文学極道 blog

文学極道の発起人・スタッフによるブログ

Nickname
文学極道スタッフ
URL
http://bungoku.jp/

文学極道の発起人・委員を代表するアカウントです

●文学極道公式ツイキャス(毎週火曜21時配信)

2017-10-05 (木) 17:10 by 文学極道スタッフ


文学極道公式ツイキャス(毎週火曜21時配信)
自作詩朗読枠、即興詩枠を交互に行います。
司会進行は詩人で文学極道スタッフの瀧村鴉樹さんが務めます。
ワンドリンク用意してご参加ください。
文学極道公式ツイキャスは、音声面と発話による詩への新たな提言です。

●「文学極道公式ツイキャス」開設のお知らせ。
●「文学極道公式ツイキャス」司会進行スタッフ瀧村鴉樹氏からのコメント

Posted in イベント, ツイキャス | Print | No Comments » | URL

2017年8月分選考雑感(スタッフ)

2017-10-21 (土) 02:40 by 文学極道スタッフ

49.9810 : units  完備 ('17/08/01 23:01:55)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170801_765_9810p
(一)先月のとは、また作風が変わっていて面白い。
 生活に根差していない作品の時の方が言葉の跳躍が鮮烈だった。
 さらに単語選択を変えると上に行きそうな作品。
(一)テーマに対して、入り込みすぎずにうまく書けていると思います。

19.9845 : (遊泳の為の)リハビリ  田中恭平 ('17/08/12 17:34:09)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170812_545_9845p
(一)上手いです。特に一行の連が美しいです。

24.9816 : 天魔  lalita ('17/08/03 21:42:09)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170803_981_9816p
(一)迫りくるものがあるような、少し怖い、その怖さの心地よい作品でした。ただ、はっきりと書きすぎている部分もあると思います。「そのとき気づいた」を変えるか抜くなりするだけで、ずいぶんと違うと思います。

46.9825 : 門  kaz. ('17/08/07 00:05:33)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170807_258_9825p
(一)新しくはない表現方法だけれども丁寧に出来ている。成功させることは難しいこと。 溜息が出た。
(一)形の美しさに、言葉を追いつかせていると感じませした。

46.9833 : 雨の秋刀魚  朝顔 ('17/08/08 18:36:52 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170808_366_9833p
(一)ドキッとする作品です。優しさの中に鋭さが感じられました。

30.9847 : ファウル、年末の。  bananamwllow ('17/08/14 10:16:35)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170814_629_9847p
(一)こんな詩の形があるのか、と驚かされました。現在の中で文章のずらし方と焦点の当て方が非常に素晴らしいです。
ブラッシュアップも見事。

19.9827 : ニレの木でハトが鳴いているんだね  阿怪 ('17/08/07 04:36:02)  
URI: bungoku.jp/ebbs/20170807_276_9827p
(一)殺害までの過程と心情が非常にリアルです。強度が非常に高い作品だと思います。

36.9835 : (無題)  いかいか ('17/08/08 21:44:31)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170808_372_9835p
(一)形象が麗しいです。傷のような切れがあり強い単語選びに繋がっていきます。最後に怒りも感じ煽りに成功しています。
(一)戦後の工場都市、汚染された空と水。
 其の中でぞろぞろと靴音を響かせて往来する無数の擦れた男たち。そんなイメージが音とにおいを持って立ち上がりました。

7.9849 : 黙すること  kaz. ('17/08/14 22:12:37)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170814_648_9849p
(一)言葉に対しての捻り方が慧眼ものです。新鮮な単語を使用しているわけではないのに新鮮な詩句を紡ぎ出すことに成功しています。

9866 : hop-step-junk  紅茶猫 ('17/08/31 14:47:40)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170831_935_9866p
(一)タイトルも見事。作品の形が次々と情感を湧きたててくる。作者に合った作風。

4.9860 : 私はその家族を見ている  山人 ('17/08/26 08:29:15)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170826_849_9860p
(一)詩文が非常に美しい。文章の流れが非常に丁寧。

