気に読まされる。表現方法に豊かさがあり作者の成長を感じる。

11422 : 赤い口紅  コテ ('19/08/31 09:01:01)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190831_818_11422p
(一)音が、とても良い作品である。視覚的にも整っており作者の作品としては、今までで一番よいと思った。

11414 : 沈黙  曇天十也 ('19/08/26 06:45:15 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190826_742_11414p
(一)言語の選択が、あと一歩だと思う。オノマトペは面白い。

11377 : メドの赤い屋根の家  atsuchan69 ('19/08/07 06:52:59)  [Mail] [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190807_496_11377p
(一)よく出来ている作品だと思う。作風が表層的にも見える。

11398 : Tag, You're It  アルフ・O ('19/08/17 00:12:23)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190817_615_11398p
(一)粘着質に捕らわれていく悪意の充満を、作品の中で発信していく。詩情を得ていく屈折が美しく苦しい。
(一)相変わらず挑戦的かつ挑発的な作風。ネット時代の代表的な詩風であり、そのまま紙媒体でも通用する技量を感じる。ラストは肉体へ作用してくるような錯覚に陥る。

11403 : 目さえない青  いけだうし。 ('19/08/20 23:19:45 *18)  [Mail]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190820_665_11403p
(一)思春期からの性到達の混濁が上手く描かれてはいる。けれども粗いままであり、その先の感覚を詩として掴む種のままであるように思えた。
(一)作者が述べているように歌詞としての構造を持った詩。「文学擬人化シリーズ」のひとつだが、これまでの作品と比べるとインパクトに欠ける気がする。歌詞としてなら文句ないのだが。

11418 : 分断  霜田明 ('19/08/29 18:30:54)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190829_786_11418p
(一)後半にかけて、どんどんと良質な作品になっていく。前半が説明的であることが気にかかる。

11421 : 編み物  鈴木歯車 ('19/08/30 02:12:57)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190830_802_11421p
(一)軽さもあるけれども読みごたえがある。散文とは違う詩文の良さを、いかんなく発揮している作品である。
(一)読み進めるほどに狂気が深まっていくのを感じるのだが、狂っているのは編み物の人なのか語り手なのか。単純明快なようでいて、読み終えるとその判断がつきにくいことに気付く。読むものを不安にさせる点で優れていると感じた。

11420 : 兄さん兄さん  イロキセイゴ ('19/08/30 00:55:27)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190830_796_11420p
(一)言葉の流れが跳躍を持ってはいるけれども、不鮮明さが前に立っている。

11370 : サンダーソニア  ネン ('19/08/05 21:55:17)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190805_473_11370p
(一)死と救済、深めていく言語選択が更に可能だったように思える。

11411 : 綺麗な花  蒼井椛 ('19/08/26 00:42:27)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190826_737_11411p
(一)余白があることは、分かる。自由律俳句などの一行の詩情を更に読んだりすると、一行への感覚が捉え直されていくかもしれない。

11415 : 褐色のおんなのこ  田中恭平 ('19/08/26 11:44:23)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190826_745_11415p
(一)圧が強い作品である。その上で編み込んでいく丁寧さを持ったら、更に上質さを増すと思う。素材と組み立て方は上手い。

11412 : 野紺菊  山人 ('19/08/26 06:26:11 *2)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190826_740_11412p
(一)優良か次点かに迷った。優れている描写と内面との紡ぎ上げで成立させている作品。最後の言葉が残る。書き込まれた作品よりも、改行が作者には活きるのかもしれないと思わさせられレた。しかし三連目が、もっと充実していたら、ということも感じた。

11409 : てんごく  水漏綾 ('19/08/24 19:27:56)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190824_717_11409p
(一)上質な綴りではあるが、展開が単調に思える。「てんごく」という平仮名が、もっと効果的に作用できる詩に思える。
(一)全体的には安定感があり作者の技量の高さが伺えるのだが、ホームレスの連だけが少し安易だと感じた。

11413 : 死と乙女  st ('19/08/26 06:39:12)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190826_741_11413p
(一)言葉と空白が上手く作用していくために、もう一歩の更なる客観視が必要なのではないだろうか。

11408 : 日記の詩  霜田明 ('19/08/24 17:03:27 *7)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190824_715_11408p
(一)日記と詩との対象化をしていくことで、客観的に心を見つめ直している。作品が更に後半で立方させることが出来そう。

11407 : 時をあやつる女神  st ('19/08/23 03:49:40)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190823_697_11407p
(一)空白が、ひょっとすると詩情を削いでいるかもしれない。再考の余地があると思う。

11400 : 雨  水漏綾 ('19/08/17 19:30:20)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190817_623_11400p
(一)美術室という舞台設定、石鹸のにおい、降り続ける雨といった設定は良いのだが、描写のもたつきが見受けられる。後半が顕著だが、基本的な筆力があるのに一部の表現が物足りない。

11388 : 雨降り  宮永 ('19/08/10 20:36:06)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190810_541_11388p
(一)平凡な文章に擬態している不思議な効果を、持った作品。最後の連で技巧に気付かさせられて驚く。
(一)作者は創作時に観ていないと言っていたが、「天気の子」を連想させる内容。これからもずっと雨が降り続けるような、今の時代を象徴しているかのように感じられる作品。一種のSFのように、この詩の世界でも雨は降り続けて新しい姿へ変化していくのだろうか。最終連におけるおばあちゃんの言葉はユーモラスであるが、どこか啓示的でもある。

11405 : absolute darkness  海日秋斗 ('19/08/21 20:41:23)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190821_678_11405p
(一)「ごめんけど」で始まる詩作品というのは新しく面白い。行替えの位置や空白を丹念に意識すると、もっと上質さが湧いたと思う。

11392 : 草原で  右左 ('19/08/13 18:25:51)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190813_575_11392p
(一)希死念慮と対応させていく描写が、艶めかしく神秘的である。希死念慮を言葉として出さなくても良かったのかもしれない。
(一)子ども時代に昼寝から目覚めて、いきなり自分と世界を再認識するということがあります。この詩もそんな体験を描いたものだと思います。内容的に共感できますが、「突然!」がちょっと唐突に感じました。

11374 : ひまわり  たこ吉(たこ) ('19/08/06 21:27:55)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190806_490_11374p
(一)一行ということの意味を考えた。鮮烈な詩行を改行で描くことと、一行で描くことでは明らかに一行で成すことの方が難しい。敢えて一行を選んだことから、効果が生まれるはずである。言葉の選択を、もう少し前へと進ませられたのではないかと感じる。

11401 : 貝殻の秘愛  ゴロキ ('19/08/19 01:08:23)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190819_647_11401p
(一)文章は非常に上手い。純愛と貝殻のイメージが、過去の詩芸術を乗り越えて行けるかどうか、どの方向で成し遂げられるか再考と推敲をしてみても良いのかもしれない。
(一)男女の愛を下品になることなく描いている。表現方法自体は巧みだが単語レベルでやや新鮮みに欠ける。

11399 : 夏の記し(三編)  帆場蔵人 ('19/08/17 03:51:03)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190817_617_11399p
(一)音が非常に高い位置で進み、視覚的な展開と観念とが交差していく。最後の一文まで楽しめる切なさを孕んだ作品でもある。
(一)夏を描いた詩としては非常に完成度が高い。的確に選ばれた言葉によって構成されたイメージは実に豊かで、鮮やかな情景だけでなく空気まで伝わってくる気がする。最後のパートによるまとめ方も上手い。

11396 : 魚  山人 ('19/08/16 06:47:22)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190816_605_11396p
(一)最終行が、もう少し上に行けると思いました。
(一)語り手の閉塞感や無力感を魚という存在に託した詩。その内容には共感を覚えるが、目を開けたままの魚の描写が前半と後半に2回出てきているのが少しくどく感じた。

11393 : 拝啓砂澤ビッキ様  まひる ('19/08/13 22:00:43 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190813_579_11393p
(一)分かりやすい比喩で構成されている。次作も読みたいと思った。
(一)砂澤ビッキの名前を出したことで、どうしても彼の作品に対して詩の内容が弱く感じてしまう。テーマそのものは魅力的なので、もっと表現を工夫してほしい。

11395 : 耳をピンと立てた君は大きくなった  空丸 ('19/08/14 22:58:05)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190814_597_11395p
(一)構成は良い。文章の凝集性を高めていくと傑作になるのではないか。
(一)前半はブツ切りにされたイメージたちが絡み合い不思議な疾走感があるのだが、後半になってネタ切れ感が出てきてしまっているのが惜しい。

11389 : 恒転  曇天十也 ('19/08/12 06:52:32)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190812_564_11389p
(一)暖かみのあるのユーモアが良い。「ジリジリ 陽炎」「ポツポツ 雨垂れ」「クルクル 風車」は、それぞれ1回ずつの方がリズム的に良かったのではないか。

11376 : ぬけがら  青島空 ('19/08/07 00:18:33 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190807_492_11376p
(一)分かりやすい比喩だけれども、今しか書けないであろう年月との文字が力を持つ。独自の視点を探すと良作になると思う。

