文学極道 blog

文学極道の発起人・スタッフによるブログ

2018年6月分選考雑感(Staff)

2018-07-30 (月) 15:56 by 文学極道スタッフ

10528 : 終末  本田憲嵩 ('18/06/18 00:27:10)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180618_712_10528p
作品世界の言葉の綴りが、これまでと違います。作者の世界が一皮むけました。
この作品に出会えて良かった。

10499 : (無題)  Migikata ('18/06/04 13:26:14)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180604_119_10499p
文字のプラスティック化に成功していて作品世界の新たな段階を見せていきます。

10480 : Supper’s Ready。  田中宏輔 ('18/06/01 00:01:53 *8)  
URI: bungoku.jp/ebbs/20180601_861_10480p
始まりの掲示板の部位のユーモア性とアルファベットになる部位など様々な工夫が凝らされています。

10526 : 夏  渚鳥 ('18/06/15 17:42:58)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180615_682_10526p
非常に良い作品。配列と共に重力を発生していく。

10518 : 野いばらの丘  田中修子 ('18/06/11 23:23:59)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180611_547_10518p
比喩表現の単語が扱いの難しいものなのに見事に作品化されています。方向性として上手すぎる詩人。

10498 : さくら  游凪 ('18/06/04 05:05:57)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180604_098_10498p
首筋に付いたキスマークを比喩化していき恋というものの恐ろしさを最後まで張り詰めた緊張感の中で孤独に見つめていきます。最終連の身体性への言及など目を瞠るものが、ありました。

10508 : 消費  Mizunotani ('18/06/07 22:53:39)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180607_356_10508p
消費財としての言語のことを上手く捉えています。方向性の在り方や綴り方が巧いです。

10504 : 潤い  本田憲嵩 ('18/06/07 01:03:57)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180607_290_10504p
生活の中に密着した作品でありながら共感の先にある詩情を提示しています。

10510 : 砂の唇  鷹枕可 ('18/06/08 19:47:29)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180608_400_10510p
言語の硬さが強度として上へと伸びあがっていきます。作品世界の短さなどが上手く作用しています。

10496 : The Show Must Go On。  田中宏輔 ('18/06/04 00:05:30 *4)  
URI: bungoku.jp/ebbs/20180604_088_10496p
作品の中で構成が次第に解明されていく瞬間の恍惚が堪らない作品です。

10510 : 砂の唇  鷹枕可 ('18/06/08 19:47:29)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180608_400_10510p
大変、上手くなっていると思う。作品として強度もあり独自の世界も持っている。

10549 : 二月からのこと  山人 ('18/06/28 04:42:14)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180628_906_10549p
作品への接近の仕方が勉強になる。言葉とは何かが生活の中から膨らんでくる。

10534 : 実質のため息を抑える事に成功しました☆ミ  まさこ ('18/06/21 22:27:24 *2)  [Mail]
URI: bungoku.jp/ebbs/20180621_770_10534p
あと何作品か読んでみたい。

10533 : おもいで  いかいか ('18/06/20 14:45:29)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180620_748_10533p
タイムリーな問題作。嫌悪感を起こさせる文体もすごい。

10509 : 少年少女絵空事活劇  田中修子 ('18/06/08 00:58:03 *2)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180608_374_10509p
大変、上手い作品です。ただしタイトルを含めて枠組みを拡げていけそう。

10525 : (無題)  鞠ちゃん ('18/06/15 13:01:29 *2)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180615_663_10525p
人面相が効いており作品に意外性をももたらしています。ただしタイトルを含めて、もっと上に行けそう。

10545 : 糸神博士のお化け屋敷  atsuchan69 ('18/06/26 09:59:19 *1)  [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20180626_877_10545p
大変な盛り上がりから最後の滅茶苦茶な部位まで持っていく丁寧さが光ります。最後の敢えての雑さが効果的です。

10529 : no title  浅井康浩 ('18/06/18 09:42:17)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180618_713_10529p
かえるというと地震のことを想起させられます。大阪の地震とのことが関連付けられているのかもしれません。作者の作風を小品で、まとめています。

10551 : 今日もどこかで  湯煙 ('18/06/30 01:34:15)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180630_939_10551p
作品世界が確固としている。ただし言葉の跳ね方が更に、良い方向へと進んでいける気がします。

