#目次

コラム

目次 (新着順・執筆者別)


Page: START

「現代詩」から「読まれるもの」へ

 ケムリ

 ここらで一つはっきりさせなければならないことがある。文学極道がどのような集団であり、どのような志向性を有するかということ。長く退屈なコラムではあるが、これはぼくにとって、そして文学極道にとって非常に重要な文章であると信ずる。だからこそ、必ず目を通してもらいたい。
 文学極道の意義とは何か。詩を書くものに便宜的な評価の場を与え、彼らの自尊心をほんの僅か充足させてやることか、それともネット上に溢れる無数の詩の中からお気に入りを寄せ集め、コレクター的な願望を満たすことか、あるいは根源たるコミュニケーションの欲求を満たすことか。どれも違う、例え現状がその程度に過ぎなくても、それは違う。
 文学極道の目的は、もう一度我々が便宜的に「詩」と呼ぶ媒体が可能性と魅力を有するものであると見せ付けることだ。詩の現状、なんてものは語るに及ばない、またぞろどこぞの雑誌がくたばったようだが、そんなことを引き合いに出すまでも無い。読む者のいない無価値な媒体、少なくとも商業的には、それが詩だ。
 しかし、考えてみて欲しい。詩というせせこましい概念から少し離れて「文章に於いて表現されたなんらかの美」とでも考えればいいか、いや「美」に限ったことではない、魅力的な醜さもある、意味の上でということもある、では「魅力的な文章」か?まぁ、とにかくそういったものは人類史の中で、価値を失ったことが一度でもあるだろうか?「活字離れ」なんて言葉もあるけれども、実際のところインターネット・メディアの発達は活字の逆襲であることに、一体どれほどの人間が気づいただろうか。我々は、長い時を越え、果てしない発展の後、再びパロール、いやこんな言葉を使うのは馬鹿のすることだ、要するに「書かれたもの」で語り始めたのだ、それも日常的に、酷く深く。たかがネットの落書きに誰もが自尊心とアイデンティティの一部を投じている。(これは余談だけれども、日本人の国語能力って最近向上してるんですよ、主にブログとケータイのおかげで。元教育学部語る。国語に関しちゃ、ね。だって、本以外にこれほど浴びるように文章を、それも自然体で読めるメディアが他にありましたか?質の問題は、とか寝言を言わないでくださいよ、活字の代表たる新聞や読み物の中心たる有象無象の雑誌が良質な文章を提供しているとでも?)
 文学極道は便宜的に、その存在の身のおき方として「現代詩」という概念を作り、それを攻撃する。敵対の姿勢をとる。それが、自分で立てたカカシに石を投げるような行為であることも認めた上で、そうする。何故なら、我々は常に反省の上に立たなければならないということ、これをまず考えて欲しい。現状、詩の商業的価値、あるいはメディアとしての力、そういうものは失墜している。ならば、その世界にはなんらかの問題があったと仮定する必要が常にある。
 我々は、その原因を「基礎的な文章の軽視」「読者に対する姿勢の欠如」という風に捉えている、もちろん他の捉え方をする人間がいても構わない、そんなことは勝手にすればいい、大事なのは「我々はそう考え、それに従って行動する」ということでしかない。
 文学極道が目指すのは、「読まれる詩」だ。「ねぇ、読んだ?〜さんの新作、イイよねぇ」なんて女子高生が列車の中で語るような詩だ。自称詩人の痴呆老人が「コンテクストの接続が実に脱構築的で、既存の表象をイデオロギーの網目から脱出させていく」とかホザくような詩ではない。(実際、この例文クソ難しそうに見えますが、大したこと言ってません。詳しい人ならわかると思うけど、「ザンシンだねぇ」ってだけです)
 もちろん、誤解を受けそうだけれど、「ポップ的な」とか「大衆迎合的な」という意味ではない。難解であっても魅力的な作品はあり得るし、その逆もそうだ。そんなものは各個人のスタイルでしかない。様々な芸術のスタイルが、勃興しジャンルとして収斂されていった世界に於いて、ぼくは相対主義的な「決定版などあり得ない」という姿勢を取る。右手で自然主義的な手法を使いこなし、左手の指先にはビートの手法をツマみ、背中に背負うはシュルレアリスム、懐にはSF、我々は現在に於いてそういうことをするしかない状態にある。様々な手法が「我こそ真なり」と立ち上がったけれど、結局はみんな一つの単なる「方法」へと収斂されて行ったのだ。これは比喩に過ぎないが、結局のところ、我々は聖書とコーランを同時に聖典であると認めるより他はない。文学極道に於いても様々な人間が勝手に「決定版の詩論」のようなものを撒き散らして行ったし、これからもそうだろうが、そんなものはあり得ない。あり得るなら、黙ってその理論を用いて世界を席巻すればいいだけだ、出来るなら勝手にやれ、だが寝言は他所で言え。
 それでも尚、失われないものはなんだろうか。決定版の創作手法は存在しない、決定的な評価基準も存在しない、唯一絶対の聖典も存在しない。様々な「聖典」が「方法」へと還元されて行く世界で、文章による表現を行う者が唯一つ失えないもの、少なくとも我々が失ってはならないと信じるもの。それは「読者」だ。

