文学極道 blog

文学極道の発起人・スタッフによるブログ

バラード、他

2009-04-27 (月) 23:03 by ダーザイン

http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_cul&k=20090420021981a
J・G・バラードが亡くなりました。

バラードは現代最大の作家だけれども、近作は駄作ばかりです。1980年の『無限会社』が最後の傑作じゃないかな。
その後にも、ボードリヤールと呼応し会うように書いた『21世紀のコロンブス』(ボードリヤールの『アメリカ』とハモッテいる)などで、現代性の探求は続けていましたが、本領を発揮していた60年代、70年代の作品には遠く及ばない劣化作品ばかりです。

なにか一作といわれても選べないなあ。
短編「終着の浜辺」「エニウエーク島へ飛ぶ我が夢」「時の声」「死亡した宇宙飛行士」
長編『結晶世界』『燃える世界』『沈んだ世界』『クラッシュ』『コンクリートの島』『残虐行為展覧会』、短編集『ヴァーミリオンサンズ』、、
ごく初期の単なるSF以外は60年代から1980の無限会社までは、全部読むべきだと思われ。
その20年間の間で、彼の作風は大きく変わります。だから、近作以外は、いろんな物を読んでもらいたい。
結晶世界などの初期破滅3部作はシュルラリスムの奥義を極めた美しいデカダン小説。
アンチロマンの極北であろう「終着の浜辺」、
『クラッシュ』『コンクリートの島』『死亡した宇宙飛行士』『残虐行為展覧会』などは、今でも現代文学の最前衛です。
バラードのあとに、彼を超える人間は一人もなし。

完璧に繊細な美文の連鎖『ヴァーミリオンサンズ』、
前衛現代詩の極北でもあろう『残虐行為展覧会』、
この両作品を読み比べてみて欲しい。
驚愕するような異才ぶりです。

メディア文学極道の創造大賞や殿堂入り者などは、J・G・バラードの本の横に並べられても恥ずかしくない文人たちが選ばれてきたと思う。
バラードの傑作短編とまーろっくさんの「カンチャンリルダの夜」が同じ雑誌に載っていても、カンチャンリルダの夜が引けを取ることはまったくない。
それだけ高いレベルを念頭に、毎年、各賞を選考しています。

話は変わるが、2chで何かのあおりを食らってアクセス制限をこうむり、文学極道トピックでの質問に答えられなくなっています。
Dさんが聞いている「一条さんが詩集を出しているかどうか」ですが、出しておりません。現況、ネットでしか一条さんの作品は読めません。
月刊未詳24にも、鈴木名義で作品があります。
一条さんは至急詩集を出すべきだと思われ。

また、名無しさんが聞いている、狼13号文学極道特集は増刷しないのかという件ですが、近々、小部数ですが増刷される予定です。
その際は告知します。

Posted in 雑記 | Print | URL

このエントリを はてなブックマーク に追加このエントリを del.icio.us に追加このエントリを Livedoor Clip に追加このエントリを Yahoo!ブックマーク に追加このエントリを FC2ブックマーク に追加このエントリを Nifty Clip に追加このエントリを POOKMARK. Airlines に追加このエントリを Buzzurl(バザール) に追加このエントリを Choix に追加このエントリを newsing に追加