文学極道 blog

文学極道の発起人・スタッフによるブログ

1月分月間優良作品・次点佳作発表

2008-02-23 (土) 20:01 by 文学極道スタッフ

2008年1月分月間優良作品・次点佳作発表になりました。
1月分月間優良作品・次点佳作

Posted in 月間選考 | Print | No Comments » | URL

12月選考雑感(平川綾真智)

2008-01-24 (木) 19:20 by a-hirakawa

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

12月の選考はそこまでの難航がありませんでした。月間優良賞に推挙された作品は何度読み返しても素晴らしく、読み手としても書き手としても刺激を受けるものばかりでした。
さて、
2513 : フィーバーがとまらない  菊西夕座 ('07/12/22 18:24:19)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20071222_298_2513p
は、私は優良に達していると思いましたが、荒削りな部分が評価を邪魔して次点に留まりました。「脈は一分間で百はっ回もフィーバーしていた。」など12月という題材と作者の瞬発力が上手く作用している面白い作品だと思いました。 「賽銭箱が、潮吹き女のスプリンクラーといった具合で小銭の産卵をおっぱじめ、」のような奇抜な独創性も満載で勉強にもなりました。 菊西さんは初投稿の頃から作品を読む力や作品に対して面白い評を書く力は抜きんでていて、それが作品にも活かされ始めたのかな、と今後がほんの少しだけ楽しみになりました。ただ、甘い部分はとことん甘いので気を付けてほしいです。

2519 : 馬頭星雲  黒沢 ('07/12/28 14:10:00)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20071228_357_2519p
は、選考委員全員が得点を入れているのに優良に推す声がないという不思議な作品でした。熱量と雰囲気は投稿作品中一番だと個人的に思います。 とにかく大傑作になるはずの作品なのであまりにもったいないです。 黒沢さんの作品には皆が期待しているようです。

2514 : 新月の下  仲 ('07/12/24 00:09:29 *7) 
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20071224_313_2514p
は、4の自虐性が実に良かったです。長さが自虐にからんでいく軽妙さは作品として面白かったです。ただ、魅力が持続しない損もあります。連の区切りも雑に感じます。皆が、あと一つ秀でたものが欲しいと感じたようです。

2508 : 道が暗い  月見里司 ('07/12/20 00:14:33)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20071220_269_2508p
は、しみじみと良い作品で、実に印象的だったとの声がありました。ただ、悪い部分が目立ちすぎ、全体を高めていないように思えます。作品としてもっと強度を帯びることができたのではないかな、と思いました。

2492 : 小さな町  ミドリ ('07/12/08 11:51:25)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20071208_087_2492p
2484 : しみこんできたものでいっぱいよ  naka ('07/12/03 15:27:05 *9)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20071203_925_2484p
はどちらも細かい点が雑に感じます。

2489 : 黒いコート  ためいき ('07/12/06 21:13:44)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20071206_058_2489p
は、単独の作品として十分ではないという意見がありました。

惜しくも選からは漏れましたが、その他、
2509 : ファラウェイ  苺森 ('07/12/21 18:20:27) 
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20071221_280_2509p

2504 : 世界の軸  緋維 ('07/12/17 10:37:52)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20071217_239_2504p

2486 : 根の国  リーフレイン ('07/12/04 12:29:15)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20071204_007_2486p

2480 : 例えば、みんな持ってるフエルトペンが怖かったりとか  青木龍一郎 ('07/12/01 22:41:17)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20071201_885_2480p

2506 : 雪の川岸  丘 光平 ('07/12/18 19:02:37)  [Mail] [URL]
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20071218_255_2506p
などが注目されていました。

傾向みたいなものから逸脱した作品が先月よりも多かったことは嬉しく感じました。
枠に全体的にはまってしまうとどうしても停滞するしかないので、それだけは避けてほしいです。
冬休みにもかかわらず去年よりも変なポエムの投稿が少なかったのも良かったと思います。
ただ、何度も読んでみたくなるような作品や忘れられない作品、勢いや実験のみに頼っていない作品はほんの一握りだと感じました。
じっくりと落ち着いた根を生やした作品の投稿も増えて欲しいと思っています。

以上です。

Posted in 月間選考 | Print | No Comments » | URL

コントラ氏のコラム全面改訂

2008-01-22 (火) 21:54 by 文学極道スタッフ

コントラ氏のコラム「芸術+詩」が、全面改訂されましたので、ご一読ください。
これは文学極道公式のコラムですので必読です。必ず読んでください。
「芸術+詩」

Posted in コラム, お知らせ | Print | No Comments » | URL

月間優良作品発表

2007年12月分月刊優良作品・次点佳作発表になりました。
12月分月刊優良作品・次点佳作

Posted in 月間選考 | Print | No Comments » | URL

コントラ氏発起人に就任、「月刊 未詳24」との連携

2008-01-10 (木) 00:34 by ダーザイン

 現代日本最大の文人の一人コントラ氏が文学極道発起人に就任してくださることとなりました。よろしくお願いいたします。組織の強化として喜ばしいことですが、四天王(文極掲示板で時々目にする言葉だが誰のことかは定かには知らない)のうちケムリさん、コントラさん両名がスタッフサイドに回って賞取りレースから離れてしまうのは、もったいないことでもあります。両名とも現役ばりばりの、これからいくらでも大作を書くであろう人ですからね。あまり活発でない発起人バトルよりも一般投稿掲示板に発起人も詩を貼るようにするとか、何か検討しなければならないでしょう。優れた作品の集積庫、月刊雑誌としての側面からも彼らの新作が文学極道で読めないのはもったいないですしね。
 投稿者の方々には、これら巨頭の穴を埋める傑作をどしどし書いていただきたいです。自分が四天王のひとりと呼ばれるようになってもらいたい。

 昨年の文学極道を振り返ると、時代にそうそう多くの天才はいないと思っていたが、四天王の一角に食い込めるような新人もまだ現れました。また常連さんの中にも驚くべき上達を見せている人も多数います。これは実に喜ばしいことです。ただ、ダーザインというより武田聡人としては、前衛詩だのシュールレアリスムの牙城みたいにこのところの文学極道がなっているのは正直つまらないです。なんで抒情詩・情景詩書ける人が来ませんかね。盤面が言語遊戯で満ちていると、読む前に見ただけで疲れ果てます。凪葉さんとか如月さんとかの詩を読むと癒されます。
 無理してあざとく商売向きのものを書けとは言いませんが、「人様に捧げる言葉の花束」という思いを頭の隅に置いて頂きたいです。

 それから携帯の詩のメディア「月刊 未詳24」と相互リンクしました。ご存知と思いますが、未詳24はハイレベルなサイトです。既に投稿者重複していますが、なにか連携できないか、これから話し合われることになるかと思います。只野さん、ピクルスさんに感謝を。

Posted in コラム, お知らせ | Print | No Comments » | URL

« 前のページ  最初  次のページ »

Amazon トラベルストア