文学極道 blog

文学極道の発起人・スタッフによるブログ

昭和二十年八月 右肩

2009-09-29 (火) 10:28 by 天才詩人

昭和二十年八月

返信でも書いたように、右肩氏のこの作品はまずタイトルで萎えてしまうのだが、作品それ自体の空間構成力や、原子爆弾というオートマティックな装置が空中へ放たれていく描写は精巧で弛みがない。もともと右肩氏は叙情よりも、概念的な言葉をつなぎあわせて詩的表現に持っていくのを得意とする書き手である。序盤で「僕」の主体性を複数の視点から解体していく。そこからウランがあたかも宮崎駿作品の小さな生物のように踊りながら増殖していくところ。光り輝く夏をメタリックな機体のむこうに仰ぎ見る場面。いずれも臨場感は強くないものの詩的作文として、じゅうぶん洗練されているし、作品の質が低下している目下の状況では優良作品に推されてもおかしくはない。
終盤の

言葉がうち抜かれた

という一行。読み手はここでいったん立ち止まり,考えさせられる。この時点で、右肩氏が、まだ作品を紙上に書いている(PCスクリーンに打ち込んでいる)と想定するならば、言葉を書きつらねると同時に、それがうち抜かれることは可能なのだろうか。

平成二十一年八月の
 僕は菩薩ではないし、ましてや如来でもない
 カラの籠を抱えて
 スーパーのレジの列に並び
 けげんそうな目で見られている男だ
 フルーツオブザルームのタグの付いた
 Tシャツを着ている

 何の根拠もなく
 着ている

最後の二つの連では、戦後日本の「日常」をからめた問題意識が前面にでてくる。駅ビルの書店に平積みになっている本の議論をくりかえすつもりはないが、日本語が「撃ち抜かれた」というのはすくなくとも私の経験から言って、決定的なことであり、文極の掲示板に出入りしている諸氏のうち、どれだけがその現実を自覚することができているだろうか。菩薩や如来は長い間に秘仏となり、檜の匂いがする寺院の奥に閉じ込められる。8月の京都盆地は自動車の流れが四方の通りをただ緩慢に動いてゆき、エアコンの室外機にさらされたコンクリートの表面は赤褐色の微熱を帯び。僕らは市電の近くの薄暗いスーパーで、棚の間を物色しながら、しばし一服する。不思議なことに朝から何も食べていないのに、棚には食べたいものがなにもない。手ににぎられた籠はいぜんカラのままで、僕らはあふれる物資を前にして飢える。たとえ何かを手にできたとしても、僕らはレジを待つ絶望的に長い列のいちばんうしろで、「終わらない日常」を、どこまでも生き続けねばならないのだ。

最後に断っておきますが、コントラは選考委員には加わっておりません。

Posted in 月間選考 | Print | URL

このエントリを はてなブックマーク に追加このエントリを del.icio.us に追加このエントリを Livedoor Clip に追加このエントリを Yahoo!ブックマーク に追加このエントリを FC2ブックマーク に追加このエントリを Nifty Clip に追加このエントリを POOKMARK. Airlines に追加このエントリを Buzzurl(バザール) に追加このエントリを Choix に追加このエントリを newsing に追加