10482 : 屍と女の心理  陽向 ('18/06/01 00:09:20)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180601_863_10482p
一連目は非常に良い。二連目も、もっと匹敵するくらいのものに出来そう。

10547 : 深い意味はないけれど、、、、、、、、、、。  泥棒 ('18/06/27 17:47:24)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180627_893_10547p
メッセージ性がエンタメとして前に出れているかどうか疑問に思いました。

10538 : 僕の井戸観  いけだうし ('18/06/23 22:01:19)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180623_827_10538p
今後が期待できる。瑞々しい世界。

10540 : 親様  イロキセイゴ ('18/06/23 23:30:18)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180623_835_10540p
言語の跳躍の在り方は面白いのだけれども、更なる仕掛けが必要かもしれない。

10548 : あ ほーりーないと  白犬 ('18/06/28 01:45:56)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180628_901_10548p
空行の中に詩情を見いだせるかどうかで決まってくる作品。もう少し書き込みがあっても良いかもしれない。

10524 : 混濁  佐久間直子 ('18/06/13 14:31:55)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180613_616_10524p
単語の選択は悪くないので更なる飛躍を読みたい。

10550 : 思春期ランナー  あるく ('18/06/29 23:24:44)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180629_936_10550p
「思春期ランナー」という言葉が面白いです。それ以上のものを本文にも織り込んで良かったかもしれません。

10505 : (無題)  あるく ('18/06/07 02:19:22)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180607_295_10505p
良い詩です。たくさん書いていってみると、より良くなっていくと思います。
期待しています。

10527 : 慈ヒタリス・パーク  遼旅 ('18/06/16 11:58:06)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180616_699_10527p
更に読んでいきたい。

10524 : 混濁  佐久間直子 ('18/06/13 14:31:55)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180613_616_10524p
連内の凝集性を高めて良いのかもしれない。

10531 : くさりあい  Out of the blue ('18/06/18 12:14:45)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180618_715_10531p
全篇ひらがなで構成されていて視覚的に面白い。それ以上の何かが必要なのではないか。

10539 : ぼろぼろになった、後  佐久間直子 ('18/06/23 23:08:56)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180623_832_10539p
勿体ないくらいに綴りにムラがあります。もう少し推敲してよいかも。

10552 : 物  イロキセイゴ ('18/06/30 03:01:50)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180630_942_10552p
詰め込み過ぎている感があるので、更に詰め込んで破壊してみるのも手かもしれない。

10489 : 空を汲む  紅茶猫 ('18/06/01 18:46:36 *4)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180601_899_10489p
形式を離れた時に詩情が薄くなる問題点に立ち向かっても良いのかもしれない。

10487 : Stay Gold  霜田明 ('18/06/01 13:47:21 *14)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180601_886_10487p
詩の行と構成の少なさが読み応えを減らしていっていたと思いました。

10542 : マイ・ポリティカル・ペーソス  中田満帆 ('18/06/25 20:35:05)  [Mail]
URI: bungoku.jp/ebbs/20180625_861_10542p
場に興味がない、と言っている割に推敲を何度かしている。勿体ない。

10514 : メガ時計  コテ ('18/06/09 23:56:13 *2)  [Mail]
URI: bungoku.jp/ebbs/20180609_470_10514p
視覚効果を使っているけれども中途半端に思えます。もう少し極端にしても良いかもしれない。

Posted in 月間選考, 雑記 | Print | No Comments » | URL

2018年6月分月間優良作品・次点佳作発表

2018-07-27 (金) 23:55 by 文学極道スタッフ

2018年6月分月間優良作品・次点佳作発表になりました。

Posted in 月間選考 | Print | No Comments » | URL

2018年5月分選考雑感(Staff)

2018-07-01 (日) 16:19 by 文学極道スタッフ

10477 : ルナーボール  本田憲嵩 ('18/05/31 05:31:42)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180531_844_10477p
(一)非常に良い作品です。二連目のルナーボールの説明は突き放しても良いと思いましたが、 作者の文章が伸びあがっていて筆力の向上も見ることが出来ます。
(一) 2度繰り返される「なぜか思い出された」の何故か、をもう少し掘り下げると面白くなりそうだと思いました。
(一)ゲームのイメージに頼りすぎていて伝わらない。悪い意味で短い。「それはそれは美しかった」→何か他の言葉で表現出来なかったか。

