文学極道 blog

文学極道の発起人・スタッフによるブログ

●2019年1月分・月間選考雑感(Staff)

2019-04-25 (木) 01:43 by 文学極道スタッフ

11029 : 姉妹たちに  渡辺八畳@祝儀敷 ('19/01/31 02:54:10 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190131_517_11029p
(一)アニメ「ケムリクサ」の二次創作詩。内容を知っているとその考察力に感心するが、知らなければ逆に制約なくイメージできるかも知れない。作品と切り離した詩として読んでも、骨格がしっかりしているので強度を失わない。
(一)癒し系としての力があります。
世界観空気感を醸し出し、改行が空気感に作用。表現そのものが植物的であると、樹というものを使って伝えてきます。

11033 : ちんちんのポジションを気にしながら、  泥棒 ('19/01/31 23:58:39)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190131_544_11033p
(一)天国と地獄という本来なら対局にあるはずの場が、実は紙一重の位置関係にあるのではないかという発想の転換が面白い。語り手のちんポジは、果たして天国と地獄どちらに位置しているのだろうか。
(一)とても笑わせていただけました。
男の哀愁をあたり一面に放射しつつ、その反響で実像を結んでいる。
(一)いきなり気になるような言葉から入って来、何でもない生き物としての感覚を上手く表現している箇所、普通の語りっぽい言葉で読み手に親近感を与えつつ中だるみはしていません。

11028 : 茂り始める初夏  イロキセイゴ ('19/01/31 01:04:44)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190131_514_11028p
(一)クロウカードを調べてようやく、ガーター勲章やタオイズムが出て来た理由がわかりました。勢いの良いところがあるので、口調と文節に一貫するイメージがあるかを突き詰めたり、心情の部分がもっと情熱的だとぼんやり見過ごせないものになったのではないか。

11030 : 台所の廃墟  帆場 蔵人 ('19/01/31 09:07:30)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190131_523_11030p
(一)叔母の形見分けでたくさんのピクルスの瓶と犬の首輪を選んだ語り手。それぞれの瓶を「王族の墓」と表現する視点と、それを使い犬の首輪で輪投げをするという行動がユニーク。主の居なくなった台所の廃墟を歩く猫。叔母と犬は死の世界、語り手と猫は生の世界に隔てられている。台所という日常的な場が、その2つの世界の境界線になっている。詩人の目を持っていなければ書けない作品だと思う。
(一)一連目が説明になってしまっていないかどうか。他の連とのバランスが悪いことが非常に気になった。瓶と廃墟の比喩は面白く立ち上がっていた。
(一)古めかしい中に比較的新しい単語が入っていたり、バランス良いと思います。懐古趣味的世界観を表すことと亡くなった人物への大袈裟でない感傷で、亡くなった人の部屋に漂う哀愁がさっぱりと出ています。

11027 : そこには戻れないが、どこかには帰る。  空丸ゆらぎ ('19/01/29 21:30:34 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190129_493_11027p
(一)「回転」、「流転」、「反転」をテーマに展開する3編の詩。構成に工夫が見られ、ちょうど良い歯ごたえになっている。宇宙飛行士の部分は人によって評価が分かれるかも知れない。
(一)三連画のように結びつきが振りあがっていく。書き言葉を直接だしていくことに関して上手く作品を、まとめている。
(一)まずタイトルに深みを感じさせます。
小タイトルも普遍的メッセージを感じさせるものです。
2連目の流転は分かりやすく書いてはあるけれども説明的ではなくて、詩の文章になっています。気になりつつわからないままのものがあり、最終連で何か違ったまま断定されるような若々しさ。修正前も熱気を感じさせるものです。

11032 : ●月〇日  山人 ('19/01/31 16:00:07 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190131_534_11032p
(一)実存としての編み方が立脚している。上手い。
(一)出だしは凡庸ではあるけれどもインパクトがあり、途中の口語も何気なくて良い印象です。共感を呼ぶフレーズもあり説明的になっている箇所もあります。
彼女らの存在が謎なまま終わり、ここで表現しているところの何なのかについて、想像を促す記述が少なく、掴み所がありません。

11019 : 円形劇場  鷹枕可 ('19/01/24 09:44:58)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190124_407_11019p
(一)鷹枕可さんの作品は漢字の多用もあり一見すると読みにくく、内容も難解であると感じる人が多いのではないだろうか。それでも四苦八苦してながら最後まで読んでしまうのは、作品の個性と力量ゆえだろう。
(一)作者の作品は独自路線を走っており心地良い。
(一)1連目、エヴァンゲリオンの世界のようなものを連想しますが、単語の連なり方イメージが想起できず。しかしところどころにあるあるのような、わかると言いたいようなイメージが配置されています。短い時間で気付かされることは難しい。

11012 : 変なおじさん  自由美学 ('19/01/18 05:37:03)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190118_318_11012p
(一)タイトルで自嘲的に作品を進めていっており、だからこそ綿密に紡がれた自己の駄目な部位が詩として昇華されていく。名作かもしれない。心を掴まれた。
(一)共感を呼ぶ素直な吐露や情景描写は良く、おじさんのキャラクターも良いですが、急な展開で置いて行かれます。

11020 : 削って削って削って削って削っても私が私が私が私が私  泥棒 ('19/01/24 15:07:04)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190124_412_11020p
(一)初読時は特定の投稿者を皮肉ったものかと思ったのだが、実際は読み手だけでなく作者ですら語り手の中に含まれていることに気付いた。創作だけでなく批評やそれに対する返信など、すべてにおいて肥大気味の自意識が見え隠れしている。そのことを思い出させてくれる作品。読みにくい文字配列にも関わらず、最後まで一気に読ませてきちんとオチを持ってくる文章力も評価したい。
(一)自我意識が肥大した部位を突いてくる皮肉を描き出している。巧いしエンタメに富んでいる。
(一)問題提起として読みやすい。手紙のようなスタイルは読む人が受け取りやすい効果があり、途中から笑わそうとするような要素もあります。理解できるとは言い切れないものをテーマにし、負けないゲームをしかけるため、振り回されることを楽しむことができれば。

11013 : ミセモノ  井上 紅華音 ('19/01/19 15:57:59)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190119_362_11013p
(一)比喩に昇華されきった作品。更なる踏み込みが大切かもしれない。
(一)マザーグースや数え歌のように見るとリズムがあり面白いですが、世界観の設定がはっきりとしていない印象がありました。

11018 : Good-bye  鴉 ('19/01/23 23:39:51)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190123_406_11018p
(一)個人的にこういう難解な詩は好みなのだが、難解な中にもひとつの方向性が示されていなければならないと考えている。この作品は各フレーズが魅力的なのだが、それぞれが勝手な方を向いてしまって統一感に欠けるのが残念。
(一)手法と技巧が、しっかりとした手腕によって結実している。
(一)タイトルから、孤独と孤独を癒す関係とその終わりに導かれるように詩が続きます。
言葉の並びが非常に美しい連がありましたが、イメージははっきりとはしない。
最終連は突然雰囲気の違うようなイメージになりますが、全体的には生を感じさせます。

11025 : 嘘  kale ('19/01/28 14:52:29)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190128_467_11025p
(一)悪くないと思う。最後の連が、もっと上へと行けるのではないか、と思った。
(一)抒情的な空間を、一言一言区切るような語り口で切り取っている。
(一)演歌的悲しい詩ですが、全体で分かりやすく、小さいドラマのようになっています。
状況を見て、感覚を楽しめれば。

11021 : 『蟲』  尾田和彦 ('19/01/25 20:17:10)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190125_422_11021p
(一)実存がある詩である。これこそが詩なのでは、と思ってしまった。
(一)紋切口調が諸処に置いてありますが、説得力にはつながっています。
身近な出来事も配置して、日常生活に心情や考え事のようなつぶやきも足すことで、文章を身近に感じさせます。最終的に感情的な部分が出て来ますが、化けると熱い詩の予感がします。