 ここに定義しよう。
「文学極道に於いて「詩」と呼ばれるものは
 読者と作者の間に於いてしか、存在し得ない。」

 読者にとって良い詩を書くべきなのだ。文学極道にも時折現れる「読者など要らない」「評価など要らない」という姿勢を持った人間、文学極道という枠組みに参加しながら、読者を拒むもの。こういった人間は、文学極道の枠組みの維持のために、これからは全力を以って排除する。この場所は、「詩を読まれるものにしたい」という、読者−作者間の存在として詩を位置づけ、読者のために作品を書くことを投稿する上での条件とする。無論、内心がどうであるかなんてことは、ぼくには「知りようが無い」ことも確かであるし、別に踏み絵をしろ、とでもいうようなコラムではない、そもそもそんなことは不可能だ。しかし、文学極道はその方向性を堅持するメディアであるし、その姿勢、枠組みを破壊しようとする発言を容認しない。我々は、我々の旗を立て、我々の方位磁針で前進する。
 分かり易い言葉で言い直そう。ここは、俺達が俺たちの信ずる方向性を立て、リソースと労力を用いて作り上げ、維持するメディアだ。それが気に入らないなら、参加する必要は無い。消えうせろ。文学極道は、決定版の創作手法というものを持たない、芸術運動としてはいささか風変わりなメディアではあるが、それでも「詩を読まれるものにしたい」「読者のために」という基本方針を守り続ける、例え投稿がゼロになろうとも。
 文学極道は、基本としてあらゆる創作手法を容認する立場に立つ、それが良いか悪いかは「読者」である発起人が決定付けさせてもらう。これは申し訳ないことだが、決定版の評価手法は存在しないし、創作物を完全に測るモノサシというものもない。だからこそ、我々発起人の主観の集積を以って「文学極道の評価基準」とさせてもらう。我々は、便宜的に圧縮された読者であると考えて貰えば話は早いだろう。少なくとも、この場では信用と時間と労力を賭けて「誠実な読者」を提供する。我々は、常に作品に対して誠実たることを約束する。