10467 : 誰も知らない  西村卯月 ('18/05/24 13:40:12)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180524_697_10467p
(一)人間という存在の哀切なものを語り切っている。生とは何か、死への道のりは何か、そして福祉とは何か、それぞれの苦悩が交錯しており強度がある。

10409 : 自分  黒髪 ('18/05/02 16:56:03)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180502_825_10409p
(一) 作者は、欲望とむきあうのがすきなのだろうか。
 「〜したい」で終わる作品が多い。
 そこの発露に詩情が宿るという推測/仮定が基になっているのであれば、前段はアジテーションめいた理想像ではないのでは、と、思ってしまいます。

10401 : Cut The Cake。  田中宏輔 ('18/05/01 00:05:20)  
URI: bungoku.jp/ebbs/20180501_764_10401p
(一)作品『マルボロ。』への構成と、そこへの思考、固執など作品世界が引用と共に拡張されていく。作品による作者のインターフェース性が圧巻である。
(一)発想力、手数。すごい安定感が、あります。

10418 : Ommadawn。  田中宏輔 ('18/05/07 00:05:43)  
URI: bungoku.jp/ebbs/20180507_912_10418p
(一)こんな作品構成の仕方があるのかとうなった。圧倒的である。

10440 : 卵化石  田中修子 ('18/05/14 00:36:22)  
URI: bungoku.jp/ebbs/20180514_314_10440p
(一)圧巻の面白さ。作者自身が作品世界と詩を楽しみ創作に勢力をささげていることも伝わってくる。比喩も上手く詩との向き合い方を考えさせられもした。
(一) はじめ一行で身構えてしまったが、最後まで読んで良かったと思わされた。

10402 : シスレーの印象のように  北 ('18/05/01 02:16:31)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180501_767_10402p
(一)抜群のユーモアと音の良さが作品としての強さを提示していきます。すべてが比喩化され存在というものが詩となっていく楽しさを見せつけられました。

10411 : 詩的な魂の権化  kaz. ('18/05/03 10:27:38)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180503_840_10411p
(一)始まり方が優れていないことが後々の作品の擦過に繋がっていく。作者の自由さが生み出した不思議な作品。

10434 : 揺れ、(る)  朝顔 ('18/05/11 02:30:42)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180511_099_10434p
(一)視覚的な効果と作品世界の整合性が上質。
(一)タイトルが良い。リズム感がある。センスがある感じ。

10471 : いど  无 ('18/05/28 05:39:52 *3)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180528_777_10471p
(一)作品世界にのめりこみます。もう一歩、詩情を確かめながら書いても良いかもしれません。特に序盤が読み返せば読み返すほど、詩としての踏み込みが欲しいと思ってしまいます。
(一) つきすぎている。

10399 : Lynn, Lucky 13  アルフ・O ('18/05/01 00:00:02 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180501_762_10399p
(一)少し読み込んでみましたが、あまり良い印象がないです。読み解くためのヒントみたいなものをもう少し散りばめてくだされば、この詩を楽しめそうです。題名にそういうヒントがあれば、、と思いました。

10429 : (無題)  文学文夫 ('18/05/08 06:10:57)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180508_948_10429p
(一) 飛躍に無理がある。

10457 : Self identity  深尾貞一郎 ('18/05/18 11:19:40)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180518_478_10457p
(一) 最終聯が分かったような分からんような。
 言葉でしか出来ない形容をしようとしていることはひしひしと感じる。

10410 : ダンス・ダンス・ダンス  紅茶猫 ('18/05/02 23:00:43 *11)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180502_832_10410p
(一)詩の中で詩を語る時、非常に矮小なものになりがちであるが逆手に取って上質な作品に仕上げている。形式の見事さが輝いている。

10421 : 近況  无 ('18/05/07 05:46:23)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180507_919_10421p
(一)文章が上手いので最後まで一気に読める。一篇の詩作品としての勝負としては強度に欠けるかもしれない。詩集だったら必要な作品。
(一)タイトルが残念。緩急がない。語彙力、表現力が足りない。

