文学極道 blog

文学極道の発起人・スタッフによるブログ

5月選考雑感(平川綾真智)

2008-07-12 (土) 15:55 by a-hirakawa

5月は素晴らしい作品が揃っていたとの声が多かったです。
勉強になりました。ありがとうございます。

詩が本人にある方とない方がいるような気がします。詩が本人にある方は、出さざるを得ない情感を自分という輪郭からはみ出させて、読み手の輪郭も溶かし、攪拌して言葉の綴り以上の位置へ達する時があります。詩が本人にない方は、どうも隙がない、減点出来ない、形式的ものを創り出し、新たな場所で大きく伸び上がる方法を取る傾向にあるような気がします。
優良に達した作品にも全く詩が本人にないのではないか、と議論対象になった作品がいくつかありました。直球に見せかけた変化球で、優良に達しているとは言え、もう少し先に行けるのではないか、と思える作品が多いという意見もありました。減点出来ないに過ぎない作品は、そのうち形骸化され、何度でも眼球を脳髄を吸う魅力から離れてしまうので、是非気を付けて欲しいです。
詩がなくても面白い方向性というのも確実にあるので、隙がない、だけではない場所を少し意識されてもいいのかな、と感じます。
様々なことを考えさせられる月でした。

次点佳作作品に触れていこうと思います。

2786 : 赤い川  田崎 ('08/05/26 00:47:07)
は、私は優良に達していると思いましたが、分析に長けた過去にあるものを敷いている印象であり、二次創作の域を出ていないような感覚を覚えさせるという理由から、次点に留まりました。削られた詩情は少し目立つものの、立脚してはいると思います。後もう一歩の魅惑が必要なのかもしれません。

2773 : 星の氾濫  黒沢 ('08/05/20 00:25:23 *3)
は、私は優良に達していると思いましたが、突く想起的ヒダの生物的なぬめり方を三連のリフレインと最終行の僅かな怠りが小さく留めさせている、という理由から、次点に留まりました。丁寧で、技巧に優れた名作だと思う、という意見もありました。しかし、モチーフがこの作品に収まっていない、という意見もありました。私は、三行目のリフレインが無かったら優良に是が非でも推し続けたと思います。短く濃い中では僅かな怠りが致命的となってしまいがちなので、もう少しだけ最終連でも言葉を探す必要があったのかもしれません。

2741 : 「 ムーフールー。 」  PULL. ('08/05/06 18:38:59)
は、独創性がなく、作品が始まりに立った地点で終わってしまい先へと向かえていない、という理由から次点に留まりました。作り自体はシンプルで裏切りもほぼないので、それだけに素直にきちんと残る作品ではあります。丁寧な作品ではあるので、ほぼ借り物にしか思える詩情が気になります。 もう少し放出される情感に独自があっても良いかもしれません。

2784 : カンガルーのポケット  ミドリ ('08/05/24 15:24:01)
は、安心して読めるけれども、それ以上のものへと昇華させるものが足りない、という理由から次点に留まりました。とても良く書けてるのですが、その分欠けているものも欲してしまい、上手い以上のものが作者には求められているのかもしれません。もっとめちゃくちゃでも良いのかもしれません。

2762 : (無題)  んなこたーない ('08/05/12 18:21:18)
は、よい部分もたくさんあるけれども、それを削いでいる部位がしつこく脳裏を覆ってくる、という理由から次点に留まりました。思い込みを謳歌しきる力を持っていて、リズムもいい、という意見もありました。ただ、もっとそれぞれのよい部位をもっと前へと押し出していく方法はあったように思えます。

2780 : あやまち多き人生ですけど  ちんぽけーす ('08/05/22 22:58:57) 
は、良いエンターテインメントではあったけれど書き方の選択次第のぎりぎりの箇所を見誤り、惜しさを感じさせてしまっている、という理由から次点に留まりました。 それなりに楽しめ、悪意との混同的な文末もなかなか面白くはありました。飛びぬけて残る点がないので、あと一工夫必要だったのかもしれません。

2791 : 新婚生活 (ラフ=テフ外伝 パート2)  ミドリ ('08/05/27 23:27:26) 
は、詰めが甘い、という理由から次点に留まりました。力を抜いて書かれていて、力を抜いて読めました。この短さになったのは正解ですね。四コマ漫画を読むような意識で、使い捨てられてしまう感が気になるのですが、優良ではないけれど良い小作品だと思います。傑作を書いて欲しいという思いもありますが。