11016 : 藍色ドライ・シロップ  鈴木歯車 ('19/01/22 20:08:08)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190122_393_11016p
(一)選者の世代だとN.S.Pの歌詞などにある微かな病的さや、村上龍の「限りなく透明に近いブルー」のラストなんかを想像する。青春は青い春と書くが、この詩においては藍色の冬といったところか。スピッツなどイメージを特定する単語を出してしまったのが残念。
(一)「,」を「、」もの方が良いかもしれないと思う。ただし、その細かなところを省いても丁寧に紡がれている良作だと思う。
(一)陰鬱な空気を纏いつつ、清涼感を感じる作品である。口語体の形をとりつつ、句読点で変化をつける。
美しい作品。
(一)圧倒的熱のなさ。時代の一つの様態と云えばそうです。悪い意味とは限らず、青臭さ、現代の若者の感性も感じます。

10993 : つきみるつきみつきみは  まじまっ ('19/01/10 03:34:51)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190110_004_10993p
(一)この作品もタイミング的に特定の投稿者を意識したものかと思ったが、内容的にはそうではないようだ。少女、あるいは若い女性と月、子宮、堕胎といった組み合わせから、性的なイメージが立ち上がってくる。語り手と「もう1人の人物」の関係性から色々と不穏な妄想が膨らんでいく。描写力も文句ない。
(一)12chの部分など上手い。
(一)ひらがなの多さは、柔らかく女性的な印象も持たせますので、文章から発せられる薄いピンク色のような空気とのバランスも良いです。女性的な雰囲気で終わっているため、刺しに来る箇所が欲しくなります。

11022 : 意見と豚  反 ('19/01/25 21:38:22)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190125_424_11022p
(一)意見を言わなくなっている人への意見、演説という形になっています。
自らの深みをここに足して行って頂きたい。

11024 : RE:123123123  123123123 ('19/01/26 14:09:34)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190126_432_11024p
(一)不快感を与えることに成功している。気怠い消費財になっている(一)メタな詩なのかもしれない。
対話形式で読みやすくはなっています。内容はネットで詩を書いている人がこじらせた状態を「体現」している。そういう読み方をすれば、有意義かもしれません。

11000 : 檻  まじまっ ('19/01/14 00:07:06 *4)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190114_162_11000p
(一)一読して頭に浮かんだのは「慰安婦」という言葉だった。あるいはそう誤読させるための罠が仕掛けられていたのかも知れない。そもそも「ぺぶ」という人物は本当に存在していたのか。そんなことまで考えてしまうほど、この詩には仕掛けがいっぱい隠されているような気がする。それは、わくわくする仕掛けである。
(一)国を対象化しており美しさと悲しさが詩情を持って立ち上がる。
(一) 素直に上手いと思う。テンポも歯切れがよく、人物が「意識を持って」動いている。
長い文面であるが、読者を引き込むだけの筆力を感じる。
(一)シモの話をしている文章です。暗い感じの、アゴタ・クリストフの小説のような世界観があり、文章は上手ですがそれだけにハードルが上がります。感動とか、心が動くとかいうものではありませんが、文章の一つのスタイルとしては味が強めですので、影響力を持てる可能性が隠れています。

11023 : ありふれた邪神  響真 ('19/01/25 22:32:14)  [Mail]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190125_427_11023p
(一)幼さ、弱っている。好んでくれる相手から去ったり、好んでくれる相手を邪険に扱うことができる。愛されているから、執着されているから持つことができる残虐性を表しています。
このテーマにはもう少し深度が必要かとおもいます。

11017 : (無題)  玄こう ('19/01/22 21:51:41)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190122_394_11017p
(一)純粋に美しい。自然の描写が風のように駆け抜けてゆく。
(一)非常に美しい。雰囲気、空気を醸し出すための文章。ことんと上品に置かれた言葉。

11004 : flight  白犬 ('19/01/14 20:27:15 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190114_207_11004p
(一)作者独特の世界観が美しいが、最後の部分がオチ的にも表現的にも平凡なのが惜しい。好きなものだけでなく、色々なものを吸収すると良いのではないだろうか。
(一)筆者の作品は歌詞の構造をテンポよく組み込んでゆくのが上手いと思う。詩的文面の中にアクセントとしてリズムが浮かび上がり、ロックの炎がチラチラと燃えている。

11005 : やわらかいおり  渡辺八畳@祝儀敷 ('19/01/15 06:31:10 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190115_242_11005p
(一)自らの身体から出た、「スライム」という柔らかい牢獄に包まれるという発想はいかにも作者らしい。表現は文句ないのだが、基本となる設定はやや新鮮みに欠ける。
(一)作為的でありながら作者の素直な部分が染み出しており作品にかける思いすら前に出てくる。良作。
(一)冒頭の強さがいい。鬱屈した哀愁の中にありながら、自らの化身であるスライムを指先でつついている。それは肉体的対話のようである。
(一)とじこめられなさそうなタイトル。二連は余興的。自分の孤独感から身を守るための心理的作用を起こす人間の心情が物質的に不思議に書き表されている様子が不思議。

10978 : ニューヨーク天神駅「2002年金星または人類は衰退しました」  オオサカダニケ ('19/01/01 11:16:00)  [Mail]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190101_706_10978p
(一)言い方が面白かったり、言い切る口調に疑いを感じさせたり、する箇所がありますが、訴える文としては共感性に欠ける部分があります。

10989 : 昨日の夜の絶望  いけだうし ('19/01/08 00:05:20 *4)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190108_898_10989p
(一)男子学生のダサいとも言える哀愁が見事に具現化されている作品。読んでいて惹きこまれる。
(一)眠れない人のあるある話から始まりますが、ペットの悪口を言い、ペットからいつの間にかそれが彼女になり、最後の落とし方はどうだろうかと思いますが、心情、話の流れなど、目を惹くものがありました。

11011 : 窓に夕日の反射するアパートに帰宅する  ゼッケン ('19/01/17 19:27:34)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190117_301_11011p
(一)児童虐待をテーマにした詩だが、単なる告発や倫理観の押し付けではなく「親になれなかった親」の心理状態まで踏み込んでいるのが良い。またギャグとシリアスのバランスも絶妙。あと蛇足ながら付け加えさせてもらえば私は選考に参加した時点で(中略)なので今回の評価は忖度の結果とかではないということを、はっきりと伝えておきたい(鼻息
(一)世相を反映しながらエンターテイメントへと昇華していく作品。苦々しさの先にある作品の奥深さが光る。
(一)生活感あるノスタルジックな題名から、意外なぶっちゃけ、非常に大掛かりなシーンで描かれておりスケールも大きく、技術のある書き方です。こんな児童相談所があったらびっくりという内容で、物語や演出としてとても上手です。影響を与えるならもう一声。

11010 : 自称詩人の詩(うた)  田中恭平 ('19/01/17 10:08:15 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190117_294_11010p
(一)作品自体は良質なのに「自称詩人」を冠の一部に被せてしまうことで狭めてしまっている。
勿体ないと思う。
(一)語り口と情景のバランスが良く、与える印象がきちんとあることも感じ取れます。
深いところや、当たり前だけれども共感を呼ぶ言葉などが主張しすぎず並んでいます。

11003 : 個人  反 ('19/01/14 14:23:17)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190114_197_11003p
(一)良い考えのとっかかりをしていると感じさせられます。自分へのメッセージのようなニュアンスがあると説得力が増すでしょう。突き抜ける姿勢で破り切るまで。