「あなたの作品を全力を以って読ませてください」

 文学極道が卑しくも詩に評価を与える「メディア」を名乗るバックボーンはこの一言に収斂される。文学極道は、一隻の船だ。その船は「読者に対する詩」という大前提、そして揶揄的な意味での「現代詩」に対するアンチテーゼとして「基礎的な作文能力の重視」という二つを掲げる。基本的な文章能力、読者に「読ませる」ことを目的とした鍛錬を経てこそ、様々なアクロバット的手法は生きてくる、と信ずる。我々は誠実な読者であり、旗を振る者だ。文学極道の基準に於いて詩を評価し、それを称え、あるいは批判する。時には「文学極道としては」という前置き付きのアドバイスを与える。無論、我々のアドバイスが全局面的に正しい保障なんてどこにもない、「文学極道としては」「一発起人としては」というアドバイスでしかない、だが、我々は常に誠実な読者であり、他者だ。その文学極道ですら、評価に関しては一枚板ではない。そもそも、一枚板などということはありえない、しかし複数の評価者の主観を重ね合わせる評価基準の「あそび」とでも言うものは必要であることを否定するものは誰もいないだろう。
 我々を信じない人間は、それはそれでいい。だが、ここは我々の場だ。大の大人が時間と労力と金をつぎ込んで維持する、我々が必死で守り続けるべき船だ。外部からの批判は当然のことながら受けよう。だが、「評価はされたいが批評は耳に入れない」という姿勢は絶対に許容しない。どれほど技術的に優れていようが、読者のために書かないことを公言する人間は、排除する。我々は、我々の信とするものを守り切る必要があるからだ。そのために、発起人は管理者の強権を遠慮なく使用することを、覚えておいてもらいたい。

 文学極道というものは、単なる一つの枠組みだ。創作物という、絶対性の存在しないものを測るための、既存の活字媒体と同じく、単なる枠組みだ。もっと言えば、文学極道と名前を冠した評価ゲームだ。我々の舵取り、作り出した枠組みが劣悪なものだとすれば、それは受け入れられることなく消えていくだろう、だが我々はひとまず、この枠組みを信じている。そしてゲームのルールが気に入らない人間は、来る必要が無い。ここは、おまえの日記帳でもなんでもない。おまえの日常生活で満たされない自意識を満足させる場所じゃない。とでも言っておく。勿論、ご当人にこの手の諫言が通じないのはいつ、どこであっても同じだ。そのためにいるような者かもしれないですね、発起人は。場の管理者であり、雪かきや落ち葉掃きをするために。
 話を戻そう。我々が約束できることは一つしかない、投稿作品に対して誠実であることだ。そして、投稿者の諸氏も評価に対して誠実であることを望む、それを受け入れるか否かは別のこととして。単なるゲームであっても、そのゲームを維持し続けることは楽ではない、あなたが詩を書くことも決して楽な作業ではないように。誠意の交換こそが、場を有益な者にする。大の大人が自尊心と、常に不足する時間や労力を費やすに値するほどに。
 文学極道は、文学極道のルールの上であなたと誠意を交換することを望む。そして、常にすばらしい作品を待ち続けている。ずっとだ、あなたがそこにいる限り、ぼくがここにいる限り、そして作者となるべき、読者となるべき人々が生き続けている限り、月と地球のように隔たれた自己と他者、作者と読者、その二つがほんの僅かずつ声を届かせる場所で、押入れの中の子どものように耳を澄まして。

 さて、最後にコントラ氏のコラムに連動させて、キチガイっぽく煽っておくか。

 今一度、不自由な「文学極道」というシステムの中に身を置け!
 もし、詩的実存というものが存在するとすれば、それはモダニズム的「何でもあり」の中で、再び誠実な不自由を提供する「文学極道」へと身を投げ入れることでしかありえない!
 あらゆる芸術運動や、あらゆるキャノンがそうであるように、全ては弁証法的に乗り越えられるためにある、それは文学極道という媒体もそうであることを私は否定しない。
 我々は、打倒され、破壊され、解体されるために、打倒し、破壊し、解体しよう。我々は、打ち倒すことを望みながら、同時に打ち倒されることを望んでいる。

 自らを他者とまなざしという限界状況の中へ投げ入れろ、そこにしかない!


Page: START
文学極道

Copyright © BUNGAKU GOKUDOU. All rights reserved.