2739 : プリムローズ  榊 一威 ('08/05/05 17:04:42 *1) 
は、最終連があまりにおろそかだ、という理由から次点に留まりました。最後の綺麗の連発には胸焼けがした、書かずに書ける部分を全部書いてしまっている、など様々な意見がありました。当初、ラストの展開が書けていないと思ったが、たった一文の推敲で大きく変わった、との意見もありました。いずれにしても、もう少し投稿前に練ることが出来た作品に感じられます。

2737 : 砂浜で  まーろっく ('08/05/05 10:40:14) 
は、とても古く冗長すぎる部分が上手く作用していない、という理由から次点に留まりました。力作であることは解りますし、魅了された方がいるこtも事実なので、もう少し整えても良いように思えます。

2774 : 夜を歩く  ともの ('08/05/20 11:58:53 *1)
は、決して巧くはないけれど深度と情感の可能性を感じさせる、という理由から次点に留まりました。軸からズレていかないことと、ほんわかとした誰もが抱えた詩情を今更ながらですが、突いていくのはそれなりのものがあると思います。「拳がひとつ落ちていた。蛙だ。」この辺、は巧妙です。二、三連が良くないのですが、四連のつなぎ方が上手いので、それなりの印象を受けたんだと思います。詩がある方だと思います。これからしばらく伸び悩むと思いますが、書き続けて欲しいな、ということを感じさせられる作品でした。

2755 : お茶を飲む  ともの ('08/05/09 21:02:08)
は、決して良い作品ではないけれども、詩の原点的なものを思い返させる貴重な作品だ、という理由から次点に留まりました。「自分はひとりなんだ、と思う。/人はみんなひとりなのか否か、」など、書かなくても伝わる部位を書きすぎな点が気になるものの、情感がしっかり作者から出されていて、大切にしていきたい過程を上手く見せた作品だと感じます。

2735 : 哀しみの首  草野大悟 ('08/05/03 12:16:14)
は、しみじみと良い小作品だ、という理由から次点に留まりました。優良に達してはいないものの、多くの情感を孕んでいるとは思います。

2745 : 五月 断片  如月 ('08/05/07 11:03:46)
は、原石の強さがあるものの、そこに覗く手慣れてきたところの綻びが気になる、という理由から次点に留まりました。ただ、重力がそれぞれにある良い目線だと思います。語彙の重なりで意味合いを出していく、そこは昔からのものですが、作者へと引っ張っていくそれなりはあると思います。

2801 : 扉のあった空間から見た赤い土地  右肩良久 ('08/05/31 13:01:40)
は、古いコラージュに過ぎないのではないか、という理由から次点に留まりました。硬質なのではなく、ただ硬いことが気になり、それは連鎖が成功していないからで、配列に成り下がりかねない、という意見もありました。「その脂分の致命的甘味。」などなどそれぞれの並べは面白いので、それを活かすだけの作品としての単体を考えなければならないのでは、という意見もありました。「レム睡眠」以外のやりようがあったはず、との意見もあり、もう少し考えても良い作品に思えます。

惜しくも選からは漏れましたが、その他、

2797 : 彼の歌  緋維 ('08/05/29 20:59:55)

2734 : バイバイカフェ  ゼッケン ('08/05/03 11:48:37)

2752 : いちに…  吉井 ('08/05/08 22:01:40 *1)

2789 : 明るい忌み言葉  祝祭 ('08/05/27 16:47:05)

2744 : 暗い夜の道程  ぱぱぱ・ららら ('08/05/07 05:30:09)

2769 : 椅子  鈴屋 ('08/05/17 21:49:05 *11)

2776 : 世界、  凪葉 ('08/05/21 12:46:58)

2766 : 終電まで  ゼッケン ('08/05/14 22:58:52)

などが注目されていました。他にも良い作品、多くありました。

以上です。

Posted in 月間選考 | Print | URL

このエントリを はてなブックマーク に追加このエントリを del.icio.us に追加このエントリを Livedoor Clip に追加このエントリを Yahoo!ブックマーク に追加このエントリを FC2ブックマーク に追加このエントリを Nifty Clip に追加このエントリを POOKMARK. Airlines に追加このエントリを Buzzurl(バザール) に追加このエントリを Choix に追加このエントリを newsing に追加