11006 : 怖がらないで  黒髪 ('19/01/15 06:42:32)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190115_244_11006p
(一)個人的な感想ではあるが作者はとてもゆるやかに、しかし確実に成長するタイプだと思う。今回、その成果がはっきりと現れたと言える。「書けないやつはどれだけ努力してもダメ」という意見もあるようだが、こういう実例を見れば「そんなことはない」という気になる。この感覚を忘れずに書き続けてほしいと願う。
(一)素直で腹を割った率直な言葉遣いが見る人に警戒心を与えない効果を持っています。
急な語りかけは目を引き、説教臭さや演説臭さがなくなっています。
言葉がストレートすぎて捻くれている人が見ると小っ恥ずかしいような印象もあります。

10986 : 偶像(眠りにつくための覚書)  アラメルモ ('19/01/07 04:25:57 *15)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190107_861_10986p
(一)大作であり作者の作品として高い位置にある。このスタイルで何作か書いていって欲しいと思った。
(一)描写が上手く、人の中での重いテーマに対峙する気持ちの文章を講じることが出来ています。呼びかけや語り口調も効果的になっている。

11008 : 銀白の鱗  は ('19/01/16 01:32:09)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190116_266_11008p
(一)人に心を許させる、なつっこい文章。はぐれ者、変わった人、アウェーでありつつ、普通の人の感傷のような文章。最後に脱力して凡庸な結論に陥ってしまった感があります。

10996 : rivers  完備 ('19/01/12 00:14:04 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190112_099_10996p
(一)この詩における「ラブソング」は「最終兵器彼女」の最終話におけるそれと同じ意味と重さを持つのではないかと考えた。読んでいるとDonovanの「The River Song」が頭の中で流れはじめた。次に読むとドアーズの「水晶の舟」が聞こえた。どもる、どもらない。記憶と忘却。川面と川底。色褪せてしまった、あるいは永遠に色褪せない、恋。作者の力量が遺憾なく発揮された作品。特に最終連の美しさは特筆に値する。
(一)短い言葉でスタイルよくして詩として昇華されている。上手い。
(一)やさしい言葉を使ってストレートな表現をすると陳腐になりがちですが、これは上品にしっかりと情感があります。

10997 : (無題)  あーちゃ ('19/01/12 00:53:52)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190112_104_10997p
(一)オマージュするにはオリジナルとの熱量が圧倒的に異なってしまうのを、署名によって適当にカバーしている作品。

10998 : 普通に暴力と  黒髪 ('19/01/12 04:33:50)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190112_111_10998p
(一)比喩として昇華されていた以前の詩作品を懐かしく思います。もっと跳ねても良いかも。
(一)詩情と言葉のバランス。独特の言葉の切れ方が良く作用しています。ところどころ理屈が強引で説得力に欠けますが、独自の書き方。真っ直ぐさを感じられます。

11001 : オリオンを超えて  朝資 ('19/01/14 00:14:53)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190114_166_11001p
(一)とても上質で上手い。三文目が更に飛躍できそう。
(一)落とし所がロマンチックすぎるために前の二行が勿体無いことになっています。

10994 : Alone and satisfy  青島空 ('19/01/10 23:10:37)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190110_056_10994p
(一)分かるという感覚が充溢している。若さのまま、このまま書き続けて欲しいと思う。
(一)情景を浮かぶように描くのが細密で上手です。
布団がもっと強烈に来てくれると面白く、情感も盛り上がりそうです。

10992 : 不純のスープ  帆場 蔵人 ('19/01/09 23:39:16 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190109_991_10992p
(一)詩的純度の高い作品である。ただし「"」で区切られる「私」という存在を、もっと滑らかに出来たのかもしれない。
(一)安直かとおもう表現もありましたが、殴り合う激しい愛を描くには適切なものなのではないかと思わされました。スープ作りのリフレインもとても面白いのですが、もっとスープを迸らせることができるのではないか。

10999 : 月刊詩  紅茶猫 ('19/01/12 18:22:51 *2)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190112_119_10999p
(一)「詩」という単語を使ってしまう際の脆さを同時に抱えてしまっている作品である。これまでの形式と同等の在り方の作品を模索していく過渡期なのかもしれない。

11002 : 好きなもの(2004)  中田満帆 ('19/01/14 00:30:13)  [Mail] [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190114_170_11002p
(一)2004年の「なにもかもに孤立したい/なにもかもを敵にしてやりたい」と、2019年の「いずれにせよ、ぼくはあたらしい詩を書くつもりだ」という言葉を個人的に支持したい。作者に関しては成長より熟成という言葉が似合う気がする。この荒削りな手法を信じてこれからもサイクロン号で突っ走ってほしい。
(一)文章表現が独自のものであり読みやすい。その上で更に先へと行けそうでもある。

10995 : (無題)  コテ ('19/01/11 04:13:03)  [Mail]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190111_082_10995p
(一) 「小石」と「エッチ」という言葉の選択に驚きを隠せない。

10977 : 全ての読み手へ  環希 帆乃未 ('19/01/01 00:24:06 *64)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190101_684_10977p
(一)構成の仕方が上手い。最後まで平面性の中に存在している状態が続いているようにも思える。しかし、それも上手く作用している。

10985 : 陽の埋葬  田中宏輔 ('19/01/07 02:28:59)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190107_859_10985p
(一)作者の筆力に変わりはなく、相変わらずのクオリティを保っている。だが同名の連作として考えると今回は少し驚きが足りない気がした。
(一)精巧な文章の綴りが実話をも全て詩として昇華されていってしまう美しさ。麗しさがあります。

10990 : アポロン  朝資 ('19/01/09 02:08:06)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190109_964_10990p
(一)体言止めの多さが非常に気になる。もう少し言葉の現代性を持って行って良いと思う。

10984 : 詩的殺人事件  松本義明 ('19/01/07 01:55:42 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190107_858_10984p
(一)もう一歩、工夫が必要に思える。

10981 : echo  完備 ('19/01/03 01:26:41 *6)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190103_755_10981p
(一)タイトルのエコーは本文の内容から「胎児エコー検査」のことだと勝手に読んだ。その上で胎児にとって悪影響を与える「タバコ」の意味についても色々と考えさせられた。位相ゆえに噛み合わない会話。書き出しと最終連のセンスが光る。
(一)傑作である。人間の光と闇を淡々と書いている。

10983 : 居ない  玄こう ('19/01/04 01:40:38 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190104_798_10983p
(一)ある日、いきなり居なくなった近所の犬。おそらくは虐待されていたのであろう犬と語り手の関係が切ない。「したるみず」が「したたるみず」の間違いでなければ方言なのだろうか。
(一)描写も丁寧であり、最後のまとまりへと流れ込むテクニックも見事。あと二連目が気になった。

10976 : 陽の埋葬  田中宏輔 ('19/01/01 00:03:25)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190101_683_10976p
(一)作者はすでに他人が簡単に真似できない技法を確立している。この作品などが良い例だが、やはり創作者にはインプット(教養)が重要であるということをあらためて認識させられた。美しい文体は読んでいて勉強になる。
(一)()からのフォルムと旧仮名遣いが「。」の引用にまで繋がっていき大傑作となっています。技巧も上手く詩情の放たれ方も見事。

10982 : 善悪の相続  コテ ('19/01/03 09:33:01)  [Mail]
URI: bungoku.jp/ebbs/20190103_764_10982p
(一)序文のようなものを一歩、前に進めて行ったほうが良い。『戒と律』は読みごたえがあった。

10979 : the play  白犬 ('19/01/01 12:34:58)
URI: bungoku.jp/ebbs/20190101_722_10979p
(一)作者独特の世界観が美しいが、最後の部分がオチ的にも表現的にも平凡なのが惜しい。好きなものだけでなく、もう少し多様なものを吸収すると良いのではないだろうか。
(一)一行空白に慎重になっても良いのかもしれない。言葉の新鮮さが刺さってくる。