12.9863 : 変身  芦野 夕狩 ('17/08/28 00:54:05)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170828_884_9863p
(一)やり切った、という感じです。表現のうまさが全体に現れています。面白味のある言葉も挟み込まれていて、読み進めたくなる作品でした。
(一)作者の感情を様々な方面に引っ張っていく独特の作風で上手いです。作者に追いつかなければならないという気持ちになります。

38.9842 : 花  湯煙 ('17/08/11 02:19:33 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170811_488_9842p
(一)淡々としているだけに、迫力があります。一つのテーマを書ききっている詩だと思います。

10.9864 : a party  白犬 ('17/08/29 04:30:35 *2)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170829_898_9864p
(一)勢いがいり、リズムもいいので読みたくなる作品です。連によって異なる書き方ですが、まとまりのなさは感じません。もう一つ物語の深みが出ると面白くなると思います。
(一)書き始めの瑞々しさが伝わってくる。最後の方、書きすぎていないか推敲することや削ることも必要だと思った。

8.9836 : 厩舎に散る種の名は 収穫  鷹枕可 ('17/08/08 22:28:46)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170808_378_9836p
(一)タイトルによるハードルの上げ方が威力があります。作者の世界を突き進み極端に、やりきっているので、力を感じます。

50.9806 : 太陽  maracas ('17/08/01 08:27:41)  
URI: bungoku.jp/ebbs/20170801_738_9806p
(一)このタイトルでの散文詩は非常にハードルが高いです。しかし、きちんとまとまっており紡がれています。集中力も持続しています。
(一)力作!
 植物をモチーフとして組み込んだことで、イメージが生き生きと波打っています。

57.9813 : (無題)  いかいか ('17/08/02 23:25:46)  
URI: bungoku.jp/ebbs/20170802_895_9813p
(一)改行の在り方が非常に上手く体液を思わせる詩情があります。

29.9840 : 火葬  深尾貞一郎 ('17/08/10 19:05:48 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170810_477_9840p
(一)2連目や「から」が推敲の余地ありと思いました。

3.9861 : アラーム  ゼッケン ('17/08/26 16:21:53)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170826_855_9861p
(一)一気に読ませていく文章の上手さが流石です。エンタメ性が勉強になります。

51.9809 : 夏色  傘子雨宮 ('17/08/01 19:15:46)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170801_753_9809p
(一)生活の一部が見事に詩情を持った時空として切り取られていきます。
 ひょっとしたら更に一つひとつの単語が比喩として突き当てることが出来るかもしれません。
 更なる作品に化けそうです。

20.9823 : アハッ  田中宏輔 ('17/08/07 00:02:14)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170807_256_9823p
(一)作者名を隠して選考をしているため作者名を後ほど読み驚きました。
 言葉の選択が非常に独特で疾走感があります。
 無限の可能性を秘めた爽快感のある作品です。
 今の田中さんの作品とも違って勉強になります。

10.9824 : 半ズボン 他短詩七編  TURU ('17/08/07 00:04:00 *8)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170807_257_9824p
(一)丁寧に作品が運ばれていく。熱量も見事。
 「詩」という単語を剥き出しに使わない方が良いかもしれない。

5.9817 : 流出  无 ('17/08/04 16:19:50)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170804_053_9817p
(一)作者は比喩と体感している世界とを別角度から捉えなおさせていく感覚にさせる上手さがあります。
 今回、中盤が、もっと更に進めるように思えました。推敲し凝縮させると更に良い作品になるのでは、と思います。
 ただし、この状態が「流出」として非常に良いものを立ち上げていることも分かります。

35.9843 : エセ  あつい ('17/08/11 06:15:30)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170811_492_9843p
(一)悪くない作品です。前半に熱量が集中しているので後半を、もっと意識してみても良いと思った。

27.9848 : candy  完備 ('17/08/14 18:42:50)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170814_640_9848p
(一)最終連が、いまいち凡庸に終わっている。しかし作者の作品は気になる。
次も読んでいきたい。

