文学極道 blog

文学極道の発起人・スタッフによるブログ

雑感・9月(前田ふむふむ)

2007-11-03 (土) 04:13 by humuhumu

詩を書いたものにとって、読者から、顕在的に、あるいは潜在的に、
賞賛の言葉を受けたいと、一度は願うものであろう。
書かれた詩が、一読されただけで、文字の墓場に埋もれてしまい、
二度と、省みられることがない。
如何に、その詩の構成、技術、表現が、優れていようとも、
そのようであっては、書かれた詩も、単なる観賞物にもなりえない。
実際、現代詩と呼ばれるものの中には、そのようなものが、
うず高く積まれているのである。
優れた詩であるならば、読者の、やむにやまれぬ感情がわきあがり、
ふたたび、同じ詩を読ませる力が、なければならないだろう。
文学極道は、そういう詩を求めているのである。
他者が、全く見えない現代詩ではなく、同時に、安易なポエムでもない、
こころの琴線に、深く触れる、
広義の現代詩、(読まれるべくしてある、現代を先駆ける詩)が、
投稿されることを願っているのである。

今月9月は、選考者全員が、月間優秀作品候補に推したのは、
宮下倉庫氏の「seashore」,1作品だけであった。

来月の投稿される皆様方の、健闘を祈ります。

Posted in 月間選考 | Print | URL

このエントリを はてなブックマーク に追加このエントリを del.icio.us に追加このエントリを Livedoor Clip に追加このエントリを Yahoo!ブックマーク に追加このエントリを FC2ブックマーク に追加このエントリを Nifty Clip に追加このエントリを POOKMARK. Airlines に追加このエントリを Buzzurl(バザール) に追加このエントリを Choix に追加このエントリを newsing に追加