Posted in 月間選考, 雑記 | Print | No Comments » | URL

2019年1月分月間優良作品・次点佳作発表

2019-02-28 (木) 01:24 by 文学極道スタッフ

2019年1月分月間優良作品・次点佳作発表になりました。

※「2018年・年間各賞」は4月中旬に発表予定です。

Posted in 月間選考 | Print | No Comments » | URL

●2018年12月分・月間選考雑感(Staff)

2019-02-04 (月) 16:39 by 文学極道スタッフ

10970 : 風の谷の崖の上の右の横の丘の下の変なおばさん  泥棒 ('18/12/31 18:21:45)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181231_669_10970p
(一)変わった方を誇張して書いている。寂しさを感じるエンタメ作品。
(一)鋭い人間観察とユーモラスだが毒のある筆致。リアルでもネットでも確かにこういう人っているなと思わせると同時に、自分もそうではないかと考えさせられる。ただ余白の使い方が大雑把に思える。ここまで空ける必要があるか疑問。

10975 : 小品 続き 15〜19  空丸ゆらぎ ('18/12/31 23:42:28)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181231_680_10975p
(一)始まり方が勿体ない。作品として良質なものと、そうではないものの差がある。

10971 : 冬にむかう 三篇  山人 ('18/12/31 20:49:47)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181231_672_10971p
(一)この作風として領域の高い場所にいると思う。非常に上手く巧みである。人間性を感じる。
(一)情景を描くことで自らの心情を表現しようとする手法は成功しているが、初連が少しくどく感じる。もう少し整えられるのではないだろうか。

10973 : ひとりであるく  いけだうし ('18/12/31 23:14:53)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181231_676_10973p
(一)最終連などが丁寧さに欠けている。ただし作者は、どんどん上手くなっている。

10972 : セロファンの月  ゼンメツ ('18/12/31 23:07:10)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181231_674_10972p
(一)一連目が非常に上質である。最終連が、もっと上向きになっていくと傑作になったと思う。
(一)非常に繊細な世界を、読むときに思わず息を止めてしまうような緊張感の中で描いている。セロファンの薄さで分解された情景は泥と月といった極端な存在によって、それぞれを互いに際立たせていると感じる。
(一)磨き抜かれたセンテンスがキラキラと輝いている。
平仮名と漢字のバランスのとり方が視覚的な美しさと柔らかさを生み出している。

10969 : 鳴動  トビラ ('18/12/31 17:20:00)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181231_668_10969p
(一)構成など上手くなっている。

10943 : 揺蕩う  氷魚 ('18/12/08 16:25:01)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181208_139_10943p
(一)言葉が凝集性を持っている。更なる飛躍がありそう。

10964 : 小品21(から14へ)  空丸ゆらぎ ('18/12/24 22:16:47 *2)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181224_573_10964p
(一)良い作品と、そうでもない作品の混交が目立つ。
(一)はっとするフレーズもいくつかあるのだが、全体を通してみるとムラが多すぎる。鋭い視点のものもある一方で、平板な表現に終わっているパートも少なくない。
(一)余白に詰め込むように言語が散らばっている。美しい作品。

10968 : アンタなんかしなない  ゼンメツ ('18/12/29 01:22:07)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181229_611_10968p
(一)平面さと薄さを活用した詩作品。現代性を編みながら、きちんと丁寧に作り上げている。
(一)四畳半フォークの世界を無理なく現代に置き換えたような印象。それが成立するのは、時代が変わっても愛し合うことで感じる孤独というものは変わらないからかも知れない。最後の自らを突き放したような一行が良い。
(一)現代口語体を主軸にすることは非常に危険な側面を持つと思うのだが、筆者の鮮やかな切り口が帰って爽やかさすら感じる。主張にも共感しか感じえない。
(一) 
今月の選考で一番時間がかかったのはこのゼンメツさんの作品でした。
最後の最後まで優良か佳作か迷って、最終的に佳作推挙にしたんですが。

この「アンタなんかしなない」はとてもよく出来た作品だと思う。何だったら、技術的には完備さんと同じくらいすごいことをやってのけてると思うし、今の文学極道でここまでロジックをコネコネして文章と真面目に対峙している人はいないと思う。というか、真面目すぎるぐらいだなと感じるくらい。そういうのってどうしてもバレるし、作品にところどころ登場する「チメー的」「トーゼン」みたいな人工的な天然っぽさは、書き手の真面目さをぼやかしたいためのカモフラージュ、いわば照れ隠しに見えてしまうのはわたしだけでしょうか。
 
 さて、作品の良いところから。
 
まず、番号を振ってあるのに物語性が薄いところ。これ、きっと番号ないほうが書きやすいですよね。こういう風に番号を振る(=場面転換をする、区切りをつける)という行為をすると、それぞれの連の繋がりがどうしても薄くなってしまう。そうなると、ある程度の反復性や物語性をもってそれぞれを繋げる必要がでてくるんですが、この作品はそのどちらもしないで、それぞれの連を繋いでる。それってかなり大変なことだと思うんですが、サラッとやってのけてしまってるあたり、筆力がないと無理ですよね。 

次に、記号の使い方がうまい。「」って普通はセリフとか、固有名詞が入るものだと思うのですが、
>今日も最愛のキミが、瞳や鼻の周りをぐじゅぐじゅにしながら「なにか」唸っている。
とかぼんやりした不明なものを囲ってみたり
>自分はこの「寒空の発生源」だ、とでも言わんばかりな、あかるい薄藍色のダッフルコートの、
とか色彩豊かな象徴的な何かを囲ってみたり
>僕はほんの少しだけ考えてから「エキチカ」とだけ名乗り
と最後の方はセリフとして「」を活用している。
こういうの、パズルみたいだなというか、手品を見てるみたいというか、こういうのやっちゃうんだ、すごいなあという素直な気持ち。言葉に対して器用なんですね。

 あと、あえて繰り返し言葉を使って、それでも読み手に読ませるところ。
>様々をぶっ倒してぶっ倒したやつらからぶっ倒した分だけ奪って、そいつを腕から惜しげもなくぶっ放しながらいつまでもどこまでも突っ走っていきたかった。
こんなことしたら、普通はもっと読めない文になって、面白くない文章になっちゃうから、凡人は絶対こんなことしないと思う。それでもあえてやってみて、なんかいい感じの文章に仕上げちゃうんだから、普通に悔しい。ここはかなり攻めましたよね。
 
最後に、ハッピーエンドに仕上げないところ。
読み手は結局、救われたいんですよね。明治安田生命のCMみたいな作品ばっかり書いてきたわたしにとって、こういうラストは正直、わたしの小さな力量では本当に無理で、なぜなら、みんな救われたいと思っているのを知っているから、みんなが言われたい言葉を言ってあげるのが一番楽だし愛されるじゃないですか。こういう、マイノリティ側で勝負してる人ってめちゃくちゃカッコいいと思うし、わたしにはできないなって思ってしまう。
 
ここまでベタ褒めしてきて、最後にダメ出しするのかよって、そういうはなしの展開の仕方ってどうなのかな、と思うんですが、こういう良いところを踏まえて、わたしはこの作品を優良ではなく佳作に推した理由をお伝えします。
 