25.9846 : 黄いろい砂漠  TURU ('17/08/14 00:05:40 *5)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170814_597_9846p
(一)最終行が一行、浮いています。作品としては非常に高い位置にあります。

59.9814 : 草花ノート あとがき  北 ('17/08/03 00:55:48)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170803_915_9814p
(一)タイトルから期待を抱かせます。視点が落ち着いている中にも常人からかけ離れたところがあり、詩にする意味が感じられました。
(一)興味深く読んでいて生を実感できる。本当に「あとがき」であることが残念にも思える。

54.9803 : ロザリオの天使3  井上優 ('17/08/01 00:05:56)  [Mail]
URI: bungoku.jp/ebbs/20170801_707_9803p
(一)引用部分さえ、きちんとしていれば良作だと思いました。

22.9850 : そうめん  atsuchan69 ('17/08/18 13:01:53)  [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20170818_724_9850p
(一)最終行が良いです。

38.9839 : しにみず  失意夏雪 ('17/08/09 10:42:21)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170809_399_9839p
(一)言葉の一つひとつが、やはり過渡期で背伸びをしているように思える。
 もっと素直に書いてよいと思う。

6.9859 : ローリン、ローリン  田中恭平 ('17/08/23 11:59:23)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170823_833_9859p
(一)途中まで非常に読ませます。最後の方に、かけてどんどんと力が抜けていっています。
 勿体なく感じます。是非、推敲して欲しいです。

48.9811 : さもしいひと  失意夏雪 ('17/08/02 00:18:52)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170802_770_9811p
(一)言葉が非常に背伸びしている感があります。もっと素直に書いてよいのでは、と思います。

12.9858 : 手を振る  sonetira ('17/08/23 00:13:51)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170823_827_9858p
(一)体現止めが、もっと何かしら工夫できそうです。

31.9844 : 父の権威  ちょび3 ('17/08/12 02:09:11)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170812_522_9844p
(一)父と子、その間に流れているものが、人の形を失ってもなお風の様にすがすがしく吹き込んできます。

37.9840 : 火葬  深尾貞一郎 ('17/08/10 19:05:48 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170810_477_9840p
(一)心と魂と、概念を火葬すること。深い悼みを感じます。

39.9837 : 恒心  祝儀敷 ('17/08/09 00:32:20)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170809_383_9837p
(一)好きですこれ!しょっぱなの脛毛で「おっ!」と引きこまれました。
 現在使われているネットスラングがリズミカルに交錯し、そしてその言葉の向こう側にある人の心へ、言葉を向けられた人へ、優しい眼差しと批判が込められています。
 ところどころスラングが古いのは、長い間ネットに関わっていらっしゃるからでしょうね。カルチャーへの洞察が素晴らしいです。

49.9822 : リッサウイルス  アルフ・O ('17/08/05 21:50:34 *6)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170805_149_9822p
(一)読み応えばっちりです。最後までワクワクしながら読み進める事ができました。
 ちょっと80'Sのロックンロールな匂い(ネオン管の毒々しさ)を感じられる、パンクな一本でした。

51.9830 : 眠りの瞬間  maracas ('17/08/07 11:50:18)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170807_302_9830p
(一)感覚を良く見、よく感じ、味わい、手に取り、遊ばれたのだなと思います。
 寝るときに読みたい、呟くような朗読で聞いてみたいと思いました。