10414 : 春の光  游凪 ('18/05/04 11:41:41)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180504_878_10414p
(一)最後を、どう評価するかの作品。それまでは強度もあり破綻もなく見事な昇華である。最後もう一歩いけそうにも思った。

10425 : かまぼこ、あるいは  宮永 ('18/05/07 23:21:31 *2)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180507_936_10425p
(一)「かまぼこ」に比喩化された生命体と心の昇華。読み込んでしまう大きな力を持っている。動物の臭気が全体から漂う。

10415 : 薔薇  無能 ('18/05/05 21:17:37)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180505_893_10415p【次点】
(一)相当な筆量と背景が見える。

10417 : Hi&Hi Skycreepers (For October)  アルフ・O ('18/05/07 00:02:30 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180507_911_10417p
(一) 読んで浮かぶイメージは綺麗なのですが、それが読み手の想像力に委ねすぎているという評も成り立ってしまうような気がしている。

10432 : 少女  松本末廣 ('18/05/10 09:47:23)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180510_029_10432p
(一)最後の二行が効果的。非常に難解に見えているが分かりやすくもある。

10449 : Azerbaijan  完備 ('18/05/15 23:08:52)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180515_387_10449p
(一) タイトルにまでしたアゼルバイジャンの扱いが悪すぎる気がしました。

10423 : (無題)  Charlie ('18/05/07 18:19:00)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180507_924_10423p
(一)粗さもあり非常に実存的な人間が出てくる。最初と最後、少しずつ変化させていった方が良い作品になると思う。

10475 : 一条二条三条四条五条六条七条八条九条十条  泥棒 ('18/05/30 19:28:06)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180530_824_10475p
(一)ハードルを十分に下げまくってから言いたいことを言う。やりたいことをやる。そしてユーモアで感情を煙に巻く。

10474 : はたち  榎本いずみ ('18/05/30 19:27:50)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180530_823_10474p
(一)オノマトペが効いていて描写が綺麗。今後が気になる。
(一) 話者の立ち位置が分からず、よって立ち位置を捉えるかねている間に終わってしまった感じ。
 技術はあるのではないでしょうか。

10452 : 宇宙を消火する  イロキセイゴ ('18/05/16 02:14:14 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180516_403_10452p
(一)良い感じに跳躍している。芯を、もう一本つけてもよいかもしれない。
(一) おもしろい。

10431 : かざまむらきたまく君の、瞬き、また、君  かざまむらきたまく ('18/05/08 21:19:48)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180508_963_10431p
(一) 外部リンク等は作品の一部または全てとして認めず。

10445 : ラブ・ラプソディ  渡辺八畳@祝儀敷 ('18/05/14 01:05:10 *3)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180514_322_10445p
(一)エンタメ作品としては輝いている。
(一)文学極道の与えられた環境で勝負すべき。相手に環境を指定するのは好ましくない、と個人的に思います。

10459 : 天気予報・初夏、二編  本田憲嵩 ('18/05/19 20:56:07)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180519_529_10459p
(一)作者が詩へと向き合い始めた状況が良く伝わって来ます。二篇の作品の相互関係を更に一作品に昇華できていく大きな仕掛けがあると、もっと良かったです。

10456 : ネオン  西村卯月 ('18/05/18 11:14:56)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180518_476_10456p
(一)一連目が一番良い状態です。そこから更なる詩的営為を導き出せそうな作品に思えました。

10476 : (無題)  襟野貞良 ('18/05/31 00:53:40)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180531_839_10476p
(一)最初の「10篇です」は要らない。勿体なさすぎる。無かったら優良でも良いと思う。
(一) 投稿フォームを間違えている。

10478 : 山林にて  山人 ('18/05/31 07:23:01)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180531_845_10478p
(一)始まりが説明的であり、その部位を別の方向に持っていっても良いと思った。
(一)ただ書いてあると言う感じ。推考の後、組み立てた感じがない。

10470 : ある朝にぼくは  岡田直樹 ('18/05/25 18:25:33)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180525_733_10470p
(一)作者の背理が見えてくる密着している作品。もう一歩、作品としての強度を高めても良いのかもしれない。