上の通り、ゼンメツさんってめちゃくちゃ書ける人で、本当にすごい人で、今の文学極道の中でも最高にクールな書き手だっていうことが、この作品では分かりづらいんですよね。コメントでオオサカダニケさんが「3連目まででいいやろこれ」とおっしゃっていて、わたしも一読した時は同じような感想でした。でも、何回か読んでるうちに、これ、実はすごいことしてるんじゃない?という気持ちになってきて、その「すごいこと」の全貌がわたしにはきっと把握しきれてないと思うんだけれど、やっぱりそのすごさっていうのが分かりづらい。
例えば、安直に共感ばかりを求める人がゼンメツさんの作品を同じように好きかどうかとなると、自信を持って好きだとは言い切れない。詩をたくさん読む人なら好きかもしれないけど、世の中の読み手ってみんな時間がなくて、意外とみんな細かくなんて読んでくれない。ゼンメツさんは多分頭が良いから、読み手の賢さレベルを見誤ってるのかもしれない、とさえ思う。
ゼンメツさんに似たような書き手として思い浮かぶのは、いかいかさんや芦野くんなのだけれど、彼らは自分の技術を客観的に自覚していて、その力量を分かりやすく他人に見せるのがうまいと思う。わたしはこういう技術的なところで文章を魅了するということを全くしない人間だし、そういうのには興味がないけれど、もしゼンメツさんがそういう立ち位置にいるんだとしたら、分かりやすく自分のやってることを提示するというのはどうしてもやっていかなきゃいけないことなのかなと思う。
「別に、俺のすごさなんて別にわかってもらわなくてもいいし」みたいな感じだったら申し訳ないのだけれど、でもわたしとしてはみんなに、ゼンメツさんて本当にすごい人なんだよ、みんな読んで、絶対読んでって言いたいし、みんなにもゼンメツ作品を好きになってもらいたい。
 
というところで、わたしみたいなチープな書き手が、優良よりも佳作推挙にするという方が、今後のゼンメツさんにとって良い選択なのではないか、という気持ちがあって、そのような結果になりました。なんていうか、こんなチンチクリンに佳作にされたくねーわってきっと思っているんだろうなあ。すみません。
  
 最後にこれからの話として、ゼンメツさんとわたしに共通してるのは「自信のなさ」みたいなものがお互いのベースとしてあるなと勝手に思っていて、わたしたちはそういう「自信のなさ」を原動力にして、こうじゃない、とか、そうじゃない、とか、やっぱりこうかも、なんて言いながら「駅近のうろうろ」に成り果てて、作品の強度を高めていっているのかなとも思っていて。わたしはずっと自信をなくしたまま生きていきたいし、ゼンメツさんも自信を持たない(持てない、じゃなくてね)まま生きていくんだろうな、と思う。
でもそれってやっぱりちょっと辛いから、こうやってゼンメツさんが作品を文学極道に投稿するたびに、わたしは真摯に読み続けたいと思う。大した批評ができないのが本当に申し訳ないのだけれど、それがわたしにできる精一杯の応援のかたち、ということで。これに懲りずに、また作品、投稿してください。お待ちしてます。

10938 : 2:12 AM  アルフ・O ('18/12/05 23:06:02 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181205_066_10938p
(一)短い詩作品としてエッジが効いている。巧い。
(一)作者の作品世界を試聴するのに最適だと考える。詩を書く人なら短詩の難しさは理解していると思うが、この詩はギリギリの部分まで削ぎ落とされた美しさがある。
(一)ア・フォーリズム。省き切った蛇足。核心中の核心。詩で個展をすることがあるなら、入り口に大きく飾りたくなるような詩のコピー。

10957 : 貸出カード  愛々 ('18/12/17 07:16:03)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181217_372_10957p
(一)全くもって悪くない。では取り分け優れているかというと替えが効くものがある気がする。
抒情的であり恋愛の表層的な部位が美しく書かれていると思う。

10922 : それは素粒子よりも細やかそれはあやとりそれは贈り物  つきみ ('18/12/01 00:03:11 *2)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181201_924_10922p
(一)「つきみ」という語が最後出てくるところが気になった。だけれども、それを引いても良いと思う。
(一)最終連を追加しなければ躊躇いなく優良に推していた。どうしてこれを追加したのか理解できない。これを言語化してしまうことで、それまでの圧倒的に豊かなイメージの洪水がまったく正反対のカルト宗教的な胡散臭さへと変貌してしまった。

10956 : 貧乳が添えられている  渡辺八畳@祝儀敷 ('18/12/17 02:23:44)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181217_365_10956p
(一)改行に関して、もう一歩進むことが出来た気もする。作品は惹きこまれた。
(一)一読して佐伯俊男のエロティックなイラスト(セーラー服の女子高生が舌の長い男の生首が入った箱を持ち帰るやつ)を連想したのだが、内容はそれぞれが欠けている男女の哀しく残酷な物語。これを何の喩えと解釈するかによって評価は大きく分かれるかも知れないが、自分のことのように受け取ってしまう人もいるのではないだろうか。 相変わらず読み手を挑発して語らせるのが上手い。

10959 : いちにのさんすう  白紙 ('18/12/18 06:02:07 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181218_400_10959p
(一)数式と作品のサンドウィッチが興味深く伸びている。
(一)数字に弱い人でも入り混じる偶然と必然に思わずニヤリとしてしまうことだろう。特にジム・モリソンの誕生日とジョン・レノンの命日の部分は、良く気がついたと感心してしまった。単なる知識の披露に終わらず、詩としてもきちんと成立している。
(一)リズムよく組み込まれる数列が視覚を楽しませてくれる作品。

10952 : ドラキュラ  泥棒 ('18/12/15 09:01:05)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181215_272_10952p
(一)途中まで傑作だと思った。最終連が更なる飛躍を持てそう。

10947 : 酩酊  山人 ('18/12/13 18:37:32)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181213_240_10947p
(一)二連目が、もう少し進めたのではないか。
(一)タイトルの通り少しずつ酔いに支配されていく語り手の、人間観察の鋭さが読み手に生きていくことの厳しさを突き付けている。母親という立場の女性にとって、彼女に同情的な語り手は単なる不審者でしかない。その現実が哀しく、痛い。

10962 : わたしに咲く薔薇  帆場 蔵人 ('18/12/22 02:37:26)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181222_521_10962p
(一)題材への接近は素晴らしい。あと、もう一歩。
(一)モチーフが古いが近代詩の詩情を十分に編み込めていると思う。

10948 : Clockwork screaming kiss her kiss her  アルフ・O ('18/12/13 21:01:14 *3)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181213_241_10948p
(一)これまでと違った技法で描かれていることが分かる。新たな世界を創造していっている良作。
(一)タイトルや作中のフレーズなど、この作者の作品の中では元ネタがとてもわかりやすい。プリプリを知っていれば感動が5割増しくらいにはなるだろうが、知らなくても詩作品としていわゆる蔑称としての「ポエム」と一線を画している。

10961 : best , heart beat  白犬 ('18/12/19 20:52:55)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181219_448_10961p
(一)作品世界が、どんどんと前に進んで行きます。だんだんと自作品への色が結実していっています。
(一)あと一歩の感覚がぬぐえずにある。それは、しかし詩としての大切なものが確実にあるという証拠でもある。これからも読み続けていきたい。
(一)この作者も独特の世界を構築しているが、優良にするにはあと少しという状態が続いている。今回は「ぱた ぱた」や「うぅ」がマイナスポイントとなった。

10960 : 人形(ドール)  アラメルモ ('18/12/19 02:00:46)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181219_428_10960p
(一)せっかく「誰もいない。ここにはもう、誰もいないんだよ。」という素晴らしい最終行があるのだから、括弧を使うなどの凝った表現は不要ではないか。最初の3行における人形の描写ももたついているのが残念。
(一)古びた人形という沈黙のモチーフが、沈黙をもって語りだしたように感じられました。
男は語らされているのかもしれない。