11394 : 静かなダンスによる生活  ゆうみ ('19/08/14 00:13:03)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190814_582_11394p
(一)言葉のセンスは随一なのではないか。まとまりがないが、これが統一感を持ったら、どちらに転ぶのか分からずにいる。

11390 : てんとうむし  たこ吉(たこ) ('19/08/12 08:02:50)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190812_566_11390p
(一)柔らかい作品である。イマージュを飛ばしていく在り方が鮮明。しかし、それでも最終二行に妥協が見える。
(一)最初から最後まで言葉の選択にいっさいの無駄や不足がなく、非常に完成度が高い。テントウ虫という小さな存在から宇宙規模へ感動が膨張していく。本当に見事です。

11379 : はじまり  田中恭平 ('19/08/08 09:38:01)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190808_505_11379p
(一)美しく、難解で、物悲しい。それぞれの連にはつながりがないように思えるが、違和感なく読み進めることができる。これは作者の力量によるものだろう。最終連のまとめ方も良い。

11384 : ポエティカルポリティクス、ある種のオマージュ  玄こう ('19/08/09 22:09:23 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190809_526_11384p
(一)面白くなり始めた時に、「つづく」の言葉で終わってしまった。勿体ないと思った。

11380 : リクリエーション  ゆうみ ('19/08/08 16:13:09)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190808_507_11380p
(一)理屈を超えていく展開が心地よく発火をもたらす。タイトルを感覚から離していくと効果が出たと思う。

11373 : 乱反射していた。  黒羽 黎斗 ('19/08/06 17:15:07)  [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190806_487_11373p
(一)「5秒前」のフレーズが残るため、繰り返す際には差異が必要だったようにも思える。丹念に粗さを抱えながら練られた言葉が躍動している。

11383 : めざめ  左部右人 ('19/08/09 12:38:57)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190809_522_11383p
(一)連毎の呼応が丁寧に作られている。最終行を、まとめ過ぎてしまった感もある。

11385 : □■  湯煙 ('19/08/10 00:34:02 *3)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190810_528_11385p
(一)作品が為そうとしたかったことは為せている。意味もある。
それは優良や次点の枠とは関係ないものではあるが、続けて欲しいと思う。

11386 : 春も秋も  鷹枕可 ('19/08/10 03:26:24)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190810_531_11386p
(一)振り切った作風の追求を、他の物の追随を許さず行っていく。最終行の柔らかさが効果的であったかどうか。
(一)終わってしまったもの、過ぎていたものたちへの美しいレクイエム。抒情と退廃の中間地点に位置している愛の詩と言えるだろう。

11363 : 肋骨  アルフ・O ('19/08/02 22:48:02)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190802_408_11363p
(一)悪意や怨念が間接的に渦巻いている。直情的だが、煙に巻いている情感がある。
(一)作者独特の美学に磨きがかかり、短い中にもセンスの良い物語が展開される。最後の一行まで隙がない。

11366 : うしのナニー  camel ('19/08/05 06:48:49)  [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190805_460_11366p
(一)生と死を描き出している。文章の巧さは、更に磨いていけそうだけれども食物となったナニーの凄惨な感覚を導き出していることは評価されて良いと思った。
(一)食事、セックス、出産といった行為を並べて見せることで、読み手をドキリとさせることに成功している。生々しい描写ではあるが不快感はなく、最終連の謎めいた終わり方が想像力をかき立てる。

11365 : 小羊のメアリーちゃん。  田中宏輔 ('19/08/05 02:19:49)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190805_457_11365p
(一)「かわいい」という言葉の奥深さに気付かさせられる。あり得ない話の展開を身近に思わせてしまう強度がある。

11369 : 夜景かご  はにゃらす ('19/08/05 20:05:42)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190805_469_11369p

11368 : 背中の躍動について  右左 ('19/08/05 18:36:08)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190805_467_11368p
(一)文中の熱気に興奮してしまった。自分自身が熱狂することを丹念に、見つめ描き出すことは困難な道のりであるに違いない。それを見事に行い、興奮の坩堝へと誘っていく。これこそ美である。

11367 : 壊れてしまうのかな?  みちなり ('19/08/05 17:40:47 *2)  [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190805_466_11367p
(一)丁寧に書かれている。壊れる、と、シャボン玉を全く新しい比喩にしていくことが必要かもしれない。

11357 : 水没都市。  田中宏輔 ('19/08/01 00:17:02)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190801_353_11357p
(一)連の中で展開されていく不可思議な世界が詩情を構築していく。皆が体験していた世界に穴をあけていく上質さ。
(一)半ば水に浸かった教室で普通に授業を続けている教師の融通のきかない様子が、ユーモラスではあるが同時に不気味さを感じる。この設定でもう少し物語を展開させてほしかった。

11364 : 誓い  みちなり ('19/08/03 18:07:37)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190803_427_11364p
(一)丁寧に書かれていることは分かる。表層的であり一歩、奥へと進んでいるのかどうか気になった。

11362 : a  湯煙 ('19/08/02 21:49:53 *2)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190802_406_11362p
(一)空白と言語の噛み合いが独特で、新しい作品として存在感を示している。初連が、留まっているように思える。

11361 : 叛分子、記憶  鷹枕可 ('19/08/02 21:47:54)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190802_405_11361p
(一)作品の圧力が強い。作用していく言語の昇華がヌメリを持っている。
(一)権力による暗黒の近未来を作者の個性的な筆致で描き出している。作者のメッセージは書かれていることとは真逆であると感じた。

Posted in 月間選考, 雑記 | Print | No Comments » | URL

●「2019年7月分選考雑感(Staff)」

2019-09-09 (月) 16:16 by 文学極道スタッフ

11355 : 眩暈  帆場蔵人 ('19/07/31 20:05:47)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190731_349_11355p
(一)鯨が作用する比喩の効果が印象的。最後を体言止めにすることなどで薄れた効果など、まだ推敲が出来る作品に思えた。
(一)一読してジャン・コクトーの「耳」を連想した。幻の鯨と耳石という組織をテーマに、シュールでノスタルジックな世界を描き出している。語り手を襲う眩暈とは、世界に対する違和感によるものではないかと考える。読み進めると共にタイトルの意味に気付かされ、第4連から最終連への流れに引き込まれて心地よい眩暈を覚えた。

11356 : 畏敬の念  イロキセイゴ ('19/07/31 22:58:42)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190731_350_11356p
(一)二行目までの面白さが突き抜けている。そこから先を、もう一歩欲しいと思う。

11353 : Water  鴉 ('19/07/30 17:23:42)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190730_327_11353p
(一)技法を上手く使用している。この一貫性は見習うべきものがある。「死にたい」の羅列は、別の方向性もあったのではないかとも感じた。
(一)読み始めに自分の想像していたものが陳腐だったと終わりに近付くにつれ思わされました。擬人法と物語が加速していて面白いです。「死にたい」という言葉はもう非常に多く使用されていて衝撃があまり無いため、他の言葉で衝撃があると更に良いと思いました。
(一)読み終えたときに萩原朔太郎の詩集「月に吠える」に収録された、「殺人事件」や「悲しい月夜」といった作品が頭に浮かんだ。猥雑だが不思議な美しさを持つ描写だが、後半になるにつれて失速していくのが残念。

11354 : 狂日  曇天十也 ('19/07/31 16:28:10)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190731_347_11354p
(一)第3連までは平板で真新しさもないのだが、最終連によってがらりと印象が変わる。
(一)凡庸な詩にうつるかもしれませんが、テーマと掘り下げ方が良く、読み手によってはいろんなことを考えることができるきっかけになる詩です。

11311 : ホーム  ネン ('19/07/12 22:43:34 *2)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190712_025_11311p
(一)きちんと書かれていて構成も良い。後は言葉の、たゆたいがもう一歩に思える。選択していく言葉に後少しだけの鋭敏さが必要かもしれない。
(一)思いの説明が多くなっています。どこかに見えたものや感触などの描写が入っていると深みが増すのでは無いか。

11352 : 呼吸癖  たなべ ('19/07/30 16:01:02)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190730_323_11352p
(一)とても良い。惹きつけられた。抒情的でリズムも卓越していると思う。
(一)三連目の途中までの言葉の連なりは勢いと表現力があります。他のところとのバランスが取れているともっと良いと思います。
(一)それぞれの言葉選びはとても素敵なのだが、全体的に見るとイメージが分散してしまって伝えたいものが見えてこない。もう少しまとまった物語が必要ではないか。

11344 : ぼくのずっと後ろの方で  鈴木歯車 ('19/07/26 01:17:26 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190726_205_11344p
(一)きめ細かい作品の構成が、立ち上がっている。作者は存在の濃さを、ますます作品の中で増して来た。
(一)タイトル美しいです。波と風と呼吸をリンクさせているところには技を感じさせますが、効果的に使えていたかというと自信がありません。