10403 : malagma  霜田明 ('18/05/01 10:49:17 *35)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180501_781_10403p
(一) 作者の中にとてもエモーショナルな音楽が流れているのであろうことは分かるが、聞こえず、読むのが辛い。

10469 : 一月  山人 ('18/05/25 16:15:12)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180525_730_10469p
(一)詩の中で詩を出していきことの難しさを改めて考えさせられる。他の情景描写や苦悩は非常に良いので詩の更なる踏み込みが必要かもしれない。

10424 : 無敵の真実  lalita ('18/05/07 22:22:13)  [Mail]
URI: bungoku.jp/ebbs/20180507_931_10424p
(一) 面白そうな雰囲気がある。

10465 : あるいはそれは  左部右人 ('18/05/22 23:36:41)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180522_655_10465p
(一)続けて作品を読んでいきたいと思う作者である。やりたいことが出来た時に詩が輝くと思う。その瞬間が訪れるのは、もうすぐである気がする。
(一) 漫画か映画のモノローグのようで、文章単独だとすこし弱い気がします。

10468 : 神宮前6丁目  元ヤマサキ深ふゆ ('18/05/24 20:33:45)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180524_711_10468p
(一)朗読のためのテクストとしては非常に理解できる。朗読して初めて完成していく段階に思える。行間を空白ではなく行間として出していくなどテクスト用のアレンジも必要なのではないだろうか。良い詩なので勿体ない。

10455 : 「誘惑の脱け殻」  Charlie ('18/05/18 11:13:46)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180518_475_10455p
(一)言葉ひとつひとつは面白いけれども、量の少なさが詩情の少なさに直結しているように思ってしまいました。

10467 : 誰も知らない  西村卯月 ('18/05/24 13:40:12)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180524_697_10467p
(一) 映画「誰も知らない」はカメラはいつも主人公である柳楽くんの頬の横にあった。
 この作品の話者はいずこから語っているのだろうか?

10439 : たこ焼き  湯煙 ('18/05/14 00:05:47 *8)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180514_310_10439p
(一)ここから始まる小品に思えました。

10409 : 自分  黒髪 ('18/05/02 16:56:03)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180502_825_10409p
(一)きちんと書かれていて言いたいことが作品に成っている。もう一歩、以前に作者などが見せていた独特の比喩などを、ここに入れたら更に面白くなりそう。

10430 : 夕暮れシャッター  田中修子 ('18/05/08 19:56:49)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180508_958_10430p
(一)明るさと暗さの共存が抜群に上手く筆致が滑らかに作品世界を浮き上がらせてくる。上手い。
(一)部屋で原稿を書く人の想像の世界と時折窓から見える鴉、それさえも想像の世界へと歪んでいき、結局筆者も鴉になってしまったみたいな感覚に陥っている、そんな世界なのかなあと思いました。意味不明な、言葉の羅列友受け取れそうなのにどこか規則性があるような意味を知りたくなるほどに魅力的、気になる詩です。

Posted in 月間選考 | Print | No Comments » | URL

2018年5月分月間優良作品・次点佳作発表

2018-06-27 (水) 02:00 by 文学極道スタッフ

2018年5月分月間優良作品・次点佳作発表になりました。

Posted in 月間選考 | Print | No Comments » | URL

●2018年4月分選考雑感(Staff)

2018-05-30 (水) 22:26 by 文学極道スタッフ

●2018年4月分選考雑感(Staff)

先月の方が力のある作品が多いような印象を持ちました。
少し戸惑うところはありました。

10364 : Sat In Your Lap。  田中宏輔 ('18/04/09 00:07:43 *10)  
URI: bungoku.jp/ebbs/20180409_376_10364p
(一)詩作品としても面白く人生としても詩情がある詩人の姿の在り方に学ばさせられます。 読めて良かったと心から思える作品。

10353 : 空を指す  黒髪 ('18/04/02 04:08:21)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180402_151_10353p
(一) 一、二聯は何を語るかではなくてどう語るかの話に終始しているような印象です。
   三聯目はいい。ちょっと。
   四聯目はいい。すごく。

10380 : けむりとともに  みどり ('18/04/14 22:37:58)  
URI: bungoku.jp/ebbs/20180414_530_10380p
(一)相当、書き慣れている上手さが光ります。ところどころに引っかかるような罠が、きちんとあって、それらが効果的に作用しています。

