文学極道 blog

文学極道の発起人・スタッフによるブログ

4月分月間選考雑感(スタッフ)

2017-07-17 (月) 21:51 by 文学極道スタッフ

※(スタッフ数名が地震被災のため作業に遅れが生じています。ご了承ください。)

9525 : (無題)  どしゃぶり ('17/04/01 02:05:08)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170401_789_9525p
(一)存分にテクニックが生かされた作品だと感じました。美しさ、読みやすさというものが「締めている」と思います。

9534 : 石窯パン  湯煙 ('17/04/03 04:28:25 *1)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170403_844_9534p
(一)これはアイデア勝ちでしょう。「石窯」の響きがとても気持ちよくなってきます。それだけでいい詩です。
(一) 単純に面白かった。しかし、一発勝負であろう。次回作にも同じインパクトを期待したい。
(一)改行になるところと石窯の羅列になる見所となる部分が決まっているのか、どうか疑問。
そこさえ良ければ傑作かもしれない。

2.9525 : (無題)  どしゃぶり ('17/04/01 02:05:08)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170401_789_9525p
(一)存分にテクニックが生かされた作品だと感じ、こちらはよりその感受したモノを眺め愛撫されていると思います。レトリックの為に詩があるのではなく、詩のためにレトリックが存在するので、適切に使うべきなのです。

9577 : のんちゃんの映画を観たんだ  无 ('17/04/29 12:00:34 *1)  [Mail] [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20170429_343_9577p
(一)悩んだのですが、貴重な作品だと感じました。静かに語ることにより、テーマがダイレクトに伝わってくる面があると思います。
(一)「きれではない空気」は誤字だろうか。けれども、そこも効果的に働いているように思える作品。

9579 : design  紅月 ('17/04/29 22:28:17)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170429_356_9579p
(一)非常に上手い。最後の行だけが本当に、これがベストなのかは気になった。けれども完全でない方が美しいのかもしれない。重力を持っている。
(一)かなり作り込まれている作品。隙が無い。ただし、隙が無さ過ぎて、引き込まれる隙間さえも無い。それが魅力でもある。ある意味では、読む人を選んでしまうかもしれないが。

9570 : あの滅亡、この滅亡。  芦野 ('17/04/25 23:51:36)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170425_270_9570p
(一)タイトルが良いです。不親切なレイアウトですが、読み進めていこうという気にさせる作品です。もう少しメリハリがあると、「伝える」ところまで行けるはずです。

9554 : 反芻  霜田明 ('17/04/17 16:37:28 *42)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170417_105_9554p
(一)良い連がありました。全体としては洗練が足りないとも感じました。強度は緩める点も必要ですが、言葉は常に強くあってほしいと思います。ただ、とにかく良い箇所があったのも確かです。

18.9554 : 反芻  霜田明 ('17/04/17 16:37:28 *42)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170417_105_9554p
(一)本来の感受性は特別な事柄だけに反応するものでもなく、朝起き抜けの窓の光や、コーヒーの湯気、そんな日常の中に潜んでいるものだと思います。
その1点においてレトリックにこだわる必要もなく、また無駄にひねる必要もないのは、それそのものが詩だからです。
この作品は、まさにそんな作者のリアリティが結晶化されていると感じました。

9547 : Hello Hello  深尾貞一郎 ('17/04/12 01:09:22 *3)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170412_020_9547p
(一)まとまりが良いです。そして、だからこそ単純なテーマを書ききれています。どうしても優良にはならないタイプの作品だとは思いますが、一つの完成形だと思います。

9529 : きみのゆく道は果てしなく遠い なのになぜ  三浦果実 ('17/04/01 15:12:16)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170401_799_9529p
(一)非常に良いリズムで紡がれているだけに、タイトルが惜しいです。読むときにゆるく流してもよい詩というのがあると思うのですが、これはそういうものだと感じました。
(一)独りよがりの単なる語りか詩情のある語りかのぎりぎりの作品。それが新鮮にも感じられた。
(一)作者の投稿作品の中では一番良いです。タイトルと三連目が、作者自身の言葉が少ないことが勿体ないですが、一連目とニ連目の体験と内面が素敵なので、推敲すると傑作になるのかもしれません。

22.9532 : 詩の日めくり 二〇一七年三月一日─三十一日  田中宏輔 ('17/04/03 01:06:03 *2)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170403_842_9532p
(一)作者の作品群は、この人にしかできないと思わせる、唯一無二であると感じさせる魅力がある。衰えることのない創作意欲にも敬意を。

9.9530 : 詩の日めくり 二〇一七年二月一日─三十一日  田中宏輔 ('17/04/01 20:28:58 *3)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170401_802_9530p
(一)日常の中に挟まれる、幻想のような現実。
選考委員をさせていただいて数ヶ月経ちますが、やっと彼がこの形式でやりたい事が伝わりました。

24.9546 : 奈落に咲く  atsuchan69 ('17/04/11 10:32:34 *2)  [URL]
URI: bungoku.jp/ebbs/20170411_005_9546p
(一)象徴化された風景によって語りが凝縮されている。ただ、三連目はもっと練れたであろう印象がある。