11348 : (無題)  黒羽 黎斗 ('19/07/29 11:14:54)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190729_280_11348p
(一)一行詩は非常に難しい領域である。これまでの芸術領域を更に認識する必要がある。
(一)短くして意味とイメージを持たせるということが出来ています。物足りなさがありますので、これの連続によってわからない人にも伝えられるエネルギーがあると思います。

11349 : 熱情  たこ吉(たこ) ('19/07/29 17:19:24)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190729_286_11349p
(一)基本が出来ている作者だと思う。熱情を表現しながら、単語の選択や流れを見通せている。更に削ぐなどの推敲が必要な部分もあると思った。
(一)現代だと多く共感されるテーマかもしれません。切なさや不安感はもっと強いものだと思いますので、そこが文章で如実に表現されているともっと良い。

11346 : そらの椅子  帆場蔵人 ('19/07/27 03:04:11 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190727_232_11346p
(一)最初と最後の方、説明的な部分が、どうしても気になる。しかし綺麗な小品である。
(一)沢山の経験を経てそれを抱えながら全てを言葉で埋め尽くそうとせず短い「そら」という言葉で全てを言い表せているような老人の様子が上手に描かれており、ぴったり来る言葉を探したい気持ち、そのときに邪魔をする意識までもわかりやすく表現されています。
(一)不思議で美しい情景が目に浮かぶが、説明のための表現がくどく感じた。

11350 : いぬのジョージ  camel ('19/07/29 18:10:12)  [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190729_293_11350p
(一)少ない行数で、少ない文字数での絡め方や音の流れが上手い。

11347 : 工場  山人 ('19/07/29 06:36:08)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190729_278_11347p
(一)冒頭の雨の描写が素晴らしく面白いのですが、その後の重々しさは凡庸になってしまったかと思います。

11351 :  跣  玄こう ('19/07/29 20:54:54)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190729_300_11351p
(一)同じ言葉であるのに進むにつれて印象が変わって行くのは筆者の技術によって達成されている妙だと感じます。

11312 : ロストバイブルウォーク  北 ('19/07/13 01:32:41)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190713_029_11312p
(一)口語のエンタメとして興味深い。最後の一文が、あるから詩作品として一歩先にいっている。
(一)最終的に選評論という風に捉えて読みました。表現としては買い物カゴの部分が面白く、内容も伝わりやすいと思います。詩に「詩の選評」という言葉が出て来ることでに、楽しませる幅が狭まってしまわないかと思いました。
(一)前半はとても面白かったのだが、「詩の選評」といった具体的なワードが出てきたところで失速してしまった。最後まで分かる人にしか分からない口調で読み手を煙に巻いてほしかった。

11320 : 告白はまだ終わらない  田中恭平 ('19/07/16 11:08:53)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190716_068_11320p
(一)後半が、とても良かった。前半部の詩を出す部位が効果的とは思えない。
(一)淡々と続く告白が生きている人間の情熱を迸らせています。改行も読み易く感傷に溢れているストレートな詩でした。
(一)この長さも魅力だと感じられるほどの熱量が足りない気がする。もう少し短くまとめてほしいと考えてしまった。

11318 : 花譜  鈴木歯車 ('19/07/15 23:01:13)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190715_062_11318p
(一)上質な世界観である。三連目に持っていくまでの作品構築が非常に上手い。
(一)共感を呼ぶ細かい感覚。筆の方向の美しさを評価します。ただし狙い目を詩の中でそのまま言葉にしてしまっている部分があるため、読者を浸らせないところがあります。
(一)溢れる情感と生活が溶け合って絶妙な雰囲気を作り出している。第四連以降が特に美しい。

11321 : 消しゴムと靴下  宮永 ('19/07/17 04:10:51 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190717_073_11321p
(一)面白い。不思議な世界が感覚上を軸に展開していく。
(一)導入する勇気が必要だったのではないかと思わされます。人の頭の中の残酷さを語り手の告白としてリアルに詳らかにしてゆくというのが非常に心を抉り、印象が強いです。書き方によってはもっと残酷に真っ直ぐに行ったのではないかと考えました。
(一)思春期特有の屈折した心情や残酷さが鮮やかに描かれている。物語としても最後の部分は上手いまとめ方で余韻が残る。

11319 : 眠りの季節  アルフ・O ('19/07/15 23:07:26 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190715_063_11319p
(一)読みやすく分かりやすい。怒りに溢れている。作者の中では、あまり良い出来だとは思えない。しかし読みやすさと残る針は、ある。
(一)何故かこの詩を読みリルケを思い出しました。内面と出来事が絡まった複雑な詩として読みましたが、メッセージになっていながら伝えるところが謎なのを面白いととるか否かの判断が付けられませんでした。

11330 : Satellites  アルフ・O ('19/07/22 23:09:37)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190722_143_11330p
(一)宇宙的な描写の中に、何らかの批判を感じるのは気のせいだろうか。視覚的なイメージが豊かでありながら、いつしか何者かを弾劾するような流れになる巧みさ。最終2行のセンスの良さも光る。
(一)意味を全て瞬時に解釈することは出来ないのですが、文字の並び方のお洒落さが非常に際立っています。

11328 : 軸  黒羽 黎斗 ('19/07/20 22:48:53)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190720_125_11328p
(一)詩の中で、詩という言葉を出して傑作にしていくことはメタ的な視点を付けなければ難しいと思う。それ以外の箇所は、傑作に近いものがある。
(一)後半に語られるスタイルを冒頭から説明ではなく言葉の紡ぎ方で表現してみせること、これが意識的であっても無意識であってもかなり一つのことに集中して考えなければ出来ない表現なのではないかと感じました。詩の在り方としても新しい道が示唆されるような作品です。
(一)この作品も「詩」という言葉を使った時点で、その重量にきしむ音が聞こえてしまっている。表現そのものは力強く自信に満ちているという印象。

11334 : 萌蘖  水漏綾 ('19/07/24 07:15:33)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190724_161_11334p
(一)短いが寓意に満ちた面白さがある作品。最終連での眠りの季節に関する表現にもう一工夫ほしかった。
(一)夜、眠るというだけでなく、眠った後の夜の間に起こる記憶の整理を現象として萌蘖と名付けることでイマジネーションを大幅に増幅させることに成功しています。短い言葉にたくさんの意味を詰め込み、且つ美しい印象に纏めるという難しいことを成していると思います。

11316 : namespace  山田はつき ('19/07/15 13:55:47)  [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190715_058_11316p
(一)丁寧に書いてあると思う。説明的な部分が果たして、効果的であるのかどうか。
(一)活字の世界での革命が上手くいかないもどかしさのようなものを、体勢としては、革命児そのものになって読者を驚かせて欲しい。

11335 : 銀星とウロコダイル  右左 ('19/07/24 19:02:16)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190724_163_11335p
(一)書き間違いの未知の生物という設定か事実かわからずともとにかく興味を惹く内容です。交互も美しく響いています。

11332 : 夢の話  霜田明 ('19/07/23 09:27:43 *45)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190723_149_11332p
(一)作風が良い方向に転ばなかったように思われた。

11314 : とらえもん  コテ ('19/07/13 12:32:05)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190713_041_11314p
(一)この短い簡潔な中で肉体のある一人の人間として認識してもらいたい女の子の気持ちが表されているとして、台詞としてはバッチリ決まっていると思います。詩としてはもっと強烈に来ても良いかと思います。

11345 : Somethin’Else  アンダンテ ('19/07/26 22:39:17 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190726_220_11345p
(一)イマジネーションを明確かつ強烈にするために、時系列がバラバラになっていることが効果的でなかった気がします。

11295 : もってこいの日  イロキセイゴ ('19/07/04 02:02:51)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190704_888_11295p
(一)暗い内容を爽快に書いていく。大変、気になる作品でした。
(一)場面設定がきちんと出来たところで、重要なのはその続き想像させることよりも、月光をスポットライトに最後のショートして何を表現するのか、筆者自身が魅せることが出来たのではないか。

11308 : 幽霊  屑張 ('19/07/12 01:22:50)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190712_010_11308p
(一)「我々」などの部分が、説明的であり詩情を削いでいるように感じた。他の部位が良いだけに勿体ない。
(一)仮定とイメージはもう少し有効的に使えたのではないか。筆者に限ってではなく、文字で表現をすることの喜びよりも滅亡を思う文言が多く感じられるため、抜きん出るにはまた違う方向性を見つけるのも良いのではないか。

11326 : 亡き人々へ捧ぐ  鷹枕可 ('19/07/20 13:17:00)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190720_113_11326p
(一)京アニ放火事件をテーマに、同社の傑作のひとつである「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を絡めた追悼詩。非常に美しく物悲しいが、詩作品としてはあと少しの工夫が必要だと感じた。
(一)絶望、届かなかった希望の部分とヴァイオレットの儚さの共鳴を高める書き方が更に出来たのではないか。「永遠の庭」という言葉は非常に魅力的です。