10935 : 顔の良い白人女   イスラム国(Staff代理投稿) ('18/12/05 02:48:50)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181205_041_10935p
(一)表現において「差別用語」を使用することの是非について、敢えて挑発的な内容で意見を求められた気がした。そういう意図があるがゆえに「差別用語」を使わなければ成立しないという皮肉な結果になっているが、そうした実験作でなければ特に使う必要があるとは思えない。

10953 : or  完備 ('18/12/15 13:24:55 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181215_278_10953p
(一)中途半端に仕上がっている。
(一)非の打ち所がない。生まれたままの姿で立つ人間の肉体を包み込む虚無をつかんでいるような作品。

10951 : 垂乳根の月、Milky Moon Christmas 二編  本田憲嵩 ('18/12/14 01:02:06)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181214_254_10951p
(一)「Milky Moon Christmas」が「垂乳根の月」のレベルの高さに達していないと思う。

10933 : 六年間  朝資 ('18/12/04 12:55:57)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181204_027_10933p
(一)言葉は上手い。詩として更なる成長が期待できそう。

10949 : 干し芋  松本義明 ('18/12/13 21:10:20)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181213_243_10949p
(一)幼少期の味覚などを交えながら編み上げていく。一段階上の作品となっている。

10932 : Soap bubble miss space.  つきみ ('18/12/04 12:04:46 *2)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181204_025_10932p
(一)荒々しい部分が光るが作品として成り立っている。もう少しだけ伸びていけそう。

10944 : 画の制作における言葉メモ  玄こう ('18/12/10 01:36:31 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181210_181_10944p
(一)タイトルが、そのままなので勿体ない。中身は良い。

10940 : 花受と錫  鷹枕可 ('18/12/07 15:00:57)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181207_107_10940p
(一)美しい自然のヴィジョンが広がるが、少し人工的に整いすぎている感が否めない。 土を耕すことは、よいことです。

10939 : 僕にとっては流線形  松本義明 ('18/12/06 09:55:18)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181206_074_
(一)形態が美麗であり詩的構築が際立っている。

10934 : 今うつろに  は ('18/12/05 00:54:37)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181205_039_10934p
(一)詩の上質さは置いておいて、こういう作品はありだと思う。優良とか関係なく書いていって欲しい。

10926 : これで終わり  いかいか ('18/12/01 12:26:04)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181201_932_10926p
(一)圧倒的な筆力を持って描き切った傑作。
(一)こういった作品を読むと、「この方はやはり上手いんだよなあ」としみじみ感じる。 序盤はシンプルな情景だが、後半が語りすぎている感じが少し惜しいと感じた。
(一)
冒頭の部分は、以下の言葉たちで繋がれながら物語に引き込まれていく。

>嵐。
>水。
>そう。
>もしくは?

普通の人なら、嵐、水、と来たら同じような名詞で続けてしまいそうなところに感動詞をポンと入れ、最後は疑問で締めているところなんかは特に、読み手を飽きさせないというか、読んでいて単純に楽しい。
 
一番好きな一文はこれ。
>そして、言葉の後の母の横顔が春先に吹く、まだ冬の冷たさをまとった風の様で、これから訪れるであろう春の生命の躍動にも一切の興味がなくそれとは無関係に、吹き抜けていく清々しさを感じさせた事を、今でも憶えている。そして、母は遠くを見ていた。

この作品の世界観は、芝居のような生活、愛情という名の契約、そして製品のように作られた自分で構成されている。その上で、浮世離れした空間から読み手を離れさせないように、いくつかの常識的な疑問を父と母にぶつけたり、その異常さを気持ち悪がったりするのだけれど、それでもこの世界観が覆されることはない。そこに象徴的に出てくる「横顔」は、憎しみでもなく、悲しみでもなく、清々しささえも感じる美しさとして描かれる。感情的に語られることの多い家族というものに対して、その全ての結末を横顔という刹那的な側面に収斂させるその筆力はもう流石だなと思う。
またここの一文で横顔を描くことで視線のあり方も同時に描いているのだけれど、視線という目に見えないそれを効果的に文章に使いたいと思うことはあっても、ここまで印象的に美しく仕上げることは普通の人には難しいと思う。遠くを見ているというその視線の送り方で、自分に対する母の気持ちを語り、作品の詩情をここまで的確に表現してあると、読み終わったあとにスタンディングオベーションする勢いでした。文章全体の広がりや深さに完全に酔えたし、正直言うと、その世界観からしばらくの間、覚めたくなかった。もっと続きが読みたかったな、と素直に思う。また未来というものを、未知のものとして扱うのではなく、あらかじめ決まっていることとして扱っているところも、知的さを感じてとても良かった。
 

10929 : 陽の埋葬  田中宏輔 ('18/12/03 00:29:21)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181203_980_10929p
(一)このシリーズがどのような順番で構成されているのか不明なのだが、個人的には前作と共に起承転結の「転」のような印象を受けた。
(一)圧倒的な美を芸術として昇華している。
(一)あまりの美味しさに腰が砕ける思いである。

10930 : 落葉と人  黒髪 ('18/12/03 00:44:06 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181203_981_10930p
(一)活字として読むより、朗読のテンポに非常にあっている。声に出して読むと非常に味わい深い。「生の強度」に対する「生の作法」という言葉が身じろぎできないような息苦しさに満ちている。

10927 : dotakyan  完備 ('18/12/01 20:59:54)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181201_934_10927p
(一)春と秋を持たない語り手は夢を見てから目を覚ますのだが、それは本当の目覚めだったのだろうか。最初から最後まですべてが明晰夢のようでもある。あるいは人生という現実感の喪失。
(一)漂う青臭さと甘え切っている情感が詩を立てている。

10923 : 陽の埋葬  田中宏輔 ('18/12/01 01:21:48 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181201_928_10923p
(一)「リゲル星人」という言葉が出てきたが「電撃戦隊チェンジマン」のネタとも思えないので、これがSFやファンタジー系の物語なのかスピリチュアル系の産物なのかなどと考えた。作中に引用詩が登場するというメタな構成を含めてシリーズの中でも異色作と言えるだろう。
(一)もう一作品と比較して全く作風が異なり、差異を持ちつつ圧倒的な美を提示していることに震えてしまった。

10924 : 砂塵の母  本田憲嵩 ('18/12/01 01:42:44)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181201_929_10924p
(一)始まりの方から作品の出来が良い。最後の一行が果たして成功しているか、どうかだが新たな一歩として良いと思った。

Posted in 月間選考 | Print | No Comments » | URL

2018年12月分月間優良作品・次点佳作発表

2019-01-25 (金) 16:49 by 文学極道スタッフ

2018年12月分月間優良作品・次点佳作発表になりました。

※「2018年・年間各賞」は4月中旬に発表予定です。

Posted in 月間選考 | Print | No Comments » | URL

●2018年11月分選考雑感(Staff)

2018-12-28 (金) 00:50 by 文学極道スタッフ

10921 : 奉公記  南雲 安晴 ('18/11/30 23:54:20)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181130_923_10921p
(一)導入とそれが示唆するメッセージ性がある作品だが、少しばかり拍子抜けしてしまった。メッセージのさらなる強化が欲しい。
(一)分かりやすい内容。構成も上手いかもしれない。演説になってしまっていないかどうか。もう少し比喩化できるのではないか。

10920 : 感じ  イロキセイゴ ('18/11/30 21:20:04)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181130_919_10920p
(一)感覚を拡張を持った言語で表現できていると思う。

10917 : 嫌になるくらい陳腐な恋、でも僕が陳腐だから  いけだうし ('18/11/27 07:08:07 *4)  [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20181127_870_10917p
(一)内容はともかくタイトルが出オチというか、あざとさを感じる。でも後半はけっこう良い。特に「AIみたいな愛情」というフレーズは個人的にツボ。
(一)2の方は無くても作品として立脚していると思った。