33.9541 : スーパーソニックウーマン  芦野 夕狩 ('17/04/06 23:20:08)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170406_899_9541p
(一)あふれてくるものというよりは、無理矢理に絞り出したものが、かろうじて詩として成立しているという印象。しかし、その語りが、この作者にしかできないものであろうと感じさせる詩句が所々にあり、その個性に強く惹かれた。

10.9578 : 男女  ゼッケン ('17/04/29 15:18:49)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170429_346_9578p
(一)おもしろいと感じたが、少し大げさに思える語りが、どこかで作品世界への没入を拒んでくるような感じがした。

29.9543 : 病みはじめた世界に癒すべき海がなく  尾田和彦 ('17/04/08 17:37:49)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170408_922_9543p
(一)時事的な要素のある詩はあまり得意ではないのだが、この詩は、よくあるそれとは違った。対象化して語っているからであろう。その視点が見事であると感じた。

9545 : 琵琶湖疎水扁額史會  北 ('17/04/10 12:56:33 *19)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170410_990_9545p
(一)形式の美しさとアイディアに惹かれた。

12.9562 : 世界を思えば  黒髪 ('17/04/21 18:55:09)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170421_179_9562p
(一)はじまりから、三連目くらいまでは大変よくかけていたが、最後にいくにつれて減速した。特に終わらせ方はがっかりしたのが正直なところ。

25.9537 : オートマ・タ  白犬 ('17/04/04 18:01:50)  [Mail]
URI: bungoku.jp/ebbs/20170404_874_9537p
(一)ぱっと最初に読んで面白いなと感じた。しかし、言葉の強度に乏しく、読後にはあまり残るものがない印象。もっとよく書けるであろう。

3.9575 : 声のみの声――起草  kaz. ('17/04/29 01:27:17)  [Mail]
URI: bungoku.jp/ebbs/20170429_331_9575p
(一)途中の文体崩しが見事。よく、こんなことが出来るな、と驚いてしまう。作品の強度を増していく公転がある作品。

34.9524 : 薄明  田中恭平 ('17/04/01 00:35:56)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170401_785_9524p
(一)書きたいことが書けていて速度も良いと思います。
最初のコードは無くても伝える手段があったかもしれないとも思いました。

15.9557 : 燃える、黄金の、盲いたる、馬!  在原リョウ ('17/04/18 14:20:28 *2)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170418_114_9557p
(一)初め古臭くオマージュが多く驚いたが、わざとやっていることが分かり始めてから興味深く読み進められた。近代文学と現在の邂逅的なエンターテイメント。

32.9538 : 湖底  羽根 ('17/04/05 15:26:28)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170405_887_9538p
(一)よくある題材だからこそ筆力の強さが目を引いた。最終連、惜しい。最終連の説明はない方が奥行きが出たと思う。

19.9571 :  A I スポイルズシステム  三浦果実 ('17/04/26 02:46:55 *3)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170426_274_9571p
(一) 例え話として
の一文が必要か、どうかだけ気になりました。
ただ悪くないです。作者は上手くなってきています。

2.9551 : 堕胎  液体 ('17/04/17 01:28:06 *4)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170417_098_9551p
(一)ひとつひとつが荒いのが気になる。
(一)個人的にこれくらい短くてもいい。削れるだけ削っていいと思うが、狙い過ぎだなーと。

18.9527 : IN THE BANK  YUUDAI ('17/04/01 10:07:36)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170401_793_9527p
(一)ここからなのですが充分、気になりました。

25.9560 : Instagram  Drootpass(ドルパ|お弟子さん) ('17/04/21 00:28:54)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170421_172_9560p
(一)ようやく彼のタグ付け詩が形になってきたのかなと。
これはインターネットでしか機能しないので、実際このタグが生かされる媒体で稼働すれば面白いのではないだろうか。

28.9536 : 真夏の夜の  祝儀敷 ('17/04/04 00:11:05)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170404_857_9536p
(一)好き。すげー好き。優良か次点かってつける程じゃないのにすげー引力。

19.9549 : 寂しくて辛い  祝儀敷 ('17/04/13 23:13:57)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170413_058_9549p
途中、泣きそうになるくらい純粋な詩です。タイトルや体言止めを、もう少し推敲してみたり、
するともっと良い作品になると思います。

4.9563 : バイト  鳩村 ('17/04/21 23:24:16)
URI: bungoku.jp/ebbs/20170421_191_9563p
(一)優劣は別として楽しく読めた。今後が気になる。

Posted in 未分類 | Print | URL

このエントリを はてなブックマーク に追加このエントリを del.icio.us に追加このエントリを Livedoor Clip に追加このエントリを Yahoo!ブックマーク に追加このエントリを FC2ブックマーク に追加このエントリを Nifty Clip に追加このエントリを POOKMARK. Airlines に追加このエントリを Buzzurl(バザール) に追加このエントリを Choix に追加このエントリを newsing に追加