11331 : (無題)  竹田 井沢 ('19/07/23 08:13:49)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190723_147_11331p
(一)全体的にストレートな思いが面白味のある筆致で綴られているところを評価します。上品に終わらせないところで味が効いています。麻痺しないで書き続けて欲しいと思わされる書き手だと思います。

11323 : 世紀末  アラメルモ ('19/07/18 03:40:30)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190718_085_11323p
(一)描写に想像力を掻き立てるものがあります。どんな感覚を表しているのかもっと伝わって来て欲しい。

11329 : 詩 第二十二  舟鷹 ('19/07/22 04:46:11)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190722_139_11329p
(一)母性と海と月と慈愛。これは余すところなく表現できていればとても壮大で美しい詩になるのではないかと思います。言葉が美しい響きや誰かの使いそうなフレーズにとどまっている感じがあり、もう少し取れると良い。

11322 : 波の抜け殻  あおばかげ ('19/07/17 11:51:09)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190717_079_11322p
(一)美しい。この美しさと揺蕩いを言葉の力で、引き出していくことが詩の本質であると思う。
(一)何度も読んで行くうちにイメージ出来る箇所があると嬉しい程、何を表しているのかをイメージすることが難しくなって行きました。読む人によっては高く評価されるものかもしれません。
(一)たまにイメージしにくい部分が目に付くのだが、それが気にならない不思議な魅力がある。ラストの「幼い海の藻屑」というセンスを評価したい。

11324 : 観  北 ('19/07/19 01:18:41)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190719_096_11324p
(一)テーマと慌てている語り手の様子がテンポの良さとリフレインによってコミカルに表現されており、面白いです。

11327 : 絵画たちのけっこん  淤白(コテ) ('19/07/20 18:49:54 *4)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190720_118_11327p
(一)音楽でいうとマキシマムザホルモンのような面白さがあります。目を惹く構図にもなっておりリズムもくずれていません。作品が全てこれだと読み手を飽きさせてしまうかもしれませんが、一つこのようなものがあるのは大変面白いと思います。

11307 : グレンチェックの太股  atsuchan69 ('19/07/11 07:03:34)  [Mail] [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190711_004_11307p
(一)ユーモアもあり膨らみのある構成。熱量も、はっきりと伝わってくる。
(一)記号を含め、字の並んでいるバランスが美しいので、物語を追う、表現されていることの内容を考えるよりも、そのフォルムを楽しませていただきました。印刷の仕方によってはとても芸術的です。
(一)タイトルからして意味不明かつ魅力的だが、さらに記号の名前を持つ機械虫たちの存在が光っている。「ケムリクサ」的に言えば「油断するといくらでも冷奴してしまいそうな作品」と言えるだろう。

11313 : ガラケー  山人 ('19/07/13 06:15:27)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190713_032_11313p
(一)枯れていく人間としての自分と宇宙との対比が効いている。取り残されていくガラケーと、死を身近に思わせていく時間の流れを描き切っている。
(一)酔って布団の中に潜り込んで雨の音を聞いている語り手。自らの老いを自覚しながら、布団の中でガラケーの画面をチェックする。もの悲しさだけでなくなんとも言えない抒情を感じる詩。

11310 : さみしさ  水漏綾 ('19/07/12 05:16:45)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190712_012_11310p
(一)爪が身体から物体へと変貌していくことから、実在と感情への思いを接触させていく。短いながらも良質な作品。

11315 : 「隊列」  右左 ('19/07/13 18:23:40)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190713_043_11315p
(一)夢中になって読んだ。この作品の夢のような部位と構成の在り方が詩情を唯一のものとして
立てていく。
(一)不毛と思える状況がシンプル且つ丁寧に、お洒落な映画のシーンのように綴られているところが非常に面白いです。物語は不毛ですがその不毛さに気付くことに希望が残されており、内容も大変濃い。
(一)こういう夢日記的なものは面白いものとつまらないものの差が激しい。この詩の場合は前者であり、夢独特の不条理劇のような展開に惹きつけられた。

11306 : 車輪  ちーちゃん ('19/07/10 22:47:42)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190710_998_11306p
(一)独特な言葉が鈍く光る。後ろ暗い不思議な作品。

11317 : 肉  白犬 ('19/07/15 15:54:53)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190715_059_11317p
(一)切断されている粗い言葉たちが苦しさを伴い飛翔している。良い作品だと思う。

11298 : rec.  白犬 ('19/07/04 12:54:39 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190704_897_11298p
(一)一つひとつの単語が良質である。まとまった連として詩情が昇華されている。これまで粗さがあり空行が、あまり良い方向に働いていない部分があった。今回は非常に粗さも含めて良い方向に行ったと思う。
(一)次々と繰り出される連想のように脳を刺激する書き方が効果的です。幼さの残る言葉の羅列の部分が年齢層を限定しているかもしれませんが、それも良しとするかどうか判断がつきませんでした。
(一)並べられた個々のイメージの質が高く最後まで読み飽きなかった。この勢いを維持していってほしい。

11309 : translation  山田はつき ('19/07/12 02:38:37)  [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190712_011_11309p
(一)面白いと思った。対比によって比喩と単語の跳躍を敢えて見せていく。センスが光る。
(一)言葉を取り扱う人々の中では大切なテーマを「やってみせる」という形で表現されていると思います。想像力の無い対象に向かって書くともっと面白いかもしれません。
(一)インプットとアウトプットにおける翻訳、あるいは変換のずれを楽しむ作品。アイデアとしては既視感があるが、アウトプットの内容が面白かった。

11304 : 白い毛。  田中宏輔 ('19/07/08 00:32:55)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190708_966_11304p
(一)短い素材によるセンスが光っている。
(一)理屈の要らないまたは無視した言葉を置き、観察することの楽しさを感じさせます。詩の体現の仕方の一つとして有効な作品です。そして単純に面白いです。

11293 : 5月の普遍的走馬灯  梅木 ('19/07/02 18:59:22)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190702_862_11293p
(一)筆圧が尋常ではない。
(一)何かへの気づきを言葉に代えるとき、詩としてはこれをなんと表現するべきか、書き手の中でそれを熟成させる段階もあると良いのではないかと考えました。

11305 : ソフトロマンス  PART−1  アンダンテ ('19/07/08 09:39:08)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190708_971_11305p
(一)失速していってしまっており、出だしが最も良かったため、最初のテンションで書ききっているところを見たかったです。

11296 : ベビーピンク  コテ ('19/07/04 10:41:43 *13)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190704_892_11296p
(一)面白い部分と、そうではない部分がある。推敲できそう。

11299 : 分断統治  鷹枕可 ('19/07/04 14:04:46)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190704_901_11299p
(一)世界観を損なわずに、作品をまとめ上げている。メッセージ色が強く出されていたことは疑問を感じる。

11303 : ダリア  紅茶猫 ('19/07/06 14:49:49 *4)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190706_955_11303p
(一)最後に昇華されてくる美しさがある。前半がの上手さが効いている。

11302 : (無題)  ちーちゃん ('19/07/05 23:03:39)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190705_924_11302p
(一)興味を持ち、うっかり読んでしまった。優れているか、どうかという基準とは別のところにある作品だと思う。

11291 : 人面瘡。  田中宏輔 ('19/07/01 01:05:34)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190701_850_11291p
(一)純粋に上手い。面白い。我を忘れて読んでしまう魅力がある。
(一)楳図かずおのマンガにおける人面瘡は宿主の気持ちなど無視して「ヒヒヒヒ」と不気味に笑ったりするのだが、この詩においては実に控え目なのが斬新だった。それだけに気の利いたオチを期待してしまったのでちょっと物足りなく感じた。

11294 : 悩み  蒼井椛 ('19/07/02 21:41:47)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190702_869_11294p
(一)作品として切り取る視点が独特である。そのため、これからが気になる。

11300 : Buddy(レインボーパレード抜けて、エビデンス求めて)  ゆうみ ('19/07/05 00:01:18)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190705_910_11300p
(一)エンタメ作品として面白さがある。それ以上の何かを獲得できているかどうか気にしていく必要がある。

Posted in 月間選考, 雑記 | Print | No Comments » | URL

●2019年6月分月間選考雑感(Staff)

2019-08-16 (金) 02:07 by 文学極道スタッフ

11263 : 秘密  水漏綾 ('19/06/11 21:02:09)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190611_408_11263p
(一)「みたいな」などが作品を削いでいるように思える。小品として、もっと先へと進めたように思える。
(一)写真などが添えられているところを想像した方印象が強くなります。言葉だけでの力はもう一つ欲しいです。

11287 : 花の眠さ  右左 ('19/06/28 00:12:18 *3)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190628_810_11287p
(一)情景が大変美しいです。読み手の想像力が試される作品だと言えばそうですが、ぼんやりしているイメージが良いか良くないかは読者の好みであるでしょうか。
(一)作者の中の心的情景が確かな言葉選びで読み手に伝わってくる。