10916 : たったひとりで伸びていったクレーンへと捧げる詩  渡辺八畳@祝儀敷 ('18/11/27 04:49:58)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181127_867_10916p
(一)「青空へまっすぐ伸びるクレーンのアーム」というビジュアルが鮮やかに浮かび上がる。青空を殺し新たな神になるという、神殺しの物語。「白痴」という言葉を普通に使っているのも良い。ただ「あの子は全くの白痴なんです」の部分は別の表現の方が良いと感じた。ドラマチックかつスピード感があり、最後まで一気に読ませる技量がある。
(一)とても丁寧な比喩で描かれているし、映像的な美しさも強い。筆者のこれまでの作品の中では、奇をてらおうとした作品より素直に好感が持てる。

10912 : 騒ぐ言葉  atsuchan69 ('18/11/23 07:31:38)  [Mail] [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20181123_798_10912p
(一)「部屋中を這い回る声」がミキサーのパンポットを調整して行われるパンニングのように、言語だけでリアルに表現されている。言葉の内容は英国調に統一した方が良かった気もするが、こういう俗っぽいものを混じらせるのもありかも知れない。とにかく作者の技術力を評価したい。
(一)滑らかな流れで構築されていく詩の豊穣な世界。
(一)非常に惜しいとしか言いようがない。文末処理がもう少し丁寧であれば優良に推していたと思う。

10915 : 情動  anko ('18/11/26 23:30:06)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181126_859_10915p
(一)「五月の嗚咽/六月の慟哭/七月の告別」という部分はがちょっとありきたりで残念だが、全体的に若々しい情熱を感じる。
(一)導入部分は非常に巧みだと感じたが、「狂う」「赤いドレス」などの安直な比喩がもったいないと感じた。

10918 : BLUE  青島空 ('18/11/27 09:44:54 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181127_872_10918p
(一)初連が少しまとまりきらない印象。第2連のテンションで最後まで走りきってくれればと思う。
(一)二連目まで良い流れで詩が続いていく。最終連を更に広がりが持てるかもしれない。またタイトルが勿体ないと思った。単語選択は重要だと思う。作者は、すぐに傑作を書くと思う。

10913 : 氷塊をみがいて流す  トビラ ('18/11/23 16:01:28)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181123_800_10913p
(一)タイトルにもなっている語り手の執拗な行為が、読み手の心の奥にある不安のようなものを刺激する。この反復が催眠術のような力を持ち、こちらに迫ってくる。

10903 : Out of the Blue  氷魚 ('18/11/17 18:50:34 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181117_651_10903p
(一)良くも悪くも安定している感。語り手、どれだけマゼンタ好きなんだよという感じ。それなのに強調されているのは青色系。小魚の群れのように目まぐるしく移動する言葉たち。最終行の抒情プラスおとぼけも良い。
(一)伸びやかな作品です。内面が柔らかに描かれている。粗さも含めて十分に気になった。
(一)配色センスを感じる。色言語がそれ以外の言葉からそれそのものの色を想起させる機能を持っている。

10914 : きみのやわらかな  白犬 ('18/11/24 23:51:18)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181124_818_10914p
(一)いつもの毒気が少し抜けている感じで、それが良い方向に作用している。あと、もう少しでスタイルが確立されそうな予感。
(一)筆者の「美」への希求が、現実とリンクされはじめたように感じる。これまでは現実と創作がどこか乖離したような印象を受けていたが、ここにきて耽美な言い回しが叙事的なリアリティを持ち始めたのではないだろうか。言葉が想像から抜き出たというか、これは筆者にしかできない試みであるように感じる。

10909 : Evil Holy Raspberry  アルフ・O ('18/11/19 21:39:22)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181119_723_10909p
(一)短いながらも淫靡さと神々しさが入り交じった高揚感が心地よい。セリフだけにしたことで、よりシャープな感じになっている。考えるな、感じろ系の傑作。
(一)会話の文を主体とするフォーマットとしている作品では一番、輝いている。更なる先が気になる。

10907 : footprints  完備 ('18/11/19 00:07:11)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181119_705_10907p
(一)あきれるほど無駄がなく、短いながらも大切なパーツはすべて収まっているという感じ。マイスリーという言葉が、かろうじて語り手を地上につなぎ止めているように思える。それが救いか絶望か、読み手によって見え方が違うかも知れない。
(一)短いセンテンスが効果的に働いている。
(一)>あなたのくれた比喩でない不等式を証明できないままカルバリの丘に立てる
これを読むに、やっぱり固有名詞を入れるタイミングのセンスが絶妙だと思う。別作品の「大阪湾」も絶妙なタイミングでぶっこんでたけど、この「カルバリの丘」の位置も最高だと思う。

10910 : 光滲/Blau syndrome/  kale ('18/11/21 22:36:04)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181121_771_10910p
(一)タイトルが的確かつ読み手に対して親切。光というものの表現と取り扱いに作者の技量を感じる。後半の構成が特に美しい。

10873 : 何も知らないけど  黒髪 ('18/11/05 09:23:49 *2)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181105_985_10873p
(一)基礎力は非常に高い作者だと思うが、自己の持つメッセージ(主張、思想、思い)をもう少し俯瞰的に提示してほしかった。

10908 : 耳鳴りの羽音  帆場 蔵人 ('18/11/19 06:24:13)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181119_712_10908p
(一)蜂を用いた描写は志賀直哉の「城の崎にて」を連想させる。淡々とした中に作者の死生観がはっきりと刻み込まれている。少し描写が冗長なのが惜しい。

10898 : 一)読んでいて不快な気持ちになりました。 書ける書けない以前の問題で、読んだ人がどういう気持ちになるかという配慮に欠けた文章は作品として絶対に認めたくありません。  いかいか ('18/11/13 23:16:58)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181113_526_10898p
(一)運営批判は上等ですが、「面白い作品」で覆してほしい。
我々が黙ってしまうような作品をお待ちしております。

10892 : 海水浴場から帰って  南雲 安晴 ('18/11/12 21:20:22)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181112_478_10892p
(一)丁寧で面白く読めた。気になる作品である。

10911 : 吸血蝶を呑む  鷹枕可 ('18/11/22 19:55:44)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181122_782_10911p
(一)印象的な造語も含め、作者が独特のスタイルと美学を手に入れたことを確信させる作品。個人の生死にとどまらず、模造された歴史の中での国家と戦争の記録ではないかという気がしてならない。
(一)更なるブラッシュアップが、かかった作者の最新の形式。圧倒的な美である。

10883 : Violet pumps, stompin' the floor  アルフ・O ('18/11/07 20:18:25)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181107_250_10883p
(一)安定飛行と思われるいつものスタイルなのだが、なぜか読んでいて説明できないもやもや感があった。作者自身を作品から完全に切り離せていないような、そんな感覚がつきまとう。
(一)詩的構造の中で女性言葉になる部位などが映えています。更なる発展を見せていきます。
(一)(……ド畜生、
(LEDで失明するくらいなら
(流砂に眼球ごとくれてやる。
非常に秀逸!