10379 : 夜更けに見た夢見の女の子  玄こう ('18/04/12 23:48:12 *4)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180412_481_10379p
(一) 最終聯の「その子」「君」の使い分けがもやっとする。そこまでするする読めるだけに。

10351 : 引用について。  田中宏輔 ('18/04/02 01:33:02 *5)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180402_148_10351p
(一) 詩論を詩として構成することが出来る上手さに拍手したいです。

10383 : 暴言を吐いて炎上させる奴の髪型について、  泥棒 ('18/04/16 11:02:22)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180416_563_10383p
(一) 自己分析と共に冷徹に完遂していく愛に溢れた反芻がメッセージ性を帯びてきます。自分が当事者であるからこそ詩情を獲得してしまう不思議さ。

10372 : なぞる  田中恭平 ('18/04/10 10:23:29)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180410_411_10372p
(一)  なんで最後やめちゃうのか分からなかった、相聞歌としては素敵です。

10395 : 消化  松本末廣 ('18/04/30 11:04:53)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180430_737_10395p
(一)音感に訴えてくるとともに日常生活、生命を直接けずりだしていっている作品。

10371 : 残寒の詩  霜田明 ('18/04/09 13:08:07 *42)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180409_393_10371p
(一)領域として突出した作品。読み込ませる作品を自己の世界で、きちんと書き込んでいる。

10369 : モーニングスター  无 ('18/04/09 05:24:40)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180409_381_10369p
(一)残酷さと日常に立ち込める不安さ、それらを隠しながら生きていく様子を比喩化して書ききっています。

10363 : 循環  松本末廣 ('18/04/07 05:59:15)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180407_331_10363p
(一)硬質な比喩化が圧倒していく。音列が一方向なことが少し気になる。破調の取っ掛かりを作ってみると更に焦点化されるかもしれない。

10386 : memento mori  Out of the blue ('18/04/20 22:27:20 *2)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180420_633_10386p
(一) お名前が素敵ですね。

10362 : タイトル  榎本いずみ ('18/04/05 22:52:19)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180405_282_10362p
(一)短詩系が映える作品。題名に関しては、どうなのだろうと引っかかるものもあった。

10355 : 対岸、あるいは彼岸  霜田明 ('18/04/02 15:08:49 *59)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180402_163_10355p
(一)最後にいくにつれて作品の凝集性が増していました。一連目の引き込み方が何か、もう一工夫欲しいと思ってしまいます。

10368 : 春暁  游凪 ('18/04/09 02:36:27)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180409_380_10368p
(一)途中から急激に面白くなった。鮮烈なイマージュの飛翔が圧倒しており美しい。体現止めと一定の音列リズムが続いたため、あと一歩が欲しいと思った。途中からのweb空間と人間関係、恋愛などの現代的な距離感を描いていく部位は素晴らしい。
(一) 三聯目がめちゃくちゃいい。二聯目までは修辞がくどい印象です。

10366 : Laid back ALF-O  アルフ・O ('18/04/09 00:38:33)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180409_378_10366p
(一)最後の空白に到るためには、もう一歩の工夫が必要だと思いもする。しかし、それ以上に総体として良質。タイトルは勿体ない。

10393 : 石 風 洗濯物 部屋  山人 ('18/04/28 17:48:41)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180428_723_10393p
(一)各連ごとに成功しています。一作品としての絡みに関して疑問が残ります。
(一) ゆるいつながりが繋がりとして機能していない気がします。

10350 : 蠍の死の毒  lalita ('18/04/02 00:26:27)  [Mail]
URI: bungoku.jp/ebbs/20180402_147_10350p
(一)観念の先走りが今回は平易に抑えられており良い詩情を獲得していた。
(一) 感嘆符までつけた正午が一行で終わったのに笑いました。

10354 : ええけつの朝  kaz. ('18/04/02 08:14:04)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180402_155_10354p
(一)「朝」の響きで賢治への要素を導き出し過ぎていることが気になります。「ええけつの穴」は非常にユーモアに富んでいて導き出せるので、それで良かったのかもしれないと思います。ただしタイトル以外は全て良いです。

