文学極道 blog

文学極道の発起人・スタッフによるブログ

コラム更新

2007-11-03 (土) 19:19 by Bungoku.JP

1日の夜にコラムを更新しました。

あわせて、コラムのページを単純なHTMLファイルからCGIプログラムに変更しました。
内部的に1ページあたりの表示件数を変えたり、1件の記事や1人の執筆者の記事だけを抜き出して表示したりすることが可能になり、携帯端末向けには自動的に1ページ1件で表示するようにしました。

上のように1件の記事にリンクしたい場合、各記事の下部に見える 「permalink」 という文字がアンカーになっていますので、そこからリンク先のURLをコピーしてください。

最初の画面に戻りたいときは、ページ切替バーが表示されていればその中の 「START」 か、見出しの 「コラム」 から戻れます。

# 2007年11月05日 追記
携帯端末では最初に記事のリストが表示されるように変更しました。
読みたい記事から1件ずつ読むことができます。

Posted in 管理, コラム | Print | No Comments » | URL

雑感・9月(前田ふむふむ)

04:13 by humuhumu

詩を書いたものにとって、読者から、顕在的に、あるいは潜在的に、
賞賛の言葉を受けたいと、一度は願うものであろう。
書かれた詩が、一読されただけで、文字の墓場に埋もれてしまい、
二度と、省みられることがない。
如何に、その詩の構成、技術、表現が、優れていようとも、
そのようであっては、書かれた詩も、単なる観賞物にもなりえない。
実際、現代詩と呼ばれるものの中には、そのようなものが、
うず高く積まれているのである。
優れた詩であるならば、読者の、やむにやまれぬ感情がわきあがり、
ふたたび、同じ詩を読ませる力が、なければならないだろう。
文学極道は、そういう詩を求めているのである。
他者が、全く見えない現代詩ではなく、同時に、安易なポエムでもない、
こころの琴線に、深く触れる、
広義の現代詩、(読まれるべくしてある、現代を先駆ける詩)が、
投稿されることを願っているのである。

今月9月は、選考者全員が、月間優秀作品候補に推したのは、
宮下倉庫氏の「seashore」,1作品だけであった。

来月の投稿される皆様方の、健闘を祈ります。

Posted in 月間選考 | Print | No Comments » | URL

詩学社出版書籍を購入せよ(断固たる命令だ)

2007-10-26 (金) 20:20 by ダーザイン

詩学社がカノープスさんが以下でおっしゃっている状況にあるのは周知のことと思う。
詩という芸術の振興を図り、活動してきたものが、借金火達磨で討ち死にするのは労しいし、
そういう浪花節的な感慨だけじゃなくて、詩学の膨大なバックナンバーや詩集には読み応えがあるものが多く、キチガイを売り物にするようなところとは違い、上質の雑誌であったので、非常に残念である。
そんなわけで、皆に詩学のバックナンバーや詩集の購入を命ずる。これは断固とした命令だ。詩学の一冊も買わない者は文学極道に出入りできないものと思え。俺は以前「詩を読んで詩を書いている馬鹿」を罵倒する趣旨のエッセー「アフロ者に告ぐ」を書いたが、あれは膨大な書籍を読んできた上で言っている言葉なのだ。貴殿らの中には本を読まなさ過ぎの者が多いのじゃないのか? 言葉のデッサン力は、やはり一等に読書で身に付きます。良質な本をたくさん読むこと。そのうち、発起人各位お勧めの本の企画でもやろうと思いますが、まずは、詩学社刊行の雑誌バックナンバー、詩集を購入してくれ。

私の詩集「えいえんなんてなかった」の在庫もあるが、俺が儲けようって話ではまったくない。俺は過去に一円も印税貰っていないし、これからも一円も貰わない。全て、寺西さんたちが抱える債務の返済に充てられる。

詩学社ホームページ
http://www7.ocn.ne.jp/~shigaku/
ここに在庫リストがある。メールで直販希望してください。

以下、カノープスさん談

今日、寺西さんに会ってきました。
もうこの際だから、ぼくの知ってることを話しますと、実は去年末から、ぼくは
陰ながら資金援助を行ってきたんですわ。といっても、無利子でお金を貸す程度
でしたが。

んで、現在の詩学社の状況ですが…ぼくの予想をはるかに越えた、絶望的な状況
でした。
ほとんど破産に近い、とのことで、案の定ぼく以外からも借金があって(大部分
は銀行らしいですが)、債務整理に東奔西走してるとこです。
現在の事務所(兼住居)の家賃も払えないそうで、今月末か遅くとも来月には引
き払って、寺西さんは鳥取の実家に帰るそうです。
再起どころか、借金だけを残して、完全消滅するしかない、というのが、今の詩
学社です…。