Posted in 未分類 | Print | No Comments » | URL

●文学極道公式ツイキャス第17回放送予告について。

2017-10-16 (月) 22:27 by 文学極道スタッフ

●文学極道公式ツイキャス第17回放送予告について。

 「文学極道公式ツイキャス」第16回放送、自作詩朗読枠、大盛況の内に終わりました。お題「砂」祭り、初めての参加の方など多くの方の御参加、本当にありがとうございました。ベテランの書き手の方の朗読参加、非常に勉強になりました。本配信が、きっかけとなり詩を書き始めた方が何人もいらっしゃいます。閲覧できなかった方、録画が残っておりますので是非ご覧ください。次回、第17回は即興詩枠になります。お題出題者も募集しております。即興のコツなどや詩作の悩みの相談も出来ます。かなり具体的なアドバイスをもらうことが出来ます。「文学極道公式ツイキャス」は音声方面からの詩、発話から始まる詩の探求を実験的に行っていきます。次回もワンドリンク用意しながら御参加いただければと思います。閲覧者も是非ワンドリンク用意しながら御参加ください。コメントでの評も可能です。司会進行は詩人の瀧村鴉樹さんが務めます。楽しく真剣に詩を探求していきましょう。「文学極道公式ツイキャス」は、音声方面と発話による詩への新たな提言です。

※第17回 10/17(火)21:00〜 即興詩枠開催。
twitcasting.tv/bungakugokudo

(放送に上がり詩朗読をしたい方はPCの場合コラボ参加ボタンをクリックです。
 スマホやタブレットの場合は、ツイキャスビュアーとツイキャスLIVEの2つのアプリをDLして受話器の画像をタップしてください。
 いずれの場合も必ずイヤホンマイクを接続して御参加お願い致します。
 皆さま是非よろしく、お願い致します。)
                  
              文学極道公式ツイキャス運営スタッフ一同

Posted in 未分類 | Print | No Comments » | URL

●文学極道公式ツイキャス第16回放送予告について。

2017-10-09 (月) 23:24 by 文学極道スタッフ

●文学極道公式ツイキャス第16回放送予告について。

 「文学極道公式ツイキャス」第15回放送、即興詩枠、大盛況の内に終わりました。初めて即興詩をする方や猛者が多く参加する印象深い回となりました。コメント評のレベルも、かなり上がって来ており勉強になっております。本当に、ありがとうございます。本配信が、きっかけとなり詩を書き始めた方が何人もいらっしゃいます。閲覧できなかった方、録画が残っておりますので是非ご覧ください。次回、第16回は自作詩朗読枠になります。今回は「砂」祭りです。お題「砂」に関する詩の朗読をお待ちしています。お題ではない詩作品も是非。朗読や詩作の悩みの相談も出来ます。かなり具体的なアドバイスをもらうことが出来ます。「文学極道公式ツイキャス」は音声方面からの詩、発話から始まる詩の探求を実験的に行っていきます。次回もワンドリンク用意しながら御参加いただければと思います。閲覧者も是非ワンドリンク用意しながら御参加ください。コメントでの評も可能です。司会進行は詩人の瀧村鴉樹さんが務めます。楽しく真剣に詩を探求していきましょう。「文学極道公式ツイキャス」は、音声方面と発話による詩への新たな提言です。

※第16回 10/10(火)21:00〜 自作詩朗読枠開催。(お題「砂」)
twitcasting.tv/bungakugokudo

(放送に上がり詩朗読をしたい方はPCの場合コラボ参加ボタンをクリックです。
 スマホやタブレットの場合は、ツイキャスビュアーとツイキャスLIVEの2つのアプリをDLして受話器の画像をタップしてください。
 いずれの場合も必ずイヤホンマイクを接続して御参加お願い致します。
 皆さま是非よろしく、お願い致します。)
                  
                 文学極道公式ツイキャス運営スタッフ一同

Posted in 未分類 | Print | No Comments » | URL

【第1回】文学極道公式ツイキャス『即興詩』

2017-10-05 (木) 22:56 by 文学極道スタッフ

皆さま、こんばんは。瀧村です。

これまでのツイキャス放送をこちらにはめ込んでいくことになりました。ゆっくりではありますが、これまでを振り返って行きたいと思います。

第1回目は『即興詩』でした。
正直誰も上がってくれないんじゃないかとか、もしそうだったら雑談して終わろうか等と考えていましたが、想定外に盛り上がってとても感動したことを覚えています。
放送開始時は緊張していましたが、皆さまの発話された詩に大変感動いたしました。

勇気を出した初めてさんから、ベテランまで勢ぞろいの第一回。ぜひご覧ください。

Posted in 雑記, ツイキャス | Print | No Comments » | URL