10396 : 舗装  ゼッケン ('18/04/30 12:19:35)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180430_738_10396p
(一)エンタメとして成り立っています。もう一歩いけそう。

10397 : 人形/ヒーター  山井治 ('18/04/30 21:17:21)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180430_755_10397p
(一)三連目までは非常に良いです。四連目が繰り返しになっているため、
そこを比喩としての更なる飛躍があると良作となると思います。
(一) 問いを脱しきれない状態をもっと楽しんだ方が良いかと感じました。

10386 : きみに  Out of the blue ('18/04/20 22:27:20 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180420_633_10386p
(一)修辞が展覧として表示されていく。面白さを現象として揮発していく。

10385 : ウサギ狩り  山人 ('18/04/20 18:42:26)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180420_628_10385p
(一)二連目など説明になっていないかどうか。

10373 : 超つまんね  陽向 ('18/04/10 17:17:10)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180410_430_10373p
(一)人間のダサさを描けています。

10388 : 動機  佐久間直子 ('18/04/23 08:17:02 *5)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180423_647_10388p
(一) 作品を作ることを詩にする、しかも描くことを言葉にする時に、描く以上のことを言葉で表すことを目指さなければならないのでは。
 「いんさんに」、「ぬりつぶした」「ぜつぼうした人から出てくる、わるいことば」こそが書くべきことではなかったのかなと思いました。
 推敲してからの投稿をお勧め致します。

10352 : めんへら。  田中恭平 ('18/04/02 03:35:09)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180402_149_10352p
(一)タイトル以外は非常に良い作品です。

10360 : 琥珀の湖  あおい ('18/04/04 14:54:43)  [Mail]
URI: bungoku.jp/ebbs/20180404_244_10360p
(一)まっすぐな詩作品です。もう一歩の比喩のたゆたいを求めたくなる上質さがありました。
(一) 情熱的な相聞歌。色数が最後に増えるのはもう少しコントロールできそう。

10379 : 夜更けに見た夢見の女の子  玄こう ('18/04/12 23:48:12 *4)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180412_481_10379p
(一)視覚的な効果にこだわった歪でありながらも心的実在を出していく良作を書いてきた作者のテキストでの新たな段階。文章の綴りが人間の存在の哀愁を醸し出していきます。

10384 : 昔に頂いたコメントの切り貼り  北 ('18/04/17 01:38:49 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180417_591_10384p
(一)抜群にリズムが良い。ユーモラスな感覚に破顔した。

10356 : (無題)  anko ('18/04/02 20:34:20)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180402_171_10356p
(一)素直な詩だと思った。これからも書き続けて欲しい。
(一) イメージが付きすぎているものの羅列で終わってしまった印象。

10394 : ラピスラズリ  深尾貞一郎 ('18/04/30 07:41:21 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180430_734_10394p
(一)リズムのために省略された助詞などに疑問が残ります。
(一) 推敲の多さとタイトルの変更は姿勢としていかがなものかと。

10391 : flagile pink  白犬 ('18/04/25 20:59:12)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180425_684_10391p
(一)文章ひとつひとつと連の内容を、もっと整えていけそうです。もったいない。

10378 : ≪鳴り止まない雨の歌≫  kaz. ('18/04/12 23:20:02)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180412_480_10378p
(一)新しい方向性に進んでいくことは芸術の開拓をしていくということ。とても良いことである。
 しかし本作品で方向性や、やりたいことが全て昇華されきっているのかは過程の段階にあると思えた。
 次回作以降に、この方向性がどうなっていくのか読んでいきたいと思った。

10382 : 数字  鞠ちゃん ('18/04/16 10:40:44)
URI: bungoku.jp/ebbs/20180416_561_10382p
(一) 構成的に何かを批判しているという風に受け取りやすく、いきおいその数字とともに生活している人の日常に思いを馳せるというよりも作者の問題意識の方が先に読めてしまう。
 >ねだられて買ってやったピアスは30円だった
 例えばまず現地流通の単位で書いて日本円に換算するような思考に数字にまつわる人間の諸々が息づいて居るような気がするし、チキンで揃える小ネタも効いてくるのでは。

Posted in 月間選考, お知らせ, 雑記 | Print | No Comments » | URL