10888 : 8月31日  青島空 ('18/11/09 11:48:30)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181109_376_10888p
(一)書き始めの良さがある。内実にある光と不安が同居して輝いている。

10891 : かたぶく、かたむく(「古今和歌集」巻第8/離別歌より)  中田満帆 ('18/11/12 12:01:03 *3)  [Mail] [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20181112_470_10891p
(一)筆者の失望と諦め、客観と主観、混然一体となっている『ある意味では』意欲作。本人は否定するだろうが、わずかにもなければ書けないし投稿できない。その点は高く評価したい。

10901 : Lapse  泥棒 ('18/11/15 19:18:31)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181115_613_10901p
(一)長い空白の溜めの後の「めっさ深くて」で笑ってしまった。その後に続く連が少し硬さを感じてしまったので惜しい。「めっさ」がポップな口語体だと感じたので、軽い言葉で静謐さを纏めてほしかった。

10865 : 戦艦パラダイス号  atsuchan69 ('18/11/03 08:58:24)  [Mail] [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20181103_826_10865p
(一)物語として大変おもしろいのだが、詩作品としては詩情というか詩であることの必然性に欠ける気がする。

10906 : 月精(あるいは湿原精)  本田憲嵩 ('18/11/19 00:05:52)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181119_704_10906p
(一)潤沢な詩文が流麗に綴られている。作者の上手さが光る。

10896 : 落葉の色  松本義明 ('18/11/13 18:13:28)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181113_512_10896p
(一)流れと引っかかりが非常に綺麗。巧い作品。
(一)傑作。切れ味も鋭く、無駄な言葉が一つもない。そぎ落とされ、研磨された日本刀のような作品。

10905 : たとえ偽りに終わったとしても  三浦果実 ('18/11/17 23:48:11)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181117_658_10905p
(一)詩を愛しているのに詩に愛されていない人っていますよね。他人事ではない気がします。この作者も、なぜか詩に愛されていないと思えてしまいます。それは単に技術だけの問題なのか。ただ、この作品に関しては単なる哀しい自分史に終わらない、作者の決意のようなものが感じられます。

10900 : 不在を訪ね歩いて  空丸ゆらぎ ('18/11/14 22:56:03)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181114_582_10900p
(一)途中の感覚が、まさに不在。この立方は見事である。更なる実在を対比させていけたらと思った。

10897 : 正風亭  つきみ ('18/11/13 20:06:59 *84)  [Mail]
URI: bungoku.jp/ebbs/20181113_518_10897p
(一)基本的な技術があるのでこの長さでも何とか最後まで読みきれた。しかし、それでも長く感じる。物理的な長さだけでなく、作者自身はテクニックだと思っているであろう構成が無駄に長く感じさせている気がする。もう少し読みやすさを工夫してほしい。
(一)圧倒的な傑作である。
(一)文句なく上手い。長い文面を一気に読ませるよう、丁寧なオノマトペが組み込まれている。料理の描写も細かいが、レシピだろうかと思ってしまう。どうせなら次回はぜひ、クックパッドに載せるようなレシピ詩を読んでみたいと思う。

10868 : いつまでもあいさつをしてゆく「上段スマフォ版。下段パソコン版」  つきみ ('18/11/05 02:16:29 *683)  [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20181105_956_10868p
(一)単なる実験作品に終わらず内容も含めて完成度が高い。端末による見え方の違いの問題が、いまだに解決されていないのが残念。そのことに対して誠実に対応している作者の姿勢も評価したい。
(一)抜群に上手い。うますぎて不気味なくらい上手い。視覚的なデザイン性の高さが、女性的な受動を縁取っている。
(一)もしかしたら世の中には色んな作品があるのかもしれないけど、これは既存のロックというジャンルという意味ではなくて、主流に対して起こるカウンターパンチ的な意味合いとしてのロック魂を感じた。この新しい文体がどうなっていくのか見るのが楽しみです。

10881 : あらかじめ、喪われた《角》へ。  なゆた創 ('18/11/07 08:28:31)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181107_192_10881p
(一)詩としての完成度は問題ないが、どうしてもスタイルに既視感がある。そのことは作者自身も自覚しているのではないだろうか。

10890 : ポエムでチクショー  イグサ太夫 ('18/11/10 07:10:39)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181110_427_10890p
(一)エンタメとして非常に酷くて楽しい作品だと思う。酷さが良い。

10870 : unconfessed  完備 ('18/11/05 07:20:08)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181105_969_10870p
(一)正直、ここまできっちり書かれると「大変よくできました」的なことしか言えない。本当に美味いものは「美味い!」しか言えない的な。決して選者の語彙力の問題ではない。そういうことにしておいてください。
(一)一連目が気になる。
(一)一番良かった箇所は、大阪湾という固有名詞をこのタイミングで入れた一連。
最初に、>踏み切りのむこう平凡な交差点に海を探している
と海を出しておいて、後になってそれが大阪湾だと読者に認識させることで、読み手は一気に抽象的な概念から現実的な場所に意識が飛びます。ここの読み手に対する意識の動かし方は上手いなあと思いました。

10879 : 死物  鷹枕可 ('18/11/06 11:36:35)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181106_115_10879p
(一)この作品は存在の死の鏡であるように思える。

10878 : 夢魔  氷魚 ('18/11/06 00:38:19 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181106_086_10878p
(一)一連目からの流れが美しい。最後を引き上げている。

10882 : 隔離病棟/見世物小屋  いかいか ('18/11/07 12:41:39)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181107_207_10882p
(一)「しね」という言葉はネットにおいて使用頻度の多い言葉だからなのか、どうにも薄っぺらいのにとても棘のあるので、個人的に使うのが苦手としている言葉のひとつ。それをさらっと「死ね」じゃなくてひらがなの「しね」を文中に組み込んできていて、文章全体から漂うぼんやりと霞ががかっている世界観を壊さずに、読み手の現実世界を壊す一言としてきちんと機能していて、正しい「しね」の使い方を垣間見たような気がしました。

10877 : ケルンのよかマンボウ。あるいは 神は 徘徊する 金魚の群れ。  田中宏輔 ('18/11/05 19:45:36 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181105_038_10877p
(一)この作者の膨大な読書量の成果の1つと言える作品。まるで尽きることのない泉のように言葉が湧き出してきて、詩という器を観たし溢れ出している。たぶん見当違いだろうが、タイトルがデヴィッド・ボウイの「屈折する星くずの上昇と下降、そして火星から来た蜘蛛の群」を連想させる。
(一)こんなにも独自の世界を構築し展開していく磁場が凄い。惹きこまれて読み進められた。
(一)相変わらず長い。長すぎるくらいに長い。だがそれが癖になる。「読んでやったぞ」という爽快な読後感がある。

10875 : 義母  北 ('18/11/05 17:33:10)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181105_022_10875p
(一)義母という存在に対する語り手の複雑な感情は、おそらく本人にも咀嚼しきれていないのではないかと思われる。イメージは豊富だが、少し散らばりすぎてしまったのが残念。
(一)包み込むような父母の情と悲哀が漂っている。とても人間的だと思う。

10884 : 灰  紅茶猫 ('18/11/08 09:40:33 *21)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181108_306_10884p
(一)詩の中で詩を出されると身構えてしまう。が、この作品は、そのハードルを越えていっていると思います。

10863 : 月精  本田憲嵩 ('18/11/02 12:23:31 *2)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181102_733_10863p
(一)近代詩の良さを得ている作品。空白が作為的に見えすぎてしまうところが惜しいと思った。

10856 : 寛解  北 ('18/11/01 00:31:14)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181101_533_10856p
(一)文章の濃密さが非常に素晴らしい。後半が、もう一展開あっても良かったのかもしれない。

10872 : スカースデイルあるいは世界の終わり  オオサカダニケ ('18/11/05 09:08:55)  [Mail]
URI: bungoku.jp/ebbs/20181105_981_10872p
(一)テクスト本文は力がある。タイトルは本当に、これで良いのだろうか。

10855 : Mr. Bojangles。  田中宏輔 ('18/11/01 00:01:31)
URI: bungoku.jp/ebbs/20181101_529_10855p
(一)これまで本の宇宙を旅してきた作者による、書物や読書という行為に対する解釈がユニーク。本を読み続けることによって、語り手は言語的進化を遂げたのだろうか。ラストの蜜に対する説明は、実に上手いまとめ方だと思う。

Posted in 月間選考, 雑記 | Print | No Comments » | URL