んで、今、事務所には、多量の詩集と、『詩学』のバックナンバーが在庫として
置いてあります(ダーザインさんの詩集もありましたよ)。今は「千円でもほし
い状態」だそうで、ぼくは昭和30〜45年までの『詩学』を中心に、100冊以上買
い取りしました。
詩学社を救う奇跡が起こりうるとしたら、詩集と『詩学』バックナンバー在庫の
買い取り、でしょうね。
shigaku1@hyper.ocn.ne.jp
にメール注文すれば、受け付けられるそうです。
どうかみなさん、よろしくお願いします。

註:「借金を返してもらいたいための宣伝」ではありません。ぼくの分の借金
は、現在、返済凍結としています。したがって、詩集の売り上げは、ぼくの懐に
は一切入ってきません。

... [文学極道] フォーラム - Canopus 「詩学社、倒産。」
(2007.10.14 Sun 21:48)
より引用

Posted in イベント, 本・出版, お知らせ | Print | No Comments » | URL

9月選考雑感(平川綾真智)

13:28 by a-hirakawa

今月も多く勉強させていただきました。
ありがとうございます。

選外の作品では、
2340 : 大人気!があすけさん絵かきうた  Canopus(角田寿星) ('07/09/21 23:27:37)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20070921_777_2340p

2323 : 空気  レルン ('07/09/12 03:54:22)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20070912_640_2323p

2343 : ママと携帯  はるらん ('07/09/24 04:59:49)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20070924_819_2343p

2337 : 輪廻  迂季 ('07/09/20 18:29:09)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20070920_763_2337p

2303 : 蝉  藍沢颯太 ('07/09/01 05:07:23)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20070901_453_2303p

2308 : 月夜  榊 一威 ('07/09/03 18:42:52)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20070903_488_2308p

2333 : 悲しみの夜の音楽  葛西佑也 ('07/09/17 03:24:37)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20070917_706_2333p

などに注目しました。
2340 : 大人気!があすけさん絵かきうた  Canopus(角田寿星) ('07/09/21 23:27:37)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20070921_777_2340p
や、
2343 : ママと携帯  はるらん ('07/09/24 04:59:49)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20070924_819_2343p
は、本当に惜しいと感じました。どちらも優良にいく可能性がある作品だと思いますので、是非推敲されて欲しいと思います。

優良作品では、
2351 : Seashore  宮下倉庫 ('07/09/28 15:18:30)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20070928_890_2351p
が飛び抜けた点数を叩き出していました。スタイリッシュな文体を使いこなした見事な作品だと思います。

2306 : 八月  軽谷佑子 ('07/09/01 23:49:35)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20070901_465_2306p
は、読めば読むほどに味わいが増してきます。作風が実に印象的です。
細く香ることも、太く消えることもない、中途半端な読後感に少しの不満、との意見もありました。

2325 : 鎌倉  ピクルス ('07/09/14 01:07:41)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20070914_657_2325p
は繊細に紡がれた行間がゆっくりと香っています。
文語的な書き方の部分は良くない、そこだけ肌触りが良くない、という意見もありました。

2352 : 雪道の四景  田崎 ('07/09/28 22:17:17)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20070928_895_2352p
は美しいという意見が多数ありました。
田崎さんの詩は、動揺が激しすぎるとの意見もありました。

2332 : アゲハのジャム  浅井康浩 ('07/09/17 00:45:16)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20070917_701_2332p
2330 : ペガサス  みつとみ ('07/09/17 00:03:25)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20070917_697_2330p
はどちらも安定した作品です。
もっと冒険してみても良いのでは、といった意見もありました。

2353 : (だけどおそらくは君の眼差しを経由している……) 
ロータス ('07/09/29 00:18:20)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20070929_903_2353p
2315 : 断想 十二  soft_machine ('07/09/07 14:07:59 *2)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20070907_558_2315p
どちらも集中力を途切れさせずに、現代詩として高いレベルに達していると思います。
ただ、破綻はしていないものの一作品として荒い部分がそれぞれ目につきます。
これからに期待との意見が多くありました。

2322 : 舞妓の葬式  いかいか ('07/09/11 22:14:27)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20070911_633_2322p
は意見が割れました。優良にとの意見もありました。
上手いという意見と、俗っぽいありふれた思想が大きく邪魔をしているという意見がありました。

2335 :      午睡機械 ('07/09/18 20:06:27)
URI: http://bungoku.jp/ebbs/20070918_743_2335p
は、器用な作品との意見がありました。なにか足りない、本気を出して書いていないことが作品からありありと伝わってくるのではないか、など多くの意見が挙げられた作品でした。

以上です。

Posted in 月間選考 | Print | No Comments » | URL

2007年9月、月間優良作品発表

2007-10-23 (火) 15:42 by 文学極道スタッフ

2007年9月分の月間優良作品・次点佳作が決定しましたので発表します。
http://bungoku.jp/monthly/200709.html

掲載されている作品について、修正依頼・気になることなどありましたら管理者までお知らせください。

Posted in 月間選考 | Print | No Comments » | URL

« 前のページ  最初  次のページ »

Amazon トラベルストア