11268 : 柩車  鷹枕可 ('19/06/17 12:18:21)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190617_586_11268p
(一)現象の連続が、もっと飛躍できるのではと思わさせられた。
(一)かっこ良くなってきているところがあります。何を言っているかは伝わりにくいので、スタイルとして磨いて確立させるか、選択肢の残るところです。
(一)タイトルを含めて独特の美学を感じる。死というものをテーマに舞台装置のような情景が浮かび上がり、作品世界の中に引き込まれる。

11286 : 再見  ゆうみ ('19/06/26 23:51:06)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190626_801_11286p
(一)後半にかけて失速している感が否めないのではないか。しかし前半など綴りが美しい。
(一)現代的、時代を反映したようなメッセージが込められています。皮肉と情景の美しさがマッチしているかどうかのところで迷います。
(一)「母国語のポップスで泣く才能はもう/とうに失くしてしまった」が特によかったです。緩急がもう少しあれば、固い表現も生きるかもしれません。

11284 : 同じ窓の下で  黒羽 黎斗 ('19/06/26 22:37:05)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190626_798_11284p
(一)物凄いパワーに漲っている。作品の成長速度と共に思春期独特の形象が見え隠れしている。
(一)悲しい感情をストレートに呼び起こされる強さがあります。感情移入を誘う書き方が身に付いています。
(一)言葉の一つ一つに力強さがあり、ぐいぐいと読まされる。若者特有の悲しみが眩しい。ラストの2行によるまとめ方は危なげがなく、作者の着実な進歩を感じる。

11241 : 前から二番目、窓から二番目  黒羽 黎斗 ('19/06/01 09:40:39)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190601_186_11241p
(一)若い内だからこそ目が行く単語との混淆を比喩に昇華しきっている。上質な詩作品。
 勘違いをしているので訂正
 全ては肯定であり、権利の話
 気に病むことはない
ここのみ、ほつれがあると思う。比喩へと進んで良いと思った。
(一)まとまりで言うと普段よりバラけた感があります。韻が踏んであり造りが工夫してあるところは評価できるところです。一つ一つの単語やセンテンスの強さに衰えはありません。
(一)若々しい筆致は読んでいて楽しい。単語の再構築も無理がなく新鮮だと感じた。ただ「勘違いを〜」の第5連だけ流れが淀んでしまったのが残念。

11288 : 僕の少年  山人 ('19/06/28 06:51:59 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190628_814_11288p
(一)涙が出るほどの良さがあった。自分自身の中にある過去との対峙を、確かな描出と共に行っていく。一歩、先へ進んだ作者の世界がある。
(一)詩的にすることと、意味が明らかにならないこと、この基本的な関係の問題について考えさせられます。この場合意味を明らかにせず謎めいた文章にすることの度合いが若干強めになり過ぎた感もあります。
(一)これまでとは違った語り口と、その完成度の高さに驚かされた。語り手が少年時代に受けた深い傷の痛みは、誰もがその多感な時期に感じるものではないだろうか。死んでしまった少年の、長い時間をかけた再生の物語。

11290 : だから  イロキセイゴ ('19/06/29 21:43:39)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190629_827_11290p
(一)あと一歩の惜しさがある。「反っ歯」などの面白さが残り作品としては成功している。
(一)改行のリズムが良く、音にすると面白味が増してきます。内容を考えるともう少し強度が欲しくなります。

11285 : Morning  湯煙 ('19/06/26 23:38:54 *4)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190626_800_11285p
(一)決して流暢に綴られているわけではないが、それが内容に合っている。この部位へと踏み出していくことは勇気がいること。
(一)展開も良く、辛抱強く、誘惑に負けずにハートフルに描き切る日常としての強いテーマを持った作品でした。
(一)こういうテーマは筆致が重くなりがちだが、この作品では淡々と描くことによって読み手の意識を変えていく力を獲得している。ただ全体的に描写が冗長に感じる。

11281 : 滝の音  .txt ('19/06/24 02:12:34)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190624_749_11281p
(一)真剣に読みすぎて混乱してしまいました。それだけ深いことが示唆してあるか、それにしてもばくぜんとしたところに放り出されてしまいました。好きな人には好きな単語が散りばめてあるのでそこに惹かれる方も居るかもしれません。

11283 : Dryad  アルフ・O ('19/06/24 21:48:33)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190624_759_11283p
(一)かなり過激で怒りが見えてくる。他者への憎悪と自己自身への絶対的な防衛を持ちながら、言えないコミュニケーションが表現へと転化されている。
(一)口調と内容のバランスに調和が取れているのか読んでいて説明の難しい面白さがあります。ノリの良さでしょうか。大切なものが秘められています。厳しい言葉が柔らかく響く不思議さがあります。
(一)ほとんどの読み手は意味もわからないまま作者の話術に引き込まれて、この凄惨な物語を最後まで読んでしまうことだろう。最終2行の「体積」という表現に作者のセンスを感じる。

11277 : ラテンアメリカ  イロキセイゴ ('19/06/20 15:14:42)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190620_624_11277p
(一)熱した言葉たちの中で詩文が進んでいく。今回は、まとまっており塩梅が良い。
(一)言葉の解体と意味の再構成の試みが面白いのだが、作品としてのバランスがやや危ういように感じる。

11262 : 女  コテ ('19/06/10 14:10:36 *8)  [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190610_380_11262p
(一)宗教的ではありますけれども熱気を持って本質を突こうと努力する言葉、独特の言葉並び
印象的で自然なインパクトを与える効果が出ています。

11278 : sea and sky knife exit  白犬 ('19/06/20 22:08:41)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190620_639_11278p
(一)行空けが、まだ過渡期に見えるが、それを良い方向へと持っていく内実である。
(一)言葉がフォントのみで表され音声もない限られた情報源であるということを考え、それであるからこそこのテキストの中で生まれそうな「齟齬」の部分が気にかかります。言葉よりもパフォーマンスの仕方でパワーを持ち印象が大きく変わるテキストに感じられます。
(一)ゆったりと、深く吐き出すような言葉がよいです。
(一)作者でなければ表現できない境地へ近づきつつある。その期待度から考えると行空けをもう少し突き詰めて考えてほしいと思う。

11276 : 声  山人 ('19/06/20 07:52:21)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190620_619_11276p
(一)圧巻の綴りであり文章の一つひとつから汗が零れ落ちているようだ。
(一)単純かつ辛い作業の過程で人間性を剥ぎ取られていく描写が印象に残る。

11279 : 下に下に  あおばかげ ('19/06/22 02:21:34)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190622_670_11279p
(一)全体を見ると掴めなくなってしまう作品でしたが、所々に光るセンテンスがあります。(一連目と最終連の終わり)

11257 : ひかり  青島空 ('19/06/07 11:23:58 *5)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190607_309_11257p
(一)一生懸命、書いてあり前半は心を打つものがあった。後半を、もっと充実させていく必要があると思った。傑作まで、もう一息だと思う。

11275 : 便器とコーン  ゆうみ ('19/06/19 23:49:19)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190619_614_11275p
(一)気持ち悪さに更に振り切れそうな予感がある。
(一)落ち以外のところで大変楽しく読ませていただきました。想像力を掻き立てる書き方が出来る方だと感じます。

11269 : 無題  屑張 ('19/06/18 00:23:17)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190618_589_11269p
(一)作品に凝集性がある。現在を表層的に綴り切っている。
(一)単語の並び替え、順番が逆になる工夫をしてあるのでしょうか。逆説的文体。テーマに対しての答えや感覚がハッキリするかというと難しいところがあります。

11274 : カスピ海へ至る道  右左 ('19/06/19 17:31:43)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190619_608_11274p
(一)抜群に上手い。喪失と共同体に属する表面を抉っている作品に思えた。
(一)凄まじい孤独感を表しながらも客観性に満ちていて冷静。イメージを正確に伝え、情感もきちんと整っているため読者が安心して感傷に浸れます。
(一)夢であることを明示したうえで、夢の中身と対峙していくさまが面白かったです。
(一)夢をテーマにしたものは内容とその描写で評価が決まる。この作品の場合はカスピ海と言いたいだけではないかという疑問がないわけではないが、的確なイメージ描写によって、語り手が果たしてカスピ海へたどり着けるのか興味が湧いてくる。

11273 : 月の影に咲く花  みちなり ('19/06/19 03:32:18)  [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190619_605_11273p
(一)凝集性が高い。しかし、もう一掬のニュアンスがあっても良いと思う。
(一)語られていることは非常に深く、構成にも意味を持たせてあります。詩的にしようという意識が薄れているときの方が詩的な文章を書く方なのではないかと感じられます
(一)美しく描き切っていると感じました。
(一)イメージの美しさだけでなく文章構成が実に巧みで、その長さにも関わらず危なげがない。ユーモアと静かな諦念が交差する不思議な味わいには、質の良い童話を読んでいるような楽しさがある。

11272 : 別れ  天寧 ('19/06/19 01:39:29)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190619_604_11272p
(一)外面でばかり判断する人の鈍感さとそれに対するもどかしさが表現されている作品だと思います。鈍感な人たちの観念をひっくり返すための深度と強度が、メッセージが意識的であることによって薄れている感もあります。

11249 : ペンギン・ハイウェイ  紅茶猫 ('19/06/03 12:28:02)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190603_232_11249p
(一)美しい作品だと思うけれども、長さとリズムに振り回された部分があるようにも思えた。

11270 : 追悼するか?  いけだうし。 ('19/06/18 10:48:57 *1)  [Mail]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190618_594_11270p
(一)気怠さとリアルがあった。今現在とのリンクが仮想空間上で魂と感情を放出していく。この方向性の作者は、もう無敵かもしれないとすら思った。
(一)1人の人物の死が現実なのかゲームの中の出来事なのか、その曖昧さと語り手の醒めた様子が静かな恐怖となって迫ってくる。最後のオチを読んでもなお、謎が宙ぶらりんのままなのが良い。

11264 : 倒れゆく馬をみた  帆場蔵人 ('19/06/12 14:24:11 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190612_422_11264p
(一)冒頭の説明に効果があったかは疑問ですが、終盤へ行くにつれて読者が感情に駆り立てられていくような筆致です。
(一)訴えかけてくる力があります。長さもちょうどいいです。
(一)表現に力強さがあるが、途中の言葉遊び的な部分が全体の足を引っ張っていると感じた。

11260 : ハイドランジア  ネン ('19/06/08 20:27:11)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190608_342_11260p
(一)音が良い。視覚的にも良質。もう少し内容を深めて良いかもしれない。

11247 : フレアスタック  atsuchan69 ('19/06/03 10:54:12)  [Mail] [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190603_229_11247p
(一)最終二行が更なる情感へと昇華できそうな気もする。しかし、まとまっており丁寧。
(一)工場地帯の描写がそのまま語り手の内面を語っているような描写が良い。最終連をもう少し工夫してほしかった。

11255 : 悪意の伝播  cv ('19/06/07 02:56:39)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190607_291_11255p
(一)寸断されている文章が、悪意を引き立てていないように思える。
(一)言葉のリズム、並びが印象的でインパクトがあります。内容もこれだけの言葉でよくシチュエーションが表されていて、力があります。

11242 : 盲目  鈴木歯車 ('19/06/01 19:30:39)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190601_199_11242p
(一)ネガティブな意味を含んだ強い言葉を使用している。どれだけ更なる飛躍を遂げていくのか注目したくなる作品だった。
(一)情景描写が巧みで美しい。個人的に「空間兵器」という言葉が浮いている気がする。また盲目の人に対する認識や描き方も、もう少し深く掘り下げてほしいと感じた。

11250 : 未完の花  水漏綾 ('19/06/03 20:47:37)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190603_241_11250p
(一)行間に湿度があり、詩を滲み立たせていく。あと一歩、進めるとも思う。

11244 : 蛙男。  田中宏輔 ('19/06/03 01:45:33)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190603_221_11244p
(一)不思議な作品。小品でありながら気づけば中へと入りこんでしまう。寓意をも獲得している。

11258 : 雨後に  帆場蔵人 ('19/06/08 00:55:44)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190608_321_11258p
(一)丁寧に描かれている。この繊細さを前に出すためにも、もう少しの展開が必要かもしれない。
(一)おそらくこれまで多くの人が扱ってきたであろうテーマに、真正面から取り組んでいると感じました。一つ一つが丁寧で、それでいて自分の言葉もしっかりと出しながらの表現がよかったです。
(一)斬新な表現も奇をてらった手法もない直球勝負の作品。人が生きていくことは自然を壊し命を奪うことでもあるのだが、その古くからあるテーマの中でしっかりと自分の答えを作品として結晶化させることに成功している。

11256 : Somethin’Else  〜半日(前編)〜  アンダンテ ('19/06/07 09:04:42)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190607_303_11256p
(一)情報量の多さをザッピングしていく面白さがある。

11239 : 再見  黒髪 ('19/06/01 01:03:57)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190601_164_11239p
(一)英語の部分が作品に合っているのか気になる。全体の流れは良質である。
(一)比喩が本質に迫ってきています。一度見過ごした、見えないと感じていた、そういうものを見つめ直してそこに沢山の希望を見出している。純粋な心持ちが率直に響きます。

11252 : そして人生はつづく  霜田明 ('19/06/05 02:13:59 *59)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190605_261_11252p
(一)思考との続きが隆起しながら綴られていく。経験に裏打ちされた言葉たち。
(一)前半の流れは良いのだが、途中から失速しているのが残念。作者自身の考えをストレートに入れたのが逆効果になっていると思う。

11253 : リアルシンボル  黒髪 ('19/06/05 20:24:05)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190605_265_11253p
(一)「マリア」の部分などが気になるが、一歩上へと進んでいる。象徴の具現へ手を入れ、もがいている。
(一)言い放つ爽快さ。言葉がスパッと切れているのが特徴的。怒っているようでも諦めているようでもあり、語感でも内容でも潔さを感じさせます。情景も活きており、結論がパワーワードで締め括られているのも力強いです。
(一)解読を拒絶する構造の作品だが言葉の選択が下品にも的外れにもならず、訳が分からないまま読ませる力をもっている。最終連で急に分かりやすくなり無難にまとめてしまったのが惜しい。

11238 : 回す!  田中宏輔 ('19/06/01 00:12:48)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190601_161_11238p
(一)面白かった。分かりやすい言葉で展開される先にあるものは、どこまでも不可思議。言語世界であるから成し得る空間の広がりを存分に発揮している。
(一)何ともいえない不思議さとユーモアがある。「だから何なの」とツッコみたいところだが、最終連の結末が何ともマンガ的で妙に納得させられてしまった。

Posted in 月間選考, 雑記 | Print | No Comments » | URL

●2019年4月分選考雑感(Staff)

2019-06-07 (金) 03:42 by 文学極道スタッフ

11193 : 幻を信じよう  黒羽 黎斗 ('19/04/30 12:41:56)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190430_792_11193p
(一)これからが気になる作品である。現時点から言語に磨きや飛躍、比喩の上手さを獲得しているため今後が楽しみである。
(一)詩人でなくても伝わる言葉で詩的解釈が必要な表現もあり、世界観にも統一感があって読み易い仕上がりになっておりました。リフレインのパターンが変わるところも飽きが来ないように上手く運んでいると思います。

11152 : Needles  アルフ・O ('19/04/06 00:49:51 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190406_523_11152p
(一)この作者の作品を読んだときのエモさは、「アニメやゲームのキャラと良質の音楽をミックスした良質のMAD映像」を観たときのそれに近い。あるいは作者自身がそうした映像作品やコミックスや音楽などで感じたものを、詩というアイテムで再現しようとしているのではないか。作者の詩を読んだ時の高揚感は、「攻殻機動隊」において草薙素子が使用する電子ドラッグのようなものかも知れない。
(一)毒が強い作品である。詩情は感情の偏向により倍加されていく。
(一)もっと衝撃的であって良いスタイルですが、効果的な言葉の使い方をしており、安定感もあります。クサくなりがちな感情を敢えて強く押し出しているところに好感が持てます。

11166 : 解決をしたい私  イロキセイゴ ('19/04/11 22:58:26)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190411_575_11166p
(一)不条理劇のような展開に興味を引かれたが、少しイメージの風呂敷を広げすぎている気がする。職員室にぎっしり詰め込まれた教師たちと、バレーボールをする生徒たちの対比だけでまとめた方が良いのではないかと感じた。
(一)非常に美しいです。また、一連だけ形が異なるのが、生きていると思います。

11192 : (無題)  sibata ('19/04/29 11:02:40)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190429_787_11192p
(一)連想からの飛躍が見事である。
(一)時代を新しくし過ぎず、戦争後の荒廃した、リアルな近未来を感じさせるようなシーンの描き出し方が上手です。感情的になり過ぎずに希望を表現できています。

11188 : 環礁  水漏綾 ('19/04/27 02:04:40)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190427_761_11188p
(一)ずれて落ちたコンタクトレンズから、連が進むにつれて変化していく視覚をメインとしたイメージが心地よい。イソギンチャクとクマノミの共生関係へ持って行く流れも自然。さらに「日常を喜とした痛み」というフレーズには、目からコンタクトレンズではなく鱗が落ちる思いがした。
(一)短いなかで、きっちりとイメージが伝わってきます。

11178 : 砂場均し  南雲 安晴 ('19/04/19 06:14:38)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190419_695_11178p
(一)前半、美しかった。最後の結論や思ったことや比喩の先を言ってしまうことは本当に必要だったのか疑問に感じた。

11187 : 文学に包囲されている。  いけだうし。 ('19/04/26 11:12:12 *1)  [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190426_753_11187p
(一)一読して森見登美彦版の「山月記」を連想した。ジャニス・ジョプリンの幻の曲ではないが、生きながら文学に葬られようとしている語り手が書き続けることによって生きていこうと決意する。しかし彼にとってはその決断すらも、どこか気恥ずかしさを伴っているように見える。書くこと、書き続けることの意味について考えさせられる。
(一)「文学」へ比喩を大きく作用させていくことに成功していると思う。熱量が素晴らしい。粗削りなため「文学」という言葉を別なものに変えても良かったのかもしれないとも思う。
(一)文学のことばかり考え、何度も何をどう言い表すのかばかり考えてしまうという情景が描かれています。読み手を交錯させるところまで陥れても良かったと感じます。
人の目を気にしている語り手の姿が浮かび上がっている箇所があり、必要あるか読んでいて迷いがありましたが、最後の正直さも文学しておりました。

11190 : 先生  夢工房 ('19/04/27 17:41:21)  [Mail]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190427_779_11190p
(一)ピュアで良い感覚があるのですが、言葉の上手な使い方を覚えてしまっていることで情感が削がれてしまっている部分がありますので、言葉も純粋な、子どもの言葉のような方向へ磨いていくと、この詩の場合は輝くのではないかと思います。

11189 : 記憶ソーシツ探偵/犯人はオレだ  ゼッケン ('19/04/27 17:12:58)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190427_777_11189p
(一)エンターティメント作品として優れており面白い。タイトルに全てがあるのに読み込ませる部分がある。
(一)翻訳的で劇場型の文章。伝えることをやめない、その表明をかなり直に読者に語りかけていますが、謎めいた設定が功を奏しているかの部分については判断が難しかったです。

11184 : 前に投稿したもんだけ  玄こう ('19/04/24 22:45:33 *7)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190424_740_11184p
(一)もう少し波があっても良かったかという感想を持ちました。
最終連の興奮状態が非常に好ましいのですが、冒頭から続いていた父との芸術についての話からの繋げ方にスムーズに乗れない感覚がありました。

11154 : 帰り道には長ネギが顔を出した買い物袋を下げて近所を歩いている  ゼッケン ('19/04/06 11:24:50)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190406_525_11154p
(一)ストーリー展開が巧みで読み飽きない。息子が父親の秘密に気付いた理由に説得力があり、荒唐無稽な物語をすんなりと受け入れて楽しむことができる。語り手だけでなく冷蔵庫を使う家族の、特に父親と母親の愛情が無駄のない筆致で描かれている。ブラッドベリの短編を読んだときのような、切なくも温かい余韻が残った。
(一)笑わせたり、内容的に興味を引き続けるということが、技巧だけでなく文章の中に情感を漂わせることでも成功していると思います。発想も面白いです。

11148 : 地元  コテ ('19/04/03 10:14:36)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190403_477_11148p
(一)エッセイに近い語りでした。小っ恥ずかしい気持ちやエピソードにもっと力を注いで味わい深さが増すのではないかという印象がありました。

11185 : 海へ  山人 ('19/04/25 06:12:20)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190425_745_11185p
(一)その昔、「私は貝になりたい」というドラマがあった。「生まれ変わったら、深い海の底の貝に」なりたいと望んだ主人公は、おそらくこの詩のような貝を想像していたのかも知れない。深い海底にも、テトラポットに波が打ち付ける海面近くでも、それぞれの厳しさがある。最終行の「貝の声」とは、大ハマグリの作る蜃気楼のように聞く者たちを惑わせるのではと夢想した。
(一)一文一文の強度が大きい。
(一)読んでいるうちに読み手がイメージを自分の中で発展させることを促せています。コミュニケーションや心を開くというテーマでメッセージも強く、伝えたいことがしっかりと映像になって浮かんでくるように言葉を連ねてあります。

11186 : never  山本芳香族 ('19/04/25 19:06:10)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190425_748_11186p
(一)表現の仕方の中で単語のチョイスやスタイルが前面に押し出されているような詩です。内容的には読み切ることが出来ませんでした。

11153 : 消失点  水漏綾 ('19/04/06 09:05:37)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190406_524_11153p
(一)良い意味で書き慣れている感じがある。「スーパーカー」や「割れた卵」など、陳腐になりやすい言葉を上手く活用するセンスも良い。描かれている世界の構造がしっかりしており、独特の質感も伝わってくる。
(一)音が綺麗であり、その先にある風景たちの構成が見事だと思う。惹きこまれた。
(一)構成が完璧です。表現のバランスも良いです。
(一)カウントの部分を読み切ることが出来ませんでしたが、一連目気持ちの表れが非常にスムーズで感情に訴えかけるものがありました。別れや記憶から消えてしまうことを示唆するような内容の中で「あの子」に対する深い思いが表されております。

11182 : 詩は時代に産まれ時代に死ぬ らしい  空丸ゆらぎ ('19/04/22 21:46:07)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190422_735_11182p
(一)ごちゃごちゃと考え、考え過ぎている人間の姿がもう少し表れていても良いかなと感じます。書いているうちに詩の意識よりも論じる意識の方にシフトして行ったのではないでしょうか。

11181 : 屈折率  霜田明 ('19/04/22 00:43:52 *53)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190422_727_11181p
(一)年輪を重ねていくことで書けることがある詩作品の凄さに圧倒される。死という繊細な材料に向き合った力が漲っている。
(一)繰り返されているオリジナルの部分の素朴で言葉に出来ない何かを言い表しているようなところが大変に良いと感じますが、引用の素材の良さをオリジナルの部分で超えられていない感じを受けます。

11169 : トワイライトアテンダント  ゼンメツ ('19/04/13 05:35:42)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190413_618_11169p
(一)ありふれた題材であるが故の普遍性を利用して、語り手の記憶が読み手の中へ溶け込んでいく。誰もが通り過ぎてきた道、あるいは通り過ぎてきたように思える道。見上げた夕暮れ時の空の色も、そこに浮かぶ雲の形も、その時に感じた想いも、すべてが読み手の記憶へと変換される。それぞれのビジョンは違うけれど、確実に胸をつらぬく甘い痛み。それは技法の勝利だと考える。
(一)大人になっていくための過渡を上り続けて、ふとした合間の虚しさ。共感を持って読んだ。
(一)話し言葉を砕けた感じにすることで堅苦しさを感じさせず読み易くする工夫が為されています。この工夫によって情感が削がれている感もありますが、この語り口には可能性を感じます。

11179 : 点  黒髪 ('19/04/19 19:03:10)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190419_700_11179p
(一)「お菓子」が出て来た時点で成功した作品に思える。タイトルが秀逸。後半は、もっと高められたかもしれない。
(一)確実に技術を上げて来ているのを感じますが、次のハードルに差し掛かっているのも感じます。上手く言葉にできない部分が不器用さで表現に繋がっていた作風から、また発展できるところに来ています。

11163 : 悪口の詩  霜田明 ('19/04/11 12:55:19 *63)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190411_569_11163p
(一)優良にするか、どうかで迷った。出来が良いと思う。ただし長さを、もっと長くしたり短くしたりして可読性を上げることが出来る作品にも思えた。
(一)自分を見つめれば無条件に褒め称えることの罪も存在する。そのことを表現しようとする着眼点は良いと思います。この時の違和感を更に文章として文字を連ねて行くのでなく、筆者の感覚や気持ちに置き換えて表現に変えると興が乗ると思います。

11180 : 3  鴉 ('19/04/20 02:07:04)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190420_708_11180p
(一)作品構成と単語の出し方が非常に面白く、苦痛をも出していく作品。皮肉が効いているような作品にも見え、それこそが技法の凄さだと思う。心と直結した作品である。
(一)ビートニクに影響を受けた伝説のロックシンガーのようなスタイルの文章です。
強烈なワードが並ぶのですが、全体の印象としては弱めに留まっている感じが否めません。如何しようも無い人間の生への執着が生々しく表されるとスタイルも生かされてくるのではないか。

11158 : 虚のないもの  コテ ('19/04/08 13:52:00 *2)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190408_547_11158p
(一)次々に炸裂するイマジネーションが痛快だが、バロックに関する描写にもどかしさを感じてしまうのが惜しい。
(一)情景の描写が上手いため、ここに感覚の言葉が入ってくれば更に強くなるのではないでしょうか。悪夢的な雰囲気があり、描写の仕方の印象も手伝って、映画の「マルホランド・ドライブ」を思い出しました。

11176 : gear  山人 ('19/04/18 05:37:38 *2)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190418_678_11176p
(一)言葉に力があります。「道具」へのまなざしがとても真剣だと感じました。
(一)道具の擬人化をする方向へ絞るならば、もう少し面白く出来る方であろうと思います。道具を道具として描くならばそのことの哀愁や命のないものにも示される愛着を明確にすることでもっと効果的に表せるであろうと思います。

11172 : 寸借  屑張 ('19/04/15 06:57:16)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190415_641_11172p
(一)映像がつながらず、言葉の関連性を感じにくくなっているのではないかと感じます。表面的にはバラバラでも無意識の中で根底が繋がっているような表現が欲しい。

11147 : 模倣  ネン ('19/04/02 21:38:51)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190402_465_11147p
(一)言葉は簡単に使えるというメリットがあるんですが、それだけに感じてないことも思ってないことも言えてしまい、その危うさを感じます。実感の湧く言葉が増えてくれることを期待しています。

11157 : Smells Like Betrayer.  アルフ・O ('19/04/08 12:44:20 *2)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190408_546_11157p
(一)作品全体に流れるヒリヒリした緊張感が伝わってくる。英語やカタカナの使い方も単なる装飾やハッタリではなく、きちんと効果が計算されている。
(一)エスプリと遒気効いた作品である。独自の世界を突き進んでおり、この作品でしか出来ないことを効果的に行っていると思う。
(一)表現・文学について語っているようにも読めます。前提のない状態で読むとわからない話になっている箇所があります。

11162 : かなわない  みちなり ('19/04/10 14:37:48)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190410_556_11162p
(一)出だしはとても良かったが、もう少し圧縮した方が引き締まったのではないか。平仮名にすべきだが漢字のままではと思える部分も気になった。しかし平仮名の部分はどれも光って魅力的である。
(一)一行目が良かったです。とても平凡な箇所もあるのですが、全体として見ればそれも良いかと思います。
(一)歌うことと書くことを比較し、感覚までは再現できないことへのもどかしさを凡庸な言葉で書き表してあります。凡庸ではありますが、思考の跡が見られ、文脈のおかげで最後の言葉が潔い印象になっています。
(一)心情の吐露のようなものが続いていますが、上をすっと通り過ぎていくような軽さがあります。深くしつこく胸に染み付く表現があると印象が強くなるのではないか。

11173 : オセロ  紅茶猫 ('19/04/15 10:34:33)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190415_642_11173p
(一)紙面などに載っているとそれなりにお洒落な文章を書ける方だと感じます。これに加えて、情感の香りのする表現まで高めて欲しい。

11160 : 過誤  卍 ('19/04/09 11:21:05)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190409_551_11160p
(一)読みやすく文中に自己が投影されていくことが分かる。最後もう一ひねりあっても面白かったのかもしれない。これでも十分、面白いとも思う。
(一)お話として楽しい仕上がりになっています。呪われているという設定は突拍子のないものですけれども、人が罪で罰されているのかという思考に移って行って素直さに繋がっていきます。

11170 : わたしがミイラ男だったころ  帆場 蔵人 ('19/04/13 23:43:04)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190413_632_11170p
(一)顔の包帯を解いていくと中は空洞という透明人間の映画を連想させるが、この詩におけるミイラ男は本当に空っぽで肉体がない。そもそも彼にとっての肉体は、包帯を巻くためだけの存在であった。そして包帯が解かれた今は何もない。ただ残っている熱や痛みや痒みといった感覚だけが、彼にとって生の証なのである。人の存在や生きるという意味について考えさせられる寓話的な詩。
(一)分かりやすい比喩が立っている。この後、作者がどうなっていくのか気になっている。
(一)ミイラとゾンビが混じっているようなところは面白さとして捉えられるか。生きているからこそ感じる苦しみを死者を使って表現しています。詩人として包帯しか見えていない人たちに、見えないはずのものを見せて頂きたいと感じます。

11159 : 舞姫。  田中宏輔 ('19/04/08 15:12:35 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190408_548_11159p
(一)作者の他作品ともリンクする大長編詩。「舞姫」や「リゲル星人」といった単語が解剖台の上で劇的な出会いを果たし、SFとも21st Century Schizoid Manの妄言とも解釈できる不思議な世界を構築している。「死んだ父親に、自殺した母親のことを報告する」は、同じ月に投稿された「陽の埋葬」を連想させる。このサイトにおいては少数派だろうか、もし作者の作品を読み慣れていない読者がいたら、作品中に登場する作者の名前を自分のものと置き換えてみると面白いかも知れない。
(一)圧巻としか言いようがない。途中のおならのオノマトペなどユーモアも十分に盛り込みながらの作品。

11141 : imaginary  完備 ('19/04/01 07:46:23)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190401_439_11141p
(一)いつもながら完成度が高いが、「シ」という表記はすでに鮮度を保てなくなっているのではと思う。しかし全体的な完成をからすれば気になるほどではない。最終連は文句のつけようがなく、特に最後の2行が哀しいほどに美しい。

11155 : 統一選挙  星野純平 ('19/04/08 00:51:15 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190408_544_11155p
(一)思想を表すのにもう少し覚悟が決まっているとカッコ良い詩になったのでは無いかと思います。

11156 :  橋  ( 詩人 林俊 へ の オマージュ )  玄こう ('19/04/08 03:41:33)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190408_545_11156p
(一)「立ちては」という言葉で引っ掛かりを感じました。
哲学が立ち上がりそうな寸前で立ち上がってこないもどかしさがあります。

11167 : 歩行と舞踏  atsuchan69 ('19/04/12 06:39:53)  [Mail] [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190412_585_11167p
(一)プラスティック加工された言語の圧が見事であり平面的な立体を創出している。「がががが」の部位が上手く印象を残している。
(一)文章自体が一定の面白さを保っていますが、一行目の細やかさが持続しているともっと濃密な詩になるのでは無いか。

11164 : 88888888888888888888888888  泥棒 ('19/04/11 20:58:55)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190411_570_11164p
(一)親父ギャグの問題化を輪郭を立てて発していく。面白さがある。エンターテイメントに関する上質さを知り尽くしている。
(一)鬱屈したものが表されてはいるものの、大勢の人が求めるような形にはなっていないように感じられます。

11151 : 隅っこに橋がかかっていた  空丸ゆらぎ ('19/04/05 22:39:45 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190405_521_11151p
(一)橋を渡らず川を下る。
意表を突こうとする試みがある程度成功しています。
三匹の子豚の話と重なるところがありますが、勢いを感じさせる筆致を評価します。

11149 : 犯共  屑張 ('19/04/03 19:51:39)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190403_482_11149p
(一)イメージの連鎖が続いていく。終わることのない永遠を垣間見せていく爽快な作品。
(一)話者の生活の一部を素材に切り取って読者との距離感が一気に縮まります。全体の文章の印象が役に立っており最後の単純な呟きが効果的に響く構造が出来ています。

11145 : 宣誓  まひる ('19/04/02 05:57:16)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190402_457_11145p
(一)温かさが輝いている作品。比喩の跳躍を思い切って、もっと先を掴んでも良かったかもしれない。

11140 : 生活  山田はつき ('19/04/01 04:49:23)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190401_434_11140p
(一)良い詩作品である。古いモチーフと書き方が現代社会にマッチしてしまっているというプロレタリアの悲しい復権に見えます。

11142 : 誕生日  星野純平 ('19/04/01 12:25:17)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190401_440_11142p
(一)リズムが良すぎる部分が引っかかってしまった。破調を組み込んだ先に広がる作品に思えた。
(一)この言葉の切り方の絶妙なカッコよくなさが印象的でもあります。単語選びがパワフルで一つのスタイルになりそうな特殊感があります。

11146 : ひとつのロマンス  鷹枕可 ('19/04/02 17:35:00)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190402_462_11146p
(一)硬質な独自の世界が確立していっている。タイトルに裏切りもあり面白い。
(一)少し美しすぎたかもしれないという印象があります。

11144 : ラズベリー  泥棒 ('19/04/01 22:16:39)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190401_445_11144p
(一)比喩を意地悪く使おうと爽快に跳ねています。もう一展開あると。

11150 : 縛るほど愛が生まれる  黒髪 ('19/04/04 00:41:49)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190404_484_11150p
(一)やりたいことは物凄く良くわかる。そのため文章量などの見直しなどが必要に思える。
(一)読んでいて気持ちのいい作品です。突き抜けたところはありませんが、一貫して関係性について表現できています。
(一)口語的に書いてある部分はノリが良くなっていてリズミカルです。突然これが始まると印象が強くなるのでは無いかと思います。説明的な部分を省いてみると面白くなります。

11139 : 陽の埋葬  田中宏輔 ('19/04/01 00:47:32)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190401_431_11139p
(一)死んだ魚や鸚鵡の骸骨が話をする世界でも、死んだ父と母は語らない。それは当たり前のことなのだが、実は話せないのではなく話したがらないだけなのではないか。この詩が終わったその後で、受話器の向こうから死んだ母の声が聞こえてくるかも知れない。そんな奇妙な感覚に陥る、不気味だが独特の美を感じさせる作品。
(一)瑞々しさと詩情の昇華が見事である。反復と差異の力が光る。
(一)三連目が特に良いです。現代で「電話」を上手く使うのはなかなか難しいと思いますが、それができています。

11143 : 私だった  イロキセイゴ ('19/04/01 22:11:42)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190401_444_11143p
(一)言葉の跳躍が面白い部分を保っている。今一歩のところまで来ています。
(一)ギリギリのところで不条理な文章とイメージが繋がリマセン。文章との境目でもう少し一つ一つに強烈なイメージを湧き立たせるセンテンスがあれば不条理へ持っていけるのでは無いかと思います。

Posted in 月間選考, 雑記 | Print